万安大悦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

萬安大悦(ばんあん だいえつ、生没年不詳)は、江戸時代初期の曹洞宗

越後林泉寺の14世住職となる[1]

元和3年(1617年)、米沢に移封された上杉氏の招請により米沢に赴き、仙洞院開基として米沢林泉寺を開く。

履歴については米沢林泉寺の寺歴以外に資料がなく、不明な点が多い。曹洞宗に属する僧侶の法系を記録した公的な資料には名前を見出すことができず、実在を疑問視する意見もある。

脚注[編集]

  1. ^ 越後林泉寺の記録では14世住職は玄室膺頓とされている。