三上於菟吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三上 於菟吉(みかみ おときち、1891年2月4日 - 1944年2月7日)は、大正昭和時代の小説家大衆文学の流行作家となり、文壇の寵児と呼ばれた。代表作に『雪之丞変化』など。妻は作家の長谷川時雨。活躍期にはその作風から「日本のバルザック」とも呼ばれた。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

埼玉県中葛飾郡桜井村生まれ(現在の春日部市)。代々儒医(漢方医)家業で、祖父はまた漢詩人大沼枕山門下の詩人でもあった。旧制粕壁中学校(現在の埼玉県立春日部高等学校)を経て田山花袋に私淑。父純太郎も於菟吉を医師に進ませようとしたが、中学校時代から文学少年となり白夜のペンネームで『文章世界』『中学世界』などに投稿していた。

1911年早稲田大学文学部英文科予科に入学し、広津和郎谷崎精二らと交友を持ち、ロシア文学で片上伸に認められて「片門十哲」の一人とも言われた。1912年同級の宇野浩二らと同人誌『しれねえ』を創刊するが、三上の「薤路歌」が風俗壊乱として発禁になり、1号で終刊する。また神楽坂の馴染んだ芸者を連れ出したことで脅される騒ぎとなり、父により退学させられて帰郷、実家で謹慎生活を強いられる。この間、ダヌンチオスタンダールの詩の翻訳や、短篇小説を『早稲田文学』に発表した。

1914年の夏、父が死去して家業を継いだが、これを整理して1914年に上京し、翌1915年に長篇小説『春光の下にー又はゼ・ボヘミアン・ハウスの人々』を自費出版した。この作品は朝鮮独立運動に触れたところがあったために発禁処分となったが、この出版を機に『講談雑誌』編集長だった生田蝶介に目をつけられ、水上藻花などのペンネームで外国小説の翻案を博文館や講談社で発表するようになり、谷崎精二と『モンテ・クリスト伯』を共訳する。 1916年には『講談雑誌』に本名で「悪魔の恋」を連載し、薄幸の女性を描く通俗小説の筋に西洋小説的な心理描写を織り交ぜて好評となった。また『春光の下に』を献呈された12歳年長の女流作家長谷川時雨が三上に手紙を書いて知り合い、やがて同棲するようになる。

雪之丞変化[編集]

1921年に『時事新報』に虚無的な青年の遍歴を描いた「白鬼」を連載し、新進作家として注目を浴びる。1925年には『週刊朝日』で、ジョンストン・マッカレー『双生児の復讐』のプロットを下敷きにした復讐もので初の時代小説「敵討日月双紙」を連載、時代小説作家としても名を上げ、続いて『鴛鴦呪文』『妖日山海伝』『神文美少年録』『淀君』『清河八郎』などを発表、斬新な筋立てと絢爛たる文体で一躍文壇の寵児となる。1934年から東京朝日新聞に連載した『雪之丞変化』は三上の代表作となった。連載中から衣笠貞之助監督、伊藤大輔脚本によって映画化され、林長二郎(のちの長谷川一夫)が3役で主演し、「流す涙がお芝居ならば」で始まる佐藤惣之助作詞、阿部武雄作曲の切々たる主題歌「むらさき小唄」がヒット[1]、のちのちまで大衆演劇のレパートリーとなった。加藤武雄中村武羅夫と並んで「多産流行作家の三羽烏」とも言われ、1935年には『長編三人全集』が刊行された。また同年の第1回直木三十五賞制定では選考委員となる。この年は作家の所得税額で菊池寛に次ぐ2位だった(三宅正太郎『作家の裏窓』)。赤坂檜町に自宅があったが、原稿の執筆は新潮社に近い牛込袋町の妾宅、それから待合へ移り芸者をはべらせながら、そして執筆後に本宅に帰るという生活だったと言われる[2]

満州事変勃発直後の1931年10月に東京日日新聞に詩「日本人の歌」を発表し、文学ファッショのはしりと呼ばれ論議を巻き起こした[3]。1932年には直木三十五が「文芸院」を創設するのに参加する[4]

三上と時雨[編集]

長谷川時雨は、当初は三上を世に出そうとして様々に骨折りしたが、1928年に『女人藝術』を創刊した際には三上の原稿料によって出資するなど、廃刊までの4年間の支援をした。またこれに連載した林芙美子の原稿を『放浪記』に改題したのも三上だった。流行作家時代の三上は放蕩、浪費し、作品のほとんどを待合で書いたとも言われるが、時雨は「三上さんは、あのやり方でなくっては書けないのです。」と言って認めた。また時雨は「三上さんはえらい。凄い」とも言い続け、三上の時代小説の考証でも時雨は貴重な協力者となった。

1935年にはサイレン社を興し、時雨の『近代美人伝』を刊行、また出版には原稿取りに訪れる編集たちの意見も参考にしていた。

1936年に三上は愛人宅で倒れ、右半身麻痺となる。時雨は自宅近くに家を借りて愛人を看病に付き添わせたが、愛人は4ヶ月で郷里に帰す。当時三上が新聞に連載中だった「日蓮」は時雨が書き継いだが、それまでも三上が連載に穴をあけそうになると時雨が代筆していたという。

