七尾仏壇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

七尾仏壇(ななおぶつだん)は、石川県七尾市で生産される仏壇

目次

概要

手作りによる作業が中心で、堅牢で漆塗りや金箔加工を使用した装飾が特徴。

歴史

室町時代能登国守護畠山満慶が蒔絵・彫刻等の工芸産業を保護・奨励し七尾仏壇の基礎を築く。

江戸時代初期、「塗師町通り」「木町」「大工町」などの職人街がすでに形成されていた。

明治時代初期、現在の七尾仏壇協同組合の前身である「七尾町塗師業仲間」の存在が確認されている。

関係年表