七つの会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
七つの会議
著者 池井戸潤
発行日 2012年11月5日
発行元 日本経済新聞出版社
ジャンル 経済小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判 並製
ページ数 408
公式サイト www.nikkeibook.com
bunko.shueisha.co.jp
コード ISBN 978-4-53-217116-2
ISBN 978-4-08-745412-3(文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

七つの会議』(ななつのかいぎ)は、池井戸潤による日本小説

中堅電機メーカーで起こった不祥事に巻き込まれていく社員たちを描く群像劇2011年5月から2012年5月まで『日本経済新聞電子版』に連載され、単行本化の際に1話を加筆し、8話構成の連作短編集として、2012年11月5日日本経済新聞出版社より刊行された[1]

2013年東山紀之主演でテレビドラマ[2]2019年野村萬斎主演で映画化された[3]

あらすじ[編集]

一部上場の大手電機メーカー・ソニックの子会社である中堅電機メーカー・東京建電。会議の中で役職や職種の違う平凡な社員たちの不作為が作り上げていく不祥事。社員たちは立場の違いから異なる方法でそれに対峙し、不祥事の全容が明らかになっていく。

登場人物[編集]

東京建電[編集]

営業課[編集]

八角民夫(やすみ たみお)
営業第一課の万年係長。50歳。通称「居眠り八角(はっかく)」と呼ばれるぐうたら社員。入社当時は敏腕営業マンだったが、ある出来事がきっかけで現在のようなぐうたら社員となった。
北川誠(きたがわ まこと)
営業部長。50歳。結果第一主義で、社内の絶対権力者。八角とは同期。
坂戸宣彦(さかど のぶひこ)
営業第一課課長。38歳。トップセールスマンで、北川から全幅の信頼を寄せられている。
原島万二(はらしま ばんじ)
営業第二課課長。45歳。名前通りの万年二番手。
浜本優衣(はまもと ゆい)
営業第四課。27歳。寿退社を控えている。社内環境の改善のため、ドーナツの無人販売を企画した。
佐伯浩光(さえき ひろみつ)
営業第二課課長代理。38歳。坂戸とは同期。

経理課[編集]

飯山孝実(いいやま たかみ)
経理部長。北川に並ぶ実力者。営業部を目の敵にしている。
加茂田久司(かもだ ひさし)
経理課長。飯山の腹心。
新田雄介(にった ゆうすけ)
経理課課長代理。34歳。営業部の粗を探すことに執着している。

役員[編集]

宮野和広(みやの かずひろ)
社長。製造部からの叩き上げ。梨田には頭が上がらない。
村西京助(むらにし きょうすけ)
副社長。ソニックから出向した外様の役員。梨田とは同期で出世争いをしていた。
稲葉要(いなば よう)
製造部長。
河上省造(かわかみ しょうぞう)
人事部長。

その他主な社員[編集]

佐野健一郎(さの けんいちろう)
カスタマー室長。元は営業部次長だったが北川に蹴落とされ、彼を恨んでいる。
伊形雅也(いがた まさや)
人事部課長代理。
奈倉(なぐら)
商品企画部員。
前川(まえかわ)
高崎工場副工場長。

ねじ六[編集]

老舗ネジ製造工場。

三沢逸郎(みさわ いつろう)
4代目社長。経営難に陥っている。
三沢奈々子(みさわ ななこ)
会社を陰で支える社長の妹。シングルマザー。

トーメイテック[編集]

東京建電の下請け会社。営業一課が扱うねじの部品を一手に製造している。

江木恒雄(えぎ つねひこ)
社長。

ソニック[編集]

東京建電の親会社である日本を代表する総合電機メーカー。ドラマ版ではフロンティア、映画版ではゼノックスと社名が変更されている。

徳山郁夫(とくやま いくお)
社長。社内の絶対権力者で、徳山が出席する定例会議は御前会議と呼ばれている。
梨田元就(なしだ もとなり)
常務取締役。強権的な態度で出世した。元は東京建電の営業部で八角と北川の上司だった。
田部(たべ)
副社長。徳山の腹心。
木内信昭(きうち のぶあき)
総務部長。

その他[編集]

八角淑子(やすみ としこ)
八角の元妻で良き理解者。
三雲英太(みくも えいた)
移動ベーカリーの経営者。
加瀬孝毅(かせ こうき)
社外調査委員会の一員。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

七つの会議
ジャンル テレビドラマ
原作 池井戸潤
脚本 宮村優子
演出 堀切園健太郎
出演者 東山紀之
吉田鋼太郎
戸田菜穂
田口淳之介
眞島秀和
山崎樹範
堀部圭亮
野間口徹
竜雷太
村川絵梨
矢島健一
温水洋一
甲本雅裕
遊井亮子
豊原功補
石橋凌
長塚京三
製作
製作総指揮 谷口卓敬
制作 NHK
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2013年7月13日 - 8月3日
放送時間 土曜21:00 - 21:58
放送枠 土曜ドラマ (NHK)
放送分 58分
回数 4
公式サイト
テンプレートを表示

NHK総合の「土曜ドラマ」枠で2013年7月13日から8月3日まで放送された。全4回。主演は東山紀之[2]

原作の第1話「居眠り八角」の主人公の、パワハラの不祥事で更迭されたエリート営業課長の後任に任命された原島万二を主人公に、会社組織の闇を描く。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル
第1回 7月13日 だれかが消えていく
第2回 7月20日 二度と戻れない
第3回 7月27日 すべてが壊れていく
最終回 8月03日 だれかが生き残る
  • 総合テレビ:21時 - 21時58分
    • 第2回は参院選関連番組のため30分繰り下げ、21時30分 - 22時28分
    • 第4回は野球中継のため30分繰り下げ予定のうえ延長で55分繰り下げ、21時55分 - 22時53分
  • 再放送(総合テレビ):7月15日 - 8月5日 毎週月曜日0時10分 - 1時8分[4]
    • 第1回は30分繰り下げ、0時40分 - 1時38分
    • 第2回は、7月27日 土曜日1時40分 - 2時38分
NHK 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
島の先生
(2013年5月25日 - 6月29日)
七つの会議
(2013年7月13日 - 8月3日)
夫婦善哉
(2013年8月24日 - 9月14日)

映画[編集]

七つの会議
監督 福澤克雄
脚本 丑尾健太郎
李正美
原作 池井戸潤『七つの会議』
出演者 野村萬斎
香川照之
及川光博
片岡愛之助
音尾琢真
藤森慎吾
朝倉あき
岡田浩暉
木下ほうか
土屋太鳳
小泉孝太郎
溝端淳平
春風亭昇太
立川談春
勝村政信
世良公則
鹿賀丈史
橋爪功
北大路欣也
音楽 服部隆之
主題歌 ボブ・ディラン
「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」
制作会社 マックロータス
製作会社 「七つの会議」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2019年2月1日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 21.6億円
テンプレートを表示

2019年2月1日公開[3]。主演は野村萬斎[3]

キャスト (映画)[編集]

スタッフ (映画)[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]