七つ釜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
展望所から望む七つ釜
観光船から望む七つ釜

七つ釜(ななつがま)とは、佐賀県唐津市の海岸に複数並んで存在する、海食洞である。

概要[編集]

七つ釜は、佐賀県唐津市湊町北西部に位置し、上場台地玄界灘に落ち込む場所である。玄武岩柱状節理が発達していることで知られる。

屋形石の七ツ釜」(やかたいしのななつがま)として、1925年に国の天然記念物に指定された。

7つの海食洞があるということから、「七ツ釜」と名付けられたが、実際には7つ以上の洞がある。呼子からは観光船が出ているが、入口から数mまでは、観光船が中に入れる程の大きさのものもある。

七つ釜の上部は天然の芝でおおわれ、休日を過ごすのには丁度よい散策地である。近くには波戸岬、立神岩がある。天気のよい日には遠く壱岐対馬も遠望することができる。

フリーダイバーのジャック・マイヨールゆかりの地でもある。

参考文献[編集]

  • 『ふるさとの文化遺産 郷土資料事典 41 佐賀県』 人文社 1998年4月1日発行

関連項目[編集]

座標: 北緯33度32分56.4秒 東経129度55分56.8秒 / 北緯33.549000度 東経129.932444度 / 33.549000; 129.932444