七曲署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
太陽にほえろ! > 七曲署

七曲署(ななまがりしょ)とは、日本テレビ系列のテレビドラマ太陽にほえろ!』シリーズに登場する警視庁隷下、東京都新宿区矢追町(やおいちょう)所在の警察署

架空の署名であり、矢追町も架空の地名である。

設定[編集]

現実の新宿警察署にあたる。

命名[編集]

「七曲」は新宿区下落合二丁目と四丁目の境界にある七曲坂に由来しているとの説がある。プロデューサーの岡田晋吉は、制作スタッフの1人「大曲暎一」の苗字「大曲」をヒントにしたと語っている。

この他に「乙女署」・「花園署」という案もあった(七曲坂の付近にはおとめ山公園という公園が実在する。また、新宿一丁目の一部は、かつては花園町との地名であった)。

七曲署の所在地で管轄区域、事件の舞台でもある「矢追町」についても、新宿区に実在する矢来町(やらいちょう)をもじったものという説と、当時日本テレビのディレクターだった矢追純一から採ったものだという説がある。

所在地[編集]

地図上では新宿区北新宿1-19[1][2]

名刺上での最初は、〒161[3]新宿区矢追町2-1-2[4]

郵便物小包上では、〒160[5]新宿区矢追町1-5-1[6]。 名刺上での最後は再び、〒161 新宿区矢追町2-1-2[7]

「殉職」[編集]

『太陽にほえろ!』は足掛け14年に渡り長期放映されたドラマで、レギュラー出演した刑事役の俳優の多くが番組からの“卒業(降板)”に際して「殉職」という形式で退場しているため、テレビドラマや映画を題材として「署員の殉職率が高い警察署」という話題が語られる際には、真っ先に名前が挙がる存在である。

劇中でも島津刑事(デューク)着任時[8]に水木刑事(マイコン)が「殉職率ナンバーワンの七曲署」と言っている。

三上刑事(テキサス)着任の日[9]に矢追町派出所が爆破され三上の先輩巡査が即死するなど刑事たちの所属する捜査第一係以外にも殉職者がいるが、その数が明らかになるのは三上刑事(テキサス)殉職直後の放映開始して四年と数箇月の回[10]で、署長室に遺影が8人ある。この内、5人の遺影は制服を着用しているが速水刑事(マカロニ)[11]、柴田刑事(ジーパン)、テキサスの3人は私服である。

沿革[編集]

上述の8人は開署以来の殉職者であるので開署がいつなのか問題になるが、詳細は不明であるものの山村刑事(山さん)は、「最初に担当した事件が15年前」と言っており、放映開始直後の回 [12]で少なくとも15年は経過していることになる。

捜査第一係[編集]

捜査第一係の当初の設定は、「警視庁七曲警察署捜査第一課捜査第一係」[13]なので、藤堂係長(ボス)の直属上長は捜査第一課長であるはずだが演者はなく、署内の上級者も不明確であった[14]。 西山署長[15]就任[16]後は藤堂係長の上級者は署長のみとなり、一度目の不在時[17]にも捜査第一係の指揮を執っていた。

後に「捜査第一課」は設定すら消え[18]、二度目の不在時[19]も大和田署長[15]が、指揮者だった。

定員はマカロニ赴任時は6人であったが、次第に最大9人にまで増員した。

組織[編集]

上述のように現実の刑事課長に相当する人物はいないが、捜査係は第四係[20]まであり第四係は暴力団捜査を担当している。 当時の警視庁刑事部には捜査第一課から捜査第四課まであり第四課は暴力団担当であったから、これを模している。

二人の婦警は署内からの転属だが、岩城(旧姓:早瀬)刑事(マミー)は交通課と実在する課なのに対し、内田刑事(シンコ)は少年課で実在しない[21]

管内[編集]

派出所(現・交番)数は32[22]。 刑事たちの言動[23] から城西署 [24] が隣接してることがわかる。 城西署は、同時期に同じ日本テレビ系列で放送された大都会シリーズの舞台であるが、『大都会 闘いの日々』第4回「協力者」 [25]で丸山刑事(演:高品格)が目撃者の報告で「テレビドラマの『太陽にほえろ』が始まった時間です」と言っており、設定は異なる。

