三上智恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
みかみ ちえ
三上 智恵
生誕 (1964-08-13) 1964年8月13日(56歳)
日本の旗 日本東京都
職業ジャーナリスト・映画監督
受賞第20回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞 草の根民主主義部門 大賞[1]
第7回城山三郎賞
第63回JCJ賞(日本ジャーナリスト会議)
みかみ ちえ
三上 智恵
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1964-08-13) 1964年8月13日(56歳)
最終学歴 成城大学文芸学部
職歴 毎日放送(1987年 - 1995年)
琉球朝日放送(1995年 - 2014年)
活動期間 1987年 -
ジャンル 報道番組情報番組
出演番組・活動
出演経歴MBSナウ」(MBSテレビ
Qプラス」(琉球朝日放送)他
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

三上 智恵(みかみ ちえ、1964年昭和39年〉8月13日 - )は、日本のジャーナリスト映画監督、ドキュメンタリー映像作家。毎日放送(MBS)ならびに琉球朝日放送 (QAB)の元 アナウンサー

フリーランスの映像作家として、「沖縄と戦争」をテーマにしたジャーナリズム活動(沖縄戦や米軍基地公害など)をライフワークとして展開している。

来歴・人物[編集]

東京都出身。千葉県立東葛飾高等学校成城大学文芸学部卒業後、1987年に毎日放送 (MBS) にアナウンサーとして入社。同期に同局アナウンサーの関岡香(旧姓・鈴江)がいる。入社以来数々のテレビ番組やラジオ番組に出演し、ラジオでは前任者の吉田智子に代わってクロージングのアナウンスを担当していた。阪神・淡路大震災が発生した当日にはMBSテレビのローカルで一番早く顔出しで速報を伝えたが、これはラジオニュースに備えてたまたま早朝勤務していたからであると毎日放送の阪神大震災回顧資料に載っている。

映画に造詣が深く、水野晶子とともに毎日放送深夜の映画情報番組『シネマチップス』でナビゲーターを務めていたこともある。しかしこの番組で、椎名誠の自作監督映画『白い馬』をMBSが協賛していたにも関わらず「この監督はモンゴルのことを分かっていない」と貶したことで、番組は打ち切りに追いやられた。この「シネマチップス事件」を1つのきっかけに、1995年の琉球朝日放送の設立とともに同局へ移籍した。移籍後は長年にわたりローカルニュースのキャスターを担当したほか、沖縄県の歴史・社会問題をテーマにドキュメンタリーの取材や制作にも携わっていた。2003年沖縄国際大学大学院修士課程修了[2]。2011年に放送ウーマン賞2010を受賞する[3]

2013年には、3月28日に古巣・MBSラジオの『With…夜はラジオと決めてます』内「ニュース深掘り」に電話で出演、8月9日の『報道するラジオ』では、「平和を考える~沖縄」と題した特集コーナーのゲストとして生出演も果たした。

朝日放送 (ABC) の『パネルクイズ アタック25』2000年3月26日放送分の25周年記念クイズ大会第4弾「系列局女子アナ大会」に宮城さつき(当時琉球朝日放送アナウンサー)とともに琉球朝日放送チームで参加し、21枚もの大量リードで優勝した。しかし、最後の名物VTR問題で「山本容子」を答えられず、優勝賞品の獲得を逃している。

2014年3月に琉球朝日放送を退職しフリーランスとして独立[2]。同年7月から『マガジン9』で連載を持つようになる[4]。 2015年に「戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)」、2017年に「標的の島 風(かじ)かたか」を制作した。新作の映像作品を関西圏の映画館で公開する場合に、MBSラジオの番組(主に同局アナウンサー時代の上司・伊東正治がパーソナリティを務める番組)へゲストで登場している。

2018年、元同僚でジャーナリストの大矢英代との共同監督作品『沖縄スパイ戦史[5]が、文化庁映画賞優秀賞、第92回キネマ旬報ベスト・テン文化映画部門1位など多数の賞を受賞した[6]

