三上作夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三上 作夫
Sakuo Mikami.jpg
生誕 1907年5月25日
日本の旗 日本 広島県
死没 (1996-07-24) 1996年7月24日(89歳没)
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 大日本帝国海軍
No image available.svg 海上警備隊
Flag of Coastal Safety Force of Japan 2012-03-04.jpg 警備隊
Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1929 - 1945(日本海軍)
1952 - 1954(警備隊)
1954 - 1965(海自)
最終階級 OF-4 - Kaigun Chusa.gif 海軍中佐(日本海軍)
JMSDF Vice Admiral insignia (a).svg 海将(海自)
テンプレートを表示

三上 作夫(みかみ さくお、1907年明治40年)5月25日 - 1996年平成8年)7月24日)は、日本海軍軍人海上自衛官。最後の連合艦隊作戦参謀で、戦後は自衛艦隊司令官を務める。最終階級は日本海軍では海軍中佐、海自では海将。妻は今村信次郎海軍中将の娘。

来歴[編集]

略歴[編集]

広島県芦品郡宜山村(現福山市駅家町)大橋出身。福山中学を経て海軍兵学校56期を卒業。同期生に高橋赫一大谷藤之助田辺弥八らがいる。三上は砲術学校高等科を修了した砲術専攻士官で駆逐艦の砲術長や戦艦日向の副砲長、砲術学校教官などを務めた。海軍大学校甲種37期を卒業。中島親孝岡田貞外茂藤村義一らが同期である。在校中に海軍少佐に進級し、第一水雷戦隊砲術参謀として太平洋戦争開戦を迎え、真珠湾攻撃などに参戦した。

1942年昭和17年)3月、軍令部作戦部員(情報)となり、1944年(昭和19年)9月、連合艦隊作戦参謀、1945年(昭和20年)5月、海軍総隊参謀と作戦関係の配置を歴任し、ミッドウェー海戦レイテ沖海戦天一号作戦等に関与した。戦後は海上自衛隊に入隊し、護衛艦隊司令官佐世保地方総監、自衛艦隊司令官などを務め、1965年(昭和40年)1月に退官した。

レイテ沖海戦[編集]

レイテ沖海戦において、第二艦隊司令長官・栗田健男からの反転電に対し、「天佑ヲ確信シ、全軍突撃セヨ」の電文を起案したのは三上である[1]。三上は同海戦について「戦力がない日本海軍の戦いとしては、相当のところまでよくやった」、「でき過ぎ」と語っている。

天号作戦[編集]

戦艦大和をはじめとする第二艦隊の沖縄特攻作戦決定に際しては、参謀長草鹿龍之介とともに九州に出張中で関与していない。草鹿が「一億特攻の魁になっていただきたい」と述べ伊藤整一司令長官を説得した際に同行している[2]。三上はほとんど成功の算がない作戦に責任を感じ、同行を申し出たが第二艦隊の拒否にあった[3]

年譜[編集]

栄典[編集]

  • JPN Zuiho-sho (WW2) 2Class BAR.svg 勲二等瑞宝章 - 1977年(昭和52年)11月3日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『海軍軍令部』「軍令部と太平洋戦争」
  2. ^ 『日本海軍 戦場の教訓』「第十章 大和特攻」
  3. ^ 『雪風ハ沈マズ』「特攻 大和との出撃」
  4. ^ 昭和12年12月1日 海軍辞令公報 号外 第99号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072800 
  5. ^ 昭和13年12月15日 海軍辞令公報(部内限)号外 第273号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  6. ^ 昭和14年11月15日 海軍辞令公報(部内限) 第401号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076700 
  7. ^ 昭和15年4月15日 海軍辞令公報(部内限) 第469号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072077900 
  8. ^ 昭和15年11月15日 海軍辞令公報(部内限)第555号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079500 
  9. ^ 昭和17年2月2日 海軍辞令公報(部内限)第805号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072084200 
  10. ^ 昭和17年3月2日 海軍辞令公報(部内限)第820号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072084400 
  11. ^ 昭和19年5月1日 海軍辞令公報(部内限)第1447号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072097800 
  12. ^ 昭和19年9月29日 海軍辞令公報 甲 第1605号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072101000 
  13. ^ 昭和20年5月10日 海軍辞令公報 甲 第1795号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072104700 
  14. ^ 昭和20年5月15日 海軍辞令公報 甲 第1800号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072104800 
  15. ^ 昭和20年9月21日 海軍辞令公報 甲 第1922号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072142700 
  16. ^ 昭和20年12月21日 第二復員省辞令公報 甲 第18号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072162100 
  17. ^ 昭和20年12月8日 第二復員省辞令公報 甲 第7号 (防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072162000 
  18. ^ 『官報』本紙第7622号(昭和27年6月6日)
  19. ^ 『官報』本紙第15246号(昭和52年11月5日)
  20. ^ 『官報』本紙第1969号(平成8年9月2日)

参考文献[編集]