万里小路通房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
万里小路通房
Michifusa Madenokoji.jpg
万里小路通房
時代 江戸時代後期 - 昭和時代
生誕 嘉永元年5月27日1848年6月27日
死没 昭和7年(1932年3月4日[1]
主君 孝明天皇明治天皇大正天皇
氏族 万里小路家
父母 父:万里小路博房
母:森長義十一女・貞子
兄弟 在房、通房関博直、姉小路公義、
河辺博長、千代子ら
池田健蔵娘・八重子
後室:松平忠栄
伴子、李子、直房、葉室長通、通利、
通雄、貴美子
テンプレートを表示

万里小路 通房(までのこうじ みちふさ)は、幕末公家、明治期の官僚政治家貴族院伯爵議員

経歴[編集]

山城国京都で、万里小路博房の息子として生まれる[1]。母は森長義の11女・貞子[2]嘉永3年2月1850年)に叙爵し、慶応元年10月1865年右少弁に就任[1]

慶応3年12月9日1868年1月3日)王政復古を迎え書記御用掛となる[1]。慶応4年2月20日(1868年3月13日)参与軍防事務局親兵掛に就任[3]。同年4月、東下する三条実美に随行し、同月権右中弁となる[1]戊辰戦争に際し錦旗奉行加勢、鎮将府弁事、御旗監・参謀助勤、兼大総督府参謀などを務め、東北に出征した[1][3]。その後、軍務官副知事助勤を務め、明治2年2月1869年)勅使として山口毛利敬親に召命の宸翰を伝達した[1]。明治2年6月2日(7月10日)戊辰の戦功により賞典禄100石を永世下賜された[3]

明治3年11月1870年イギリスへ留学し、1874年7月に帰国[1][4]。その後、工部省御用掛、宮内省御用掛、侍従を歴任[4]。父・博房の死去により、1884年4月14日、家督を相続[2]。同年7月7日、伯爵を叙爵[5]1891年2月、貴族院伯爵議員に選出され、研究会に属し1924年9月まで在任した[6]

長く滞在していた千葉県安房郡北条町(現館山市)で農業指導も行った[4]

栄典[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『明治維新人名辞典』940頁。
  2. ^ a b c d e f g 『平成新修旧華族家系大成』下巻、658-659頁。
  3. ^ a b c 『百官履歴 上巻』376-377頁。
  4. ^ a b c 『明治時代史大辞典 第三巻』496頁。
  5. ^ 『官報』第307号、明治17年7月8日。
  6. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』30頁。
  7. ^ 『官報』第1935号「叙任及辞令」1889年12月9日。
  8. ^ 『官報』第2100号「叙任及辞令」1890年7月1日。
  9. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  10. ^ 『官報』第565号「叙任及辞令」1914年6月19日。
  11. ^ 万里小路通房略年譜 館山市立博物館

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
創設
伯爵
万里小路家初代
1884年 - 1932年
次代:
万里小路芳房