七尾大田火力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Crystal energy.svg 七尾大田火力発電所
ななおおおたかりょくはつでんしょ
七尾大田火力発電所
種類 火力発電所
電気事業者 北陸電力
所在地 日本の旗 日本
石川県七尾市大田町114部2の4番地
北緯37度03分57秒 東経137度00分22秒 / 北緯37.06583度 東経137.00611度 / 37.06583; 137.00611座標: 北緯37度03分57秒 東経137度00分22秒 / 北緯37.06583度 東経137.00611度 / 37.06583; 137.00611
1号機
発電方式 汽力発電
出力 50万 kW
燃料 石炭
約 112万 t / 年
冷却水 海水
約 22.5 m³ / 秒
排水方式 表層放水
熱効率 43%(LHV)
着工日 1991年5月29日
営業運転開始日 1995年3月17日
2号機
発電方式 汽力発電
出力 70万 kW
燃料 石炭
約 155万 t / 年
冷却水 海水
約 31.5 m³ / 秒
排水方式 表層放水
熱効率 44%(LHV)
着工日 1995年3月1日
営業運転開始日 1998年7月1日
テンプレートを表示

七尾大田火力発電所(ななおおおたかりょくはつでんしょ)は、石川県七尾市にある北陸電力石炭火力発電所

概要[編集]

1970年、北陸電力は石川県河北郡内灘町において火力発電所の立地計画を発表するが反対により断念、1973年には七尾市の通称「トクサ地区」での立地計画を立てるものの地元の反対により再度断念、同市大田町に変更した。

建設工事には1991年に着工、1995年3月に1号機が運転を開始、2号機までが建設された。

1号機は、発電効率向上のため、主蒸気温度566℃、再熱蒸気温度593℃、主蒸気圧力24.1MPaとした北陸電力初の超々臨界圧ボイラーおよび蒸気タービンを採用した。更に2号機では主蒸気温度、再熱蒸気温度共に593℃まで高め、更なる効率向上を図った。

燃料は石油から液化石油ガス、最終的に石炭に変更した。2010年9月1日からは2号機にて木質バイオマス混焼発電を開始した[1]

発電設備[編集]

  • 総出力:120万kW[2]
1号機
定格出力:50万kW
使用燃料:石炭
蒸気条件:超々臨界圧Ultra Super Critical)
熱効率:43%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1995年3月17日
2号機
定格出力:70万kW
使用燃料:石炭、木質バイオマス
蒸気条件:超々臨界圧(USC)
熱効率:44%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1998年7月1日

近隣の施設[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]