万華鏡 (岩崎宏美の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
万華鏡
岩崎宏美シングル
B面 泣きながら目覚めて
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル ビクター音楽産業
作詞・作曲 作詞:三浦徳子
作曲:馬飼野康二
ゴールドディスク
チャート最高順位
岩崎宏美 シングル 年表
夏に抱かれて
(1979年)
万華鏡
1979年
スローな愛がいいわ
1980年
テンプレートを表示

万華鏡」(まんげきょう)は、1979年9月15日にリリースされた、岩崎宏美の18枚目のシングルである。規格品番SV-6630。

解説[編集]

  • 第21回日本レコード大賞・金賞受賞曲。
  • 富士重工業(現・SUBARU)2代目(前期型)「スバル・レオーネ」のCMソングとなっていた。そのため、ダイハツ工業が主要スポンサーとして名を連ねていたフジテレビの『夜のヒットスタジオ』には、この曲が発売されている期間は出演を見合わせた(当時はまだアルバム・B面曲で代替するという措置があまり採られていなかった)。
  • 曲のエンディング部分に奇妙な男性の低い声が収録されていると話題を呼んだ。岩崎自身が出演するラジオ番組などでも、オカルト・ソングとして紹介されていた。これはレコーディングのミックスダウン時に男性コーラスの低音部分が残ったままマスターテープ(編集・複製の元になるテープ)となったことが原因であると言われている[1]

収録曲[編集]

  1. 万華鏡
  2. 泣きながら目覚めて
    • 作詞: 三浦徳子、作曲・編曲: 馬飼野康二

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 霊の声が入った音楽の謎”. Exciteニュース (2011年7月6日). 2015年3月28日閲覧。