一酔斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一酔斎(いっすいさい、生没年不詳)とは江戸時代京都浮世絵師

来歴[編集]

京都の人。一酔斎と号して文政5年(1822年)に合羽摺の作品を描いている。作品に細判の合羽摺5枚続「男作五雁金」がある。これは同年2月の中座の芝居『男作五雁金』に取材したものである。

作品[編集]

  • 「男作五雁金」 文政5年2月 中座芝居『男作五雁金』より
  • 「小春屋弥七 市川団蔵」 横判 合羽摺

参考文献[編集]