七里圭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しちり けい
七里 圭
生年月日 1967年
出生地 日本の旗 日本 東京都
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画テレビドラマVシネマミュージック・ビデオ
活動期間 1985年 -

七里 圭(しちり けい、1967年 ‐ )は、日本映画監督脚本家

来歴[編集]

東京都で生まれ、中学と高校の頃は愛知県名古屋市で育つ[1]名古屋市立菊里高等学校時代の8ミリ映画『時を駆ける症状』が、1985年度ぴあフィルムフェスティバル大島渚の推薦により入選。

早稲田大学在籍時はシネマ研究会に所属し、在学中から映画の現場で働き始める。

約10年間、廣木隆一鎮西尚一西山洋市らの助監督を務める。

2004年、山本直樹原作の『のんきな姉さん』、短編『夢で逢えたら』で、劇場デビュー。

2007年には、『眠り姫』、『ホッテントットエプロン―スケッチ』、『マリッジリング』と、3本の監督作品が公開された。

TBS系『THE世界遺産』など、テレビ番組の構成作家としても活動している。

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • 夢で逢えたら(2004年) - 監督
  • のんきな姉さん(2004年) - 監督
  • 犬と歩けば チロリとタムラ(2004年) - 脚本
  • L'amant ラマン(2005年) - 脚本
  • ホッテントットエプロン―スケッチ(2006年) - 監督
  • 眠り姫(2007年) - 監督
  • マリッジリング(2007年) - 監督
  • To the light 1.0、2.0、2.1(2014年) - 監督
  • 映画としての音楽(2014年) - 監督

テレビドラマ[編集]

Vシネマ[編集]

  • 人妻35才/未亡人22才(1997年) - 監督(ピチリ・K 名義)
  • 新任女刑務官 檻の中の花芯(1998年) - 監督

ミュージック・ビデオ[編集]

その他の映像作品[編集]

  • Untitled for Cindy(2003年、室内楽団カッセ・レゾナント委嘱による映像作品)
  • once more(2008年、オムニバス映画『TOKYO!』所収『シェイキング東京』のメイキング)
  • DUBHOUSE 物質試行52(2012年、建築家鈴木了二との共作)

脚注[編集]