三ツ廣政輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
みつひろ まさき
三ツ廣 政輝
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1995-08-02) 1995年8月2日(25歳)
最終学歴 明治大学経営学部
勤務局 毎日放送
活動期間 2018年 -
ジャンル 情報バラエティスポーツ
出演番組・活動
出演中 ちちんぷいぷい
ミント!
ばんぱく宣言 われら21世紀少年団
サタデープラス
スポーツ中継(野球)
出演経歴 ナジャ・グランディーバのレツゴーフライデー
辻・三ツ廣の以後お見知りおきを
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

三ツ廣 政輝(みつひろ まさき、1995年8月2日 - )は、毎日放送(MBS)アナウンサー

苗字の三ツ廣は、「日本国内で20人程度しか付けていない」とされるほど珍しい[1] もので、の表記はカタカナの大文字である。また、新聞などの番組表で、「三ツ広」という略字が用いられることがある。

経歴[編集]

東京都稲城市の出身で、明治大学付属中野八王子高等学校を経て、明治大学経営学部[2] に進学。学生時代には、小学4年時から野球を始める一方で、日本国内においてヒッチハイクを何度も体験していた。特技はハンドスプリング

高校時代には硬式野球部へ所属。3年時(2013年)夏の全国高等学校野球選手権西東京大会では、控えの内野手ながら、準々決勝進出を経験している[3]。明治大学への在学中には、体育同好会連合会(体同連)軟式野球部 へ所属。左利きであることから、主に一塁を守っていた。3年時の2016年には、東京六大学軟式野球の春季リーグ戦で優勝を経験[4]。秋季リーグ戦では2位に終わったものの、優秀選手とベストナイン(一塁手部門)に選ばれた[5]。4年時には主将も務めている[6]

その一方で、林正浩のようなスポーツアナウンサー[7] として野球を実況すること[6] を主な目標に、学内のマスコミクラブなどでも活動[2]。就職活動中には、毎日放送をはじめ、TBSテレビなど8局のアナウンサー試験を受けた[8]。結局は毎日放送から採用の内定を得たが、林が2016年に定年を迎えるまで勤務していたTBSテレビの試験でも、最終面接の1つ前の段階まで残ったという[9]

大学卒業後の2018年4月1日付で、辻沙穗里と共に、アナウンサーとして毎日放送へ入社。同局によるアナウンサーの採用は、2015年の玉巻映美藤林温子森本尚太以来4年振りであった。

テレビ(MBSテレビ)では、2018年7月26日火曜日)に放送された特別番組『ちちんぷいぷい×VOICE みんなでとびだせっ!夏の5時間ぶち抜きスペシャル』で、辻と揃って番組デビュー[10]。同年10月から2019年3月までは、母体番組の『ちちんぷいぷい』で、金曜日を中心に「フィールドリポーター」として生中継やロケに出演していた。2019年4月からは、『ちちんぷいぷい』の後枠で新たに編成された総合情報番組『ミント!』で、「フィールドキャスター」として生中継リポートを随時担当している。

2018年10月から、スポーツアナウンサーとしての修業を開始。入社1年目の最後(2019年3月下旬)に迎えた選抜高等学校野球大会では、関連会社のGAORACS放送)やインターネット向けの中継ながら、新卒採用のアナウンサーとしては異例の早さで実況デビューを果たした[7]。さらに、同年のプロ野球シーズン中から、GAORAやラジオ(MBSラジオ)で阪神タイガース戦中継の実況を担当。2019年世界陸上競技選手権大会期間中および前後(同年9月下旬 - 10月上旬)には、「Meets HERO in 世界陸上2019ドーハ」(自身の苗字にちなんだ『ちちんぷいぷい』の周辺取材企画)でリポーターを務めた。2020年4月4日からは、スポーツアナウンサーを代表して、『サタデープラス』(毎日放送の本社で制作するTBSテレビ系列全国ネット向けの生放送番組)でプレゼンター(進行役)を担当する。

MBSラジオでは、2019年11月1日からは、辻や1年後輩のアナウンサー(清水麻椰野嶋紗己子)と共に『ばんぱく宣言 われら21世紀少年団』(毎日放送の本社がある大阪市内で開催される2025年日本国際博覧会の応援番組)のパーソナリティを担当。2025年中までの6年間にわたるレギュラー放送があらかじめ約束されている異例の番組で、三ツ廣は「21世紀少年団」の「団長」としても活動する[11]

プライベートでは、毎日放送への入社に伴って関西地方での生活を始めたことを機に、同年代(20代)が中心の草野球チームへ2019年7月から参加。野球実況の自主練習を兼ねながら、学生時代に経験していなかった投手として完封勝利を挙げた経験を持つほか、外野手としても活躍している[3]

