一色義秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
一色義秀
時代 室町時代 - 戦国時代
生誕 不明
死没 明応7年5月29日1498年6月18日
改名 周儀侍者→義秀
別名 通称:一色五郎
戒名 西禅寺殿
幕府 室町幕府丹後守護伊勢半国守護
主君 足利義尚
氏族 丹後一色氏
父母 父:一色義直
兄弟 義春義秀

一色 義秀(いっしき よしひで)は、室町時代後期から戦国時代前期にかけての守護大名

生涯[編集]

一色義直の次男として誕生。初め僧籍にあったらしく「周儀侍者」と呼ばれていたが(大徳寺の『蔭凉軒日録』)、文明16年(1484年)の兄・義春の急死により急遽一色氏の家督を継ぐ。若年であったせいか、この時は丹後国守護には父義直が就いている。

文明18年(1486年)8月、父は禁裏の意向により知行地の若狭国小浜を取り上げられ、同地は同国守護武田国信に与えられた。激怒した父は直ちに丹後へ下向、翌長享元年(1487年)の9代将軍足利義尚六角高頼討伐にも参陣しなかった。この時代理として9月25日に上洛・参陣したのが義秀で、上洛を機に「義秀」と名乗ったらしい。同年、丹後守護となる。また、時期は不明だが伊勢半国守護にも補任されている。

明応2年(1493年)、丹後で伊賀次郎左衛門が叛乱を起こし、上洛していた父も急を聞いて丹後に下向、親子で鎮圧に当たったらしい。その後も丹後では国衆の叛乱が相次ぎ、遂に明応7年(1498年)5月29日、義秀は丹後国普甲山で国衆に攻められ自害して果てた。後を継いだ義有は、叔父義遠の子で従兄弟にあたる。

参考文献[編集]

  • 今谷明・藤枝文忠編『室町幕府守護職家事典〔上〕』P162 - P163、新人物往来社、1988年。
  • 宮津市編『宮津市史 通史編 上巻』P676 - P681、宮津市、2002年。