一色義清 (越前守)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
一色義清
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正10年(1582年
改名 吉原義清→一色義清
官位 越前
氏族 吉原氏→丹後一色氏
父母 父:一色義幸
兄弟 義道(義辰)、昭辰、義清

一色 義清(いっしきよしきよ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将丹後一色氏最後の当主。

丹後国の吉原城を領し、当初は姓を吉原と称していたが、天正10年(1582年)に甥で一色氏の当主であった一色義定細川藤孝に謀殺されたため、弓木城において一色氏の家督を継ぎ再興した。

しかし、細川方の追討軍により一色軍は壊滅し、義清は細川軍の本陣に斬り込みをかけて、下宮津の海辺で壮烈な最期を遂げたという。

義清の死により、室町幕府における四職の一角である丹後守護家一色氏は滅亡した。

丹後守護家は滅亡したが、別系に古河公方に仕えた幸手城主幸手一色氏がある。この系統は幕臣水戸藩士として存続した。