出演番組[編集]

現在[編集]

テレビ[編集]

  • ちちんぷいぷい
    • 前述した『ちちんぷいぷい×VOICE みんなでとびだせっ!夏の5時間ぶち抜きスペシャル』でのロケ取材を経て、2018年10月19日から金曜日のフィールドリポーターを担当[13]。他の曜日でも、ロケ企画のリポーターを務めることがあった。
    • 『ミント!』の放送開始後は出演の機会が途絶えていたが、TBSテレビが日本国内でのテレビ放送権を保有している2019年世界陸上競技選手権大会の期間中および前後には、「Meets HERO in 世界陸上2019ドーハ」のリポーターとして開催地のドーハへ派遣されている。
    • 2020年4月の改編で「嗚呼!花の応援マン2020」(スポーツに携わる全ての人々を応援するコーナー)が月 - 木曜日に新設されたことに伴って、同年3月30日(月曜日)放送分からレギュラー出演を本格的に再開。「フレ!フレ!スポーツ」への改称後の同年8月には、関西地方から2020年甲子園高校野球交流試合へ招待された高校への取材も担当している。
    • 2020年10月改編から毎週月曜日に「SDGsのススメ」(国際連合が定める「SDGs17の目標」関連の取材・報告を17人のアナウンサーで分担する企画)を放送することに伴って、「フレ!フレ!スポーツ」と並行しながら、4番目の目標(「質の高い教育をみんなに」)関連の取材と報告を担当。
  • ミント!
    • 放送を開始した2019年度に、フィールドキャスターとして火曜日を中心に出演。前述したように、2020年4月から『ちちんぷいぷい』のレギュラーに復帰したが、火曜日の16時台に放送される特集のリポーターとして同年10月から出演を再開(先輩アナウンサーの森本尚太と交代で隔週にリポートを担当)。
  • 痛快!明石家電視台(不定期)
    • 2018年10月29日に放送された「実際どうなん!?MBSアナウンサー15人」で、アナウンサーゲストの1人として、辻と揃って初出演。TBSテレビのアナウンサー試験での失敗談を明かした[9]
  • コトノハ図鑑→「へぇ~のコトノハ」(不定期)
    • 所属する毎日放送アナウンサー室の企画で、2018年7月から2020年3月まで『コトノハ図鑑』(事前収録のレギュラー番組)として放送された後に、2020年4月改編から『ちちんぷいぷい』月・水曜日→水曜日のレギュラーコーナー「へぇ~のコトノハ」へ移行。『コトノハ図鑑』には、入社1年目の2018年8月31日放送分から出演していた[14]
  • S☆1(TBSテレビ制作・全国ネットのスポーツニュース)
    • 2019年4月以降は、日曜深夜~月曜早朝の宿直勤務に就いている関係で、基本としてエンディングの『JNN NEWS』関西ローカルパートにのみ出演している。
    • 2020年1月6日には、本編の直後に毎日放送から全国ネット向けに第99回全国高校ラグビーのハイライト番組を編成していた関係で、ハイライト番組用スタジオからの生中継で全国ネットパートに初出演。前日(1月5日)に花園ラグビー場で催された準決勝2試合の模様を、ハイライト番組キャスターの大畑大介小島瑠璃子と共に伝えた(当日の『JNN NEWS』関西ローカルパートは先輩アナウンサーの玉巻映美が担当)。
  • サタデープラス(プレゼンター、2020年4月4日 - )
    • 2015年4月4日の番組開始以来続いていた生活情報路線から、スポーツの面白い話題を紹介する路線へ変更することを機に、テレビ・ラジオを通じて初めて全国ネット番組にレギュラーで出演。番組開始当初から、小島がMC陣の一角を担っている[15]

ラジオ[編集]

