一龍齋貞鳳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一龍齋 貞鳳
いちりゅうさい ていほう
今泉 正二
いまいずみ しょうじ
生年月日 (1926-09-01) 1926年9月1日
出生地 東京都
没年月日 (2016-12-27) 2016年12月27日(90歳没)
死没地 東京都
出身校 旧制法政大学第二中学校
所属政党 自由民主党田中派

選挙区 全国区
当選回数 1回
在任期間 1971年7月4日 - 1977年7月3日
テンプレートを表示

一龍齋 貞鳳(いちりゅうさい ていほう、1926年9月1日 - 2016年12月27日)は、日本講談師政治家。本名、今泉 正二(いまいずみ しょうじ)。

参議院議員(1期)、環境政務次官三木改造内閣福田赳夫内閣)などを歴任した。

経歴[編集]

福島県出身。旧制法政大学第二中学校卒業。1938年5代目一龍齋貞丈に入門するが、戦争のため一時中断。1946年に貞鳳を名乗る。1954年真打昇進。

3代目江戸家猫八、三遊亭小金馬(現:4代目三遊亭金馬)とともに、NHKのバラエティコメディ番組『お笑い三人組』で人気を得る。今泉良夫の名で司会活動もしていた。1965年芸術祭賞奨励賞受賞。

1971年第9回参議院議員通常選挙自由民主党公認候補として全国区より立候補し、当選する。当選後は田中派の旗揚げに参加し、三木改造内閣福田赳夫内閣前期で環境政務次官を歴任、国立演芸場設立に尽力。一期を務めた。

政界引退後は、政治評論家として全国を講演活動。また、句会を主宰していた。

2016年12月27日、脳梗塞のため、東京都内で死去。90歳没。三回忌を終えたことを機に2019年1月、遺族が死去を明らかにした[1][2]

人物[編集]

  • 落語家3代目三遊亭圓歌新大久保駅の駅員だった頃、とあることが原因で先輩に引っぱたかれたが、その先輩の息子が貞鳳だった。後に圓歌は『中沢家の人々』のマクラでその逸話を紹介するとともに、「不思議な縁だ」と述懐している。
  • 著書に『講談師ただいま24人』『話の幕間』などがある。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • 負ケラレセン勝マデハ(1958年、豊田四郎監督)
  • 水戸黄門漫遊記(1969年、千葉泰樹監督) - ナレーター

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「お笑い三人組」一龍斎貞鳳さん死去…16年末 - 読売新聞(YOMIURI ONLINE)2019年1月10日
  2. ^ 一龍斎貞鳳さんが死去…テレビ草創期のバラエティー番組「お笑い三人組」で人気 - SANSPO.COM 2019年1月10日