万里小路春房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
万里小路春房
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 宝徳元年(1449年
死没 永正6年9月11日1509年10月24日
改名 甘露寺氏長→万里小路春房→楽邦院寂誉/江南院龍霄
官位 右大弁参議
主君 後花園天皇後土御門天皇
氏族 甘露寺家万里小路家
父母 父:甘露寺親長、養父:万里小路冬房
兄弟 春房甘露寺元長、了淳、長深、
甘露寺親子、真盛、甘露寺朝子、冷泉局
養兄弟:賢房命子
飛鳥井雅康娘
テンプレートを表示

万里小路 春房(までのこうじ はるふさ)は、室町時代後期の公卿官位右大弁参議

経歴[編集]

甘露寺親長の長男で当初は甘露寺 氏長(かんろじ うじなが)と称していたが、後に万里小路家を継いで改名した。室は二楽院宋世(飛鳥井雅康)の娘。

寛正2年4月13日1461年5月22日)に13歳で右少弁に任ぜられ、同4年4月13日1463年5月1日)に蔵人就任の拝賀を行っており[1]、この時までに後花園天皇蔵人補任され、次の後土御門天皇践祚後も蔵人を務めた。

文正2年1月5日1467年2月9日:3月に「応仁」と改元)、万里小路家に養子入りして「万里小路春房」と改名する[2]。万里小路家の当主であった万里小路冬房(正二位前権大納言)は隠退の意思が強く、後継者もいないことから同じ勧修寺流でこれまでも同家に養子を入れた事があった甘露寺家から後継者が選ばれたのである[3]。応仁元年9月20日(1467年10月18日:後花園院出家の日)に冬房は従一位に叙されて准大臣宣下が下されると、10月5日(同年11月1日)には院の後を追って出家している。

ところが、文明3年4月29日1471年5月19日)になって右大弁宰相であった春房は突如、室町幕府の重臣であった伊勢貞親と共に自分の妹婿である近江国の朽木貞綱の許に出奔してそのまま出家するという事件を起こしてしまう[4]応仁の乱の最中の幕府要人の出奔に加え、甘露寺家の関係者が2人も関わっているこの騒動の原因など詳細は不明である。今泉淑夫は応仁の乱前後の公家社会の閉塞感や春房が万里小路家の保守的な家風に馴染めなかった事に原因を求め、井原今朝男は乱の真っただ中にある室町幕府内部で公家社会[5]を巻き込む政治的内紛があり、春房もそれに巻き込まれたとする。

出家した春房は楽邦院寂誉(らくほういんじゃくよ)、江南院龍霄(こうなんいんりゅうしょう)と称した[6]が、京都美濃国などを拠点として、和歌や実父譲りの蹴鞠などを通じて皇室や摂家・同族の勧修寺流を始めとする京都の公家社会や文化人と関係を持った他、日明貿易にも関わり[7][8]、自身も遣明船にてに渡航している。また、朝廷や実家の甘露寺家及びその親族(従兄弟で親友でもあった三条西実隆など)などの経済活動の支援も行っている。文亀2年(1502年)に行われた春日社法楽歌会でも義父の二楽院宋世と共に中心的な役割を果たした。

脚注[編集]

  1. ^ 国立歴史民俗博物館所蔵『五位蔵人初拝五代之記』(甘露寺親長:原著・後西天皇:写)
  2. ^ 『親長卿記』文明3年5月4日条
  3. ^ 春房の大叔父にあたる万里小路豊房も甘露寺家から万里小路家に養子に入っていたが、後に養父に実子(万里小路冬房の実父である時房)が生まれたために家督を譲って後に出家している。
  4. ^ 『親長卿記』文明3年4月29日条
  5. ^ 万里小路家や甘露寺家などの勧修寺流の公家からは、(公家としての)足利将軍家家司を多数輩出しており、同家や幕府の動向が勧修寺流の諸家に強く影響を与えていた。
  6. ^ 「龍霄」の法号は臨済宗黄龍派に由来するとみられる。
  7. ^ 『実隆公記』文明19年正月3・19日条
  8. ^ 実父の甘露寺親長は日明貿易に深く関わっている。

参考文献[編集]

  • 井原今朝男『室町期廷臣社会論』塙書房、2014年 ISBN 978-4-8273-1266-9 P202-203・253-255・295-296
  • 今泉淑夫「江南院龍霄」『東語西話』(吉川弘文館、1994年) ISBN 978-4-642-07428-5