  • ばんぱく宣言 われら21世紀少年団 パーソナリティ(2019年11月1日 - )
  • あどりぶラヂオ
    • 2018年11月30日から、「三ツ廣政輝のBOY MEETS GIRL」(金曜放送分に週替わりで内包される事前収録コーナー)のパーソナリティを単独で担当。2019年1月4日放送分の「MBSアナウンサースペシャル」(アナウンサーによるパーソナリティリレー企画)にも出演した。同年11月15日の生放送で、全編のパーソナリティを初めて担当。
  • ヤングタウン日曜日(不定期)
    • 先輩アナウンサーでアシスタントの福島暢啓が休演する場合に、2019年からアシスタント代理として出演。
  • MBSベースボールパーク
    • ナイターイン版では、前述したように、2019年5月から阪神戦中継で阪神側のベンチリポートを随時担当。阪神のナイトゲームが組まれていない日曜日に放送される『番外編』では、宿直勤務の一環で番組内の『MBSニュース』を担当するとともに、「三ツ廣政輝のまさに気になるトピックス」と称して阪神の二軍情報を随時報告している。
    • ナイターオフ版では、2018年度(2019年2月2日)放送分の土曜版で、第1部(『ベースボールパークTIMES』)・第2部(『茶屋町 KEISUKE BAR』)を通じて、阪神タイガースの春季一軍キャンプ地・沖縄県宜野座村からの生中継によるキャンプリポートを担当。毎日放送への入社後初めて、スポーツ関連番組での取材リポートを任された。以降の放送でも、阪神二軍キャンプ地・高知県安芸市からの生中継リポートなどで随時出演。2019年度には、「商店街マイスター」と称して、「ぶち藪れ!藪が歩く!やぶ~ら・ぶら歩き」(土曜版の第2部に放送する野球解説者藪恵壹の冠番組)の商店街ロケに同行していた。2020年度には、『MBSベースボールパーク サタデープレミアムチャンネル』として放送される土曜版で、第2部「バズヒロチャンネル」のパーソナリティを担当。
  • 豊永真琴のMBSミュージックパーク
    • (毎日放送のアナウンス室長を兼務する馬野雅行を除く)他のスポーツアナウンサーと交互に、パートナーとして出演。土曜日午後の生ワイド番組であるため、パートナーの担当週には、『サタデープラス』の本番を終えてから登場する。

過去[編集]

テレビ[編集]

2018年10月から2019年3月までは、放送予定のテレビ番組を紹介する関西ローカル向けスポットCMのオープニング映像にも、自己紹介を兼ねて登場していた(2018年内は辻とのコンビ、2019年1月以降は単独で登場)。

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 三ツ廣自身が取材を担当した『コトノハ図鑑』2018年9月7日放送分「日本人の名字を深掘り」 より
  2. ^ a b 明治大学マスコミクラブ会員一覧
  3. ^ a b MBS三ツ廣政輝アナ 草野球で完封!!プレー中は実況練習(『スポーツニッポン2020年7月27日付記事)
  4. ^ 東京六大学軟式野球連盟試合情報~2016春季~
  5. ^ 東京六大学軟式野球連盟試合情報 2016秋季個人タイトル
  6. ^ a b MBSの新人アナは囲碁ガールと、野球少年(『日刊スポーツ2018年7月26日付記事)
  7. ^ a b 昨春入社MBSの三ツ広アナ 選抜で実況初担当に抜てき「ちゃんとした“商品”としてお届けできるように」 (『スポーツニッポン2019年3月20日付記事)
  8. ^ MBSコラム『明石家電視台にエエ話はいらんねん!』2018年10月31日付記事「アナウンサーが記憶から消したい大失敗を告白!」
  9. ^ a b 『痛快!明石家電視台』2018年10月28日放送分「実際どうなん!?MBSアナウンサー15人」
  10. ^ 辻沙穂里&三ツ廣政輝アナ、MBS「ぷいぷい」でドキドキ初TV! (『サンケイスポーツ2018年7月27日付記事)
  11. ^ MBS異例6年レギュラー確約、関西万博の応援番組 (『日刊スポーツ2019年9月25日付記事)
  12. ^ 毎日放送アナウンサー室instagram公式アカウント2020年10月6日付記事を参照
  13. ^ 「(ちちん)ぷいぷいリポーター」との肩書で2017年10月から金曜日に生中継リポートを担当している市川いずみフリーアナウンサー)が、2018年10月から松本麻衣子(三ツ廣の先輩アナウンサー)との隔週交代で同曜日に「私たちスルーできないっ!」(ロケ取材コーナー)の報告でスタジオへ出演したことによる措置。市川が「私たちスルーできないっ!」の取材内容を報告する週には生中継、市川が中継リポートを担当する週には別のロケ企画でリポーターを務めた。また、生中継によるリポートと、ロケ企画で事前に取材した映像を同じ日に放送することもあった。
  14. ^ MBS新人・三ツ廣政輝&辻沙穂里の両アナ…「伝え方が9割」の著者から講義(『デイリースポーツ2018年8月29日付記事)
  15. ^ 「サタデープラス」小堺卒業でMCは丸山&こじるりに スポーツ軸にリニューアル(『デイリースポーツ2020年3月27日付記事)
  16. ^ 直前まで放送される『ちちんぷいぷい』で、生中継リポートを担当しない週に出演。