一色藤長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
一色藤長
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 慶長元年4月9日1596年5月6日)?
改名 藤長→一遊斎(号)
別名 通称:七郎
戒名 岫雲院
官位 従五位下式部少輔
幕府 室町幕府御供衆
主君 足利義輝 (義藤)
氏族 式部一色氏
父母 父:一色晴具
兄弟 藤長、秀勝、足利義晴側室
範勝

一色 藤長(いっしき ふじなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武士室町幕府御供衆

経歴[編集]

室町幕府守護大名一色氏の一族式部一色氏の出身で、宗家の一色義貫の代に家督争いをした一色持範の子孫にあたる。

当初は一色宗家の領国・丹後国で郡代を務めていたとされる。

天文6年(1537年)に父祖同様に式部少輔に任官され、同13年(1544年)に13代将軍足利義藤(後の義輝)より所領を拝領する(後に加増される)。天文18年(1549年)に父が亡くなると奉公衆となっていた一色式部家の当主となり、細川輝経らと共に義輝に近仕した。

天文21年(1552年)に従五位下となり、足利義藤より偏諱を受け藤長と称す。一色氏は御部屋衆の家柄であったが、藤長の時代に格上の御供衆となり、伊勢貞孝が討たれた後にはその所領の一部を与えられている[1]

永禄8年(1565年)の永禄の変で義輝が殺害されると、三好三人衆らに興福寺に幽閉された一乗院覚慶細川藤孝三淵藤英和田惟政、仁木義政、米田求政らと共に脱出させて救出した。義昭の将軍就任後も御供衆にあり諸大名との取次役も務めたが、細川藤孝らと比べて必ずしも重要な地位にいた訳ではなかった。

藤長の存在感が高まったのは、元亀4年(1573年)に義昭が織田信長と対立した頃からとみられている[2]。同年に足利義昭が織田信長によって京を追放されると、義昭に従って紀伊国に下る。その後、義昭が備後国へ移った際は、畿内との連絡役のために義昭から紀伊田辺城(泊城)に留まることを命じられたが、これに従わずに鞆の義昭を追いかけたために不興を買い、家臣の地位を失う[3]。藤長は毛利氏に懇願して復帰を願うものの、天正4年(1576年)までに許されることなく、義昭の下を去らざるを得なくなった[4]。その後、細川藤孝を頼っている。以後の動静の記録は、細川家で催された会に出席したことに関する記述が大半で、合戦の参加記録などはない。後になって義昭の下へ挨拶へ向かっている。

異説[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 木下 2017, p. 225.
  2. ^ 木下 2017, pp. 230-231.
  3. ^ 木下 2017, pp. 238-239.
  4. ^ 木下 2017, pp. 239-240.

参考文献[編集]

  • 『寛永諸家系図伝 第二』 昭和55年6月 続群書類従完成会
  • 『断家譜 第一』昭和43年6月 続群書類従完成会
  • 奥野高広 『足利義昭』 吉川弘文館〈人物叢書〉、1989年。ISBN 4642051821。
  • 木下昌規、「足利義輝・義昭期における将軍御供衆一色藤長」、戦国史研究会編 『戦国期政治史論集【西国編】』 岩田書院、2017年