地名

矢追町は六丁目まであり [26]、 他に「南矢追町」という地名もある [27]。 「矢追〇丁目の現場」、「〇丁目で発見」というように地名を省略することが多々あり「矢追町」の省略と思われるが断言はできない。

消防

東京消防庁については七曲消防署ではなく、矢追消防署[28]で、これも架空の署名である。

交通

全都バス「宿51 新宿西口‐四ツ谷駅」七曲警察署前停留所下車[29]

撮影[編集]

庁舎の撮影は、最初期は渋谷区神南の旧渋谷区役所東京電力が使用、建て替えられて電力館となり現・シダックスカルチャービレッジ)。 後に、正面を世田谷区上用賀にある海上自衛隊上用賀基地内の東京音楽隊の施設(こちらも放映終了後に建て替え)で、屋上が無いので外観全部が写らないようにしていた。 屋上は国鉄(現・JR東日本大久保駅近くの北新宿のビルで行われていた。

刑事部屋など屋内の撮影は世田谷区国際放映で収録。

脚注[編集]

  1. ^ 第164話「バラの好きな君へ」のボスの地図
  2. ^ 実際の淀橋税務署(放映終了後に新宿税務署と改称)付近
  3. ^ 当時の郵便番号は3桁が基本。この番号は放映開始時は新宿郵便局落合長崎分室、終了時は新宿北郵便局落合長崎分室、現・落合郵便局の区内。
  4. ^ 第115話「一枚の名刺」の島刑事(殿下)の名刺
  5. ^ この番号は四谷郵便局区内
  6. ^ 第261話「偽証」の匿名の郵便物、第263話「罠」の山さん宛の小包
  7. ^ 第446話「光る紙幣」の山さんの名刺
  8. ^ 第660話「デューク刑事登場!」
  9. ^ 第112話「テキサス刑事登場」
  10. ^ 第220話「ジュンの復讐」
  11. ^ 職務執行中ではなかったので「殉職」ではないが「速水淳警部補」と記されており、他の殉職者と同様に二階級特進している。
  12. ^ 第16話「15年目の疑惑」
  13. ^ 上記の殿下や山さんの名刺
  14. ^ 署長の役名なし。第46話「黒幕は誰だ」や第48話「影への挑戦」では「部長」という所属不明の幹部が登場する。
  15. ^ a b 太陽にほえろ!のセミレギュラー一覧#七曲署関係者参照
  16. ^ 第57話「蒸発」
  17. ^ 459話 - 488話、一度目の石原裕次郎の入院時
  18. ^ 第494話「ジプシー刑事登場!」の原刑事(ジプシー)の辞令では「警視庁七曲警察署捜査一係」、第662話「制服よさらば」の山さんの名刺では「警視庁七曲警察署捜査第一係」
  19. ^ 700話 - 717話、再度の石原裕次郎の入院時
  20. ^ 第237話「あやまち」の水沢刑事が所属
  21. ^ 実際は防犯課(現・生活安全課)の少年係。
  22. ^ 第354話「交番爆破」
  23. ^ 第111話「ジーパン・シンコその愛と死」、第223話「あせり」、第673話「狼の挽歌」
  24. ^ 架空の署名、ジプシーが一時在籍
  25. ^ 松田優作がゲスト出演
  26. ^ 第183話「金庫破り」でのテキサスの尾行の報告
  27. ^ 第157話「対決! 6対6」の不動産屋は南矢追町四丁目、第171話「暴走」の橋爪家は南矢追町五丁目
  28. ^ 第239話「挑発」
  29. ^ 第279話「愛と怒り」モデルは京王電鉄バスで停留所は「全都バス」だが小道具定期券には「京王電鉄バス」とある。宿51系統は実在するが起終点は「新宿駅西口‐渋谷駅」で「七曲警察署前」は架空であり、虚実入り乱れている。

関連項目[編集]