丁起栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
丁起栄
基本情報
本名 丁起栄
階級 フェザー級
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
誕生日 (1959-11-23) 1959年11月23日(57歳)
出身地 慶尚北道
プロボクシング戦績
総試合数 38
勝ち 31
KO勝ち 10
敗け 5
引き分け 2
無効試合 0
テンプレートを表示

丁 起栄(チョン・ギヨン、朝鮮語: 정기영英語: Chung Ki-young1959年11月23日 - )は、大韓民国(以下、単に韓国)の元男子プロボクサー慶尚北道出身。

人物[編集]

現役時代は韓国スーパーバンタム級王座、韓国フェザー級王座を獲得後、第19代東洋太平洋ボクシング連盟 (OPBF)認定のOPBF東洋太平洋フェザー級王座を獲得、これを3度防衛ののち返上、その後世界タイトル挑戦を行い、国際ボクシング連盟 (IBF)のIBF世界フェザー級王座を獲得、2度防衛ののち3度目の防衛に失敗、この試合を最後に引退した。

来歴[編集]

1979年6月3日、丁はプロデビューを果たし4回判定勝ちを収めた。

1980年2月24日、金正哦と対戦。3ヶ月前の対戦では丁が勝利していたが、初黒星となる6回判定負けを喫した。

1980年6月14日、愛知県名古屋市愛知県体育館で小林直樹と対戦し、6回判定負けを喫した。丁はキャリアで唯一海外試合を行ったのはこの試合だけだった。

1981年6月23日、小林直樹と1年ぶりに対戦し8回KO勝ちを収めた。

1981年8月16日、韓国スーパーバンタム級王座決定戦として、後のIBF世界スーパーバンタム級王者徐聖仁と対戦し、10回判定負けを喫した。

1982年5月7日、安相栗と韓国スーパーバンタム級王座決定戦を行い、10回判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

1982年7月18日、陳駿榮と対戦し、10回判定負けを喫し初防衛に失敗し、王座から陥落した。

1983年8月13日、彩雲澤と韓国フェザー級王座決定戦を行い、10回判定勝ちを収め韓国2階級制覇を達成した。

1983年11月19日、金智英と対戦し、5回負傷判定勝ちを収め初防衛に成功した。

1984年2月25日、炕襪娃と対戦し、4回KO勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

1984年6月6日、韓国の蔚山OPBF東洋太平洋フェザー級王座決定戦をスル・インティングと行い、7回KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

1984年8月15日、ロナルド・スマリスと対戦し、12回判定勝ちを収め初防衛に成功した。

1985年1月6日、ルル・ヴィラベルデと対戦し、5回KO勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

1985年5月28日、アルベルト・ルラニタと対戦し、10回1分24秒TKO勝ちを収め3度目の防衛に成功した。

1985年11月29日、IBF世界フェザー級王者呉民根と対戦し、最終15回2分15秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。なお試合は最終回まで僅かな点差で競っていた(136-134、134-131、134-132)。

1986年2月16日、WBCアメリカ大陸スーパーフェザー級王者タイロン・ジャクソンと対戦し、6回TKO勝ちを収め初防衛に成功した。

1986年5月18日、リチャード・サベージと対戦し、15回3-0(144-142、148-142、147-138)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

1986年8月30日、アントニオ・リベラと対戦し、キャリア初のKO負けとなる10回1分36秒TKO負けを喫し、3度目の防衛に失敗し王座から陥落した。この試合を最後に現役を引退した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

IBF世界フェザー級王者
表示
在位期間
呉民根 1985年11月29日 - 1986年8月30日 アントニオ・リベラ