万国郵便連合憲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

万国郵便連合憲章(ばんこくゆうびんれんごうけんしょう、: Constitution de l’Union postale universelle: Constitution of the Universal Postal Union)は、国際連合の専門機関である「万国郵便連合」の最高規則である。

万国郵便連合憲章
通称・略称 UPU憲章
署名 1964年7月10日(ウィーン
効力発生 1966年1月1日
条約番号 昭和40年条約第13号(日本国内)
言語 フランス語英語
主な内容 万国郵便連合の基本について
関連条約 万国郵便連合一般規則、万国郵便条約
テンプレートを表示

概要[編集]

万国郵便連合憲章は、多国間における国際郵便において、事実上最上位の効力を有する条約である。万国郵便連合のすべての規定は、留保の対象とならない。

万国郵便連合憲章には、多国間条約「万国郵便連合一般規則」と、多国間条約「万国郵便条約」について触れられており、これらの条約の基本的性質も規定している。

歴史[編集]

元々「万国郵便連合」については、「万国郵便条約」に定めがあった。

後に、万国郵便連合の基本的な事項については、新たに定めることとなり、1964年昭和39年)に、「万国郵便条約」よりも上位の多国間条約として、万国郵便連合憲章が成立した。

その後は、「万国連合憲章の第七追加議定書」までの追加議定書によって、条文が改正されている。

構成[編集]

  • 前文
  • 第1編 組織規定
    • 第1章 総則
    • 第2章 連合への加入又は加盟、連合からの脱退
    • 第3章 連合の組織
    • 第4章 連合の財政
  • 第2編 連合の文書
    • 第1章 総則
    • 第2章 連合の文書の受諾及び廃棄
    • 第3章 連合の文書の改正
    • 第4章 紛争の解決
  • 第3編 最終規定
  • 末文
  • 万国郵便連合憲章の最終議定書

関連項目[編集]