七戸町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しちのへまち
七戸町
七戸神明宮.JPG
七戸城の本丸跡に建つ七戸神明宮
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 青森県
上北郡
市町村コード 02402-3
法人番号 6000020024023 ウィキデータを編集
面積 337.23km2
総人口 14,592[編集]
推計人口、2019年10月1日)
人口密度 43.3人/km2
隣接自治体 青森市十和田市
上北郡東北町東津軽郡平内町
町の木 いちょう
町の花 つつじ
町の鳥 キジ
七戸町役場
町長
[編集]
小又勉
所在地 039-2792
青森県上北郡七戸町字森ノ上131-4
北緯40度44分40.9秒東経141度9分28.6秒
七戸町役場本庁舎(2009年(平成21年)8月撮影)
外部リンク 七戸町公式サイト

七戸町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
七戸庁舎(2008年5月撮影)

七戸町(しちのへまち)は、八甲田山の東側に位置する青森県上北郡である。

地理[編集]

八甲田山の東側に位置する。東に上北郡東北町、南に十和田市、西に青森市と接する。

歴史[編集]

行政区域の変遷[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、上北郡に現在の町域にあたる以下の2村が発足。
    • 七戸村(単独村制)
    • 天間林村 (天間館村、榎林村、附田村、二ツ森村、野崎村、中岫村、花松村が合併)
  • 1902年(明治35年)9月1日 - 七戸村が町制施行。七戸町(旧)となる。
  • 2005年(平成17年)3月31日 - 七戸町と天間林村が新設合併し、七戸町(新)が成立。天間林村役場を本庁舎に、七戸町役場を七戸庁舎に。

行政[編集]

  • 町長:小又勉(2009年(平成21年) - )任期:2017年(平成29年)4月23日
    • 略歴(前副町長)
歴代町長
氏名 就任年月日
1 福士孝衛 2005年(平成17年)4月24日
2 小又勉 2009年(平成21年)4月24日
  • 町議会:議員定数16名(在任特例法適用期間は36名であった)(日本共産党1名、無所属15名)任期:2019年(平成31年)4月25日

産業[編集]

他に酪農競走馬生産が盛んである。道の駅しちのへには町内産で東京優駿(日本ダービー)を優勝したヒカルメイジコマツヒカリの像が建てられている。

郵便[編集]

地域[編集]

人口[編集]

平成27年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、6.27%減の15,709人であり、増減率は県下40市町村中19位。

Demography02402.svg
七戸町と全国の年齢別人口分布(2005年) 七戸町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 七戸町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

七戸町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


所轄警察署[編集]

所轄消防署[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

※以下は廃校。

中学校[編集]

小学校[編集]

特別支援学校[編集]

  • 青森県立七戸養護学校

専修学校[編集]

金融機関[編集]

その他主要機関[編集]

交通[編集]

七戸十和田駅

鉄道[編集]

青い森鉄道線が、上北町駅 - 乙供駅間で町域を通過しているが駅はない。

かつては南部縦貫鉄道線七戸 - 野辺地間)が町内を通っていたが、1997年(平成9年)の休止を経て2002年(平成14年)に廃止された。

バス[編集]

路線バス[編集]

高速バス[編集]

道路[編集]

自動車専用道路
  • E4A 上北自動車道 七戸IC
一般国道
主要地方道
一般県道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

七戸城東門
鷹山宇一記念美術館

名所[編集]

  • 大銀南木

旧跡[編集]

  • 七戸城址(七戸字貝の口)国の史跡[1](柏葉公園)
  • 天王神社:1394年勧請
  • 見町観音堂(見町):1396年創建。県重宝[2]。(有形民俗文化財 絵馬・読経札等 展示は絵馬館で)
  • 小田子不動堂(和田下):1396年創設。(有形民俗文化財 絵馬 展示は絵馬館で)
  • 山屋薬師堂:平安末期建立
  • 青岩寺(字町)本堂(県重宝)
  • 二ツ森貝塚:青森県内最大、日本国内でも有数の規模を誇る遺跡。5,500年前から4,000年前の縄文前期から中期のものと見られている。国の史跡[3]
  • 一里塚:町内に2基存在。県史跡(卒古沢)[4]、(森ノ上、森ノ下)[5]、慶長年間。
  • 千曳神社:807年、坂上田村麻呂により創建と伝えられる。
  • 旧七戸郵便局(七戸)登録有形文化財[6]1928年(昭和3年)竣工。
  • 盛田牧場:19世紀より存在した馬の生産牧場。南部地方独特の曲屋など明治時代の施設が保存・公開されている。

観光スポット[編集]

  • 鷹山宇一記念美術館(絵馬館)
  • 東八甲田家族旅行村
  • 東八甲田ローズカントリー
  • 七戸町営スキー場
  • 諏訪牧場:競走馬の生産から育成までを行う。

祭事[編集]

  • 七戸秋祭り
  • みよこまつり
  • まける日 - 伝統的な行事であり、七戸町の商店等による祭事である。当日は「まける日」という幟がたつ。「まける」とは商品の値引きの意。

その他[編集]

名物[編集]

  • 駒饅頭

郷土料理[編集]

  • なべこ団子

特産品[編集]

出身有名人[編集]

生産馬[編集]

関連項目[編集]