七ツ釜滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
七ツ釜滝
七ツ釜滝.jpg
七ツ釜滝の上部
位置 北緯34度12分33秒
東経136度9分9.9秒
所在地 三重県多気郡大台町
落差 120m
滝幅 15m
水系 宮川水系宮川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

七ツ釜滝(ななつがまだき)は、日本三大峡谷として知られる、大杉谷(三重県多気郡大台町)にある。その名の示す通り多くの釜を有する段瀑であり、落差は120m以上。「日本の滝百選」に選ばれている名瀑である。

概要[編集]

2004年の豪雨により光滝⇔七ツ釜滝間で大規模な岩雪崩が発生するなど甚大な被害が生じ、以来滝へ至る登山道は通行止めとなっている。

関連項目[編集]