2020年、『証言 沖縄スパイ戦史』で第7回城山三郎賞受賞。

映画監督作品[編集]

  • 標的の村(2013年公開)テレビ版(46分)を91分に編集して劇場公開 

 【主な受賞歴】 山形国際ドキュメンタリー映画祭2013市民賞および日本映画監督協会賞受賞、キネマ旬報2013年文化映画ベストテン 第1位

  • 戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)(2015年公開)

 【主な受賞歴】 山形国際ドキュメンタリー映画祭2015 インターナショナルコンペティション部門 出品、キネマ旬報2015年文化映画ベストテン 第2位

 【主な受賞歴】 キネマ旬報ベスト・テン2019年文化映画ベストテン 第1位、第33回高崎映画祭 ホリゾント賞

アナウンサー時代の担当番組[編集]

毎日放送[編集]

琉球朝日放送[編集]

出演作品[編集]

  • ステーションQ (キャスター)
  • Qプラス (キャスター)
  • テレメンタリー
    • 狙われた海 〜沖縄・大浦湾 幻の軍港計画50年〜(2009年10月4日[7]、ディレクター・ナレーター)
    • 終戦65周年記念シリーズその4 英霊か 犬死にか 〜沖縄から問う靖国裁判(2010年9月、ディレクター)

ディレクター作品[編集]

  • 超古代文明は琉球弧にあった!?~沖縄海底遺跡の謎~(1998年・国際海洋映像祭入賞)
  • 今甦る!海に沈んだ文明~沖縄海底遺跡の謎2~(2000年・プログレス賞優秀賞)
  • 語る死者の水筒(200年・テレメンタリー年間優秀賞、日本民間放送連盟賞九州沖縄地区テレビ報道番組部門優秀賞)
  • 海に沈んだ太平洋巨石文明~沖縄海底遺跡の謎3~(2003年・プログレス賞優秀賞)
  • 検証 動かぬ基地 拡大版 ~沖国大ヘリ墜落事故から1か月~(2004年・ギャラクシー賞報道活動部門優秀賞)
  • 海にすわる~辺野古600日の闘い~(2006年・ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞、地方の時代賞審査員選奨、日本民間放送連盟賞九州沖縄地区テレビ報道番組部門優秀賞)
  • 人魚の棲む海~ジュゴンと生きる沖縄の人々~(2007年・テレメンタリークール賞)
  • サンゴが消える日(2009年・アースビジョン地球環境映像祭アースビジョン賞)
  • 1945~島は戦場だった オキナワ365日(2010年・ギャラクシー賞報道活動部門優秀賞、ANNものづくり大賞最優秀賞、プログレス賞優秀賞)
  • 英霊か犬死か~沖縄から問う靖国裁判~(2011年・メディアアンビシャス賞、ANNテレメンタリー年間優秀賞、石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞)
  • 標的の村~国に訴えられた沖縄・高江の住民たち~(2012年・テレメンタリー年間最優秀賞、ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞、第18回平和協同ジャーナリスト基金奨励賞、座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル大賞)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 第20回「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」贈呈式 受賞者挨拶 ―三上 智恵 氏 早稲田大学 2021年5月11日閲覧。
  2. ^ a b (井上志津 2020年6月15日)沖縄の「秘密戦」を記録=三上智恵 映画監督、ジャーナリスト/797 エコノミスト 毎日新聞2021年5月18日閲覧。
  3. ^ 放送ウーマン賞2010”. 2016年6月21日閲覧。
  4. ^ 三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記マガジン9』 2021年5月30日閲覧。
  5. ^ 大矢英代『沖縄「戦争マラリア」–強制疎開死3600人の真相に迫る』 あけび書房 2020年2月 134-136頁 ISBN 978-4-87154-166-4
  6. ^ (松本一弥 2019年5月18日)沖縄から米国へ ジャーナリスト大矢英代のこと 初監督作品のドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」で受賞 論座 朝日新聞 2021年5月31日閲覧。
  7. ^ 琉球朝日放送における放送日。その他の地域においても、沖縄とは放送日時に差異はあるものの放送されている。

(Web連載)