1940年には『三上於菟吉全集』全12巻が刊行。時雨は1941年に過労で倒れて急逝。戸籍上は最後まで内縁関係のままだった。三上は1943年に空襲激化のために療養を兼ねて郷里春日部に疎開し、1944年に血栓症の悪化で死去した。

作品[編集]

原作を換骨奪取したものとしては『敵打日月双紙』の他に、オスカー・ワイルドドリアン・グレイの肖像』を「元禄若衆」、ユゴー『エルナニ』を「戦国英雄」などがある[5]。直木三十五の死去時に『読売新聞』連載中だった『相馬大作』を引き継いで完結させている。

著作リスト[編集]

  • 春光の下に-又はゼ・ボヘミアン・ハウスの人々 文好堂書店、1915
  • 子供の聞きたがる新知識の庫 実業之日本社, 1921
  • 空しき青春 聚英閣, 1921
  • 暗い情熱 東盛堂, 1921
  • 愛慾の霧 天佑社, 1922
  • 悪魔の恋 聚英閣, 1922
  • 楊貴妃の欲望 二松堂書店, 1923
  • 地上の愛 榎本書店, 1924
  • 熱風 璃羅書院, 1924
  • 白鬼 新潮社, 1925
  • 敵打日月双紙
  • 日輪 新潮社, 1926
  • 黒髪 附・愛慾地獄 大阪毎日新聞社, 1926
  • 妖日山海伝 朝日新聞社, 1927
  • 地上楽園 新潮社, 1927
  • 首都 プラトン社, 1928
  • 百万両秘聞 平凡社, 1928
  • 炎の空 新潮社, 1927-28
  • 春は甦れり 平凡社, 1929
  • 淀君 平凡社, 1929
  • 落花剣光録 平凡社, 1929
  • 情熱時代 平凡社, 1929
  • 火刑 平凡社, 1929
  • 妖都 平凡社, 1930
  • 春の鳥 長谷川時雨共著 平凡社, 1930 (令女文学全集)
  • 赤穂義士 早稲田大学出版部, 1931
  • 清河八郎 平凡社, 1931
  • 愛憎秘刄録 新潮社, 1932
  • 相馬大作 直木三十五共著 改造社, 1934
  • 昭和長篇小説全集 街の暴風 新潮社, 1934
  • 維新歴史小説全集 天誅組 改造社, 1934
  • 幽霊賊 サイレン社, 1935
  • 随筆わが漂泊 サイレン社, 1935
  • 青空無限城 サイレン社, 1935
  • 燃える処女林 サイレン社, 1935
  • 艶説隠れ簑 サイレン社, 1936
  • 日蓮 黎明社, 1936-43
  • 鴛鴦呪文 春陽堂書店, 1939
  • 大石蔵之助父子 興亜書房, 1940
  • 南海剣侠伝 万里閣, 1942
  • 敵討風流隊 桜木書房, 1942
  • 大石主税 新興亜社, 1942
  • 雪の夜奇談 蒼生社, 1942
  • 愛の掠奪 青踏社, 1947

作品集[編集]

  • 『現代大衆文学全集』平凡社, 1927年(32「鴛鴦呪文」、続6「淀君」)
  • 『三上於莵吉長篇小説集』1-2巻 新潮社, 1928-29
  • 『長篇三人全集』全25巻 新潮社, 1930
  • 『三上於莵吉全集』全12巻 平凡社, 1935-36

翻訳[編集]

映画化作品[編集]

  • 『日輪』伊藤大輔監督、1926年
  • 『日輪』村田実監督、1926年
  • 『百万両秘聞』1927年(原作『神文美少年録』)
  • 『雪之丞変化』三部作、衣笠貞之助監督、1935年、林長二郎
  • 『小判鮫』東宝 1948年(当初『雪之丞変化』の再映画化として企画されたが、GHQの検閲で仇討ものと見なされて、ストーリーの一部を変更して上映された[6]
  • 『雪之丞変化』東映、河野寿一監督、1953年、東千代之介
  • 『競艶雪之丞変化』新東宝、渡辺邦男監督、1957年、美空ひばり
  • 『雪之丞変化』東映、マキノ雅弘監督、1959年、大川橋蔵
  • 『雪之丞変化』大映、市川崑監督、1963年(長谷川一夫300本記念作)

[編集]

  1. ^ 猪俣勝人『日本映画名作全史 戦前篇』社会思想社 1974年
  2. ^ 和田芳恵『一つの文壇史』講談社 2008年(「漂泊の人、三上於菟吉」)
  3. ^ 高見順『昭和文学盛衰史』講談社 1965年
  4. ^ 平野謙『昭和文学史』筑摩書房 1962年
  5. ^ 尾崎秀樹『大衆文学五十年』講談社 1969年
  6. ^ 『時代小説盛衰史』

参考文献[編集]

  • 尾崎秀樹『殺しの美学』旺文社、1985年
  • 東雅夫石堂藍『日本幻想作家名鑑』幻想文学出版局、1991年
  • 『雪之丞変化』講談社(大衆文学館)、1995年(岩橋邦枝「絆の強い作家夫婦」、石井富士弥「人と作品」)
  • 大村彦次郎『東京の文人たち』筑摩書房、2009年
  • 大村彦次郎『時代小説盛衰史』筑摩書房、2012年