三上次男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
三上 次男
人物情報
生誕 (1907-03-31) 1907年3月31日
日本の旗 日本京都府宮津町
死没 1987年6月6日(1987-06-06)(80歳)
学問
研究分野 東洋学考古学
研究機関 東京大学
テンプレートを表示

三上 次男(みかみ つぎお、1907年明治40年)3月31日 - 1987年昭和62年)6月6日)は、日本東洋学者考古学者

来歴[編集]

北前船の運営に関わった元結屋の三上家の親族として京都府宮津町(現宮津市)生まれた。小学5年生まで宮津で過ごしたが、その後、家族と共に北海道へ移住した。専攻は東洋史(特に東北アジア史)・騎馬民族国家の研究や、東洋陶磁器史で著名。特に後者は東西交流の研究(海のシルクロード)での、新しい研究分野「陶磁貿易史」を開拓した。

1932年東京帝国大学(東京大学)文学部東洋史学科卒業[1]。東亜考古学会の留学生として戦前の中国で考古学の勉学に励んだ。1949年に東京大学教授。1967年に退官後は青山学院大学教授。東宮家(現:皇室)の、東洋史教師も務めた。世界史教科書の編纂にも多く関わった。また鎌倉アカデミアでも教え、さらに理事を務める出光美術館で週末に講義を行った。中近東文化センター(三笠宮崇仁親王の発案の下、出光佐三のバックアップでできた組織)理事長、日本考古学会会長などを歴任。

「陶磁の道」で、1969年毎日出版文化賞(第23回)、「金史研究」で、1974年日本学士院恩賜賞1986年日本学士院会員となった。1950年代以降は、エジプトなど地中海紅海地域や、イランなど西アジア中近東各国、日本各地で、陶磁研究での窯跡遺跡等の発掘調査を多く行った。なおこの方面での著作(生前刊行)は、図版解説が主であった。なお、墓所は、出光美術館初代館長の出光佐三(出光興産創業者)、鎌倉アカデミアの同僚の三枝博音(横浜市立大学学長)や高見順(作家)とともに、鎌倉の東慶寺にある。

単著[編集]

  • 陶磁の道 東西文明の接点をたずねて』 岩波新書青版、1969年、復刊1989年・2008年ほか
  • ペルシア陶器中央公論美術出版、1961年、改訂版「芸術選書」、1976年、1987年
  • 『春日抄 三上次男随筆集』 中央公論美術出版、1988年
  • 『三上次男著作集1 陶磁貿易史研究 上巻 東アジア・東南アジア篇』 中央公論美術出版、1987年
  • 『三上次男著作集2 陶磁貿易史研究 中巻 南アジア・西アジア篇』 同上、1988年
  • 『三上次男著作集3 陶磁貿易史研究 下巻 中近東篇』 同上、1988年
  • 『三上次男著作集4 中国陶磁史研究』 同上、1989年
  • 『三上次男著作集5 日本・朝鮮陶磁史研究』 同上、1989年
  • 『三上次男著作集6 イスラーム陶器史研究』 同上、1990年、別冊「三上次男著作目録」
  • 高句麗渤海吉川弘文館、1990年
  • 『東北アジア史研究1 満鮮原始墳墓の研究』 吉川弘文館、1961年、1977年
  • 『東北アジア史研究2 古代東北アジア史研究』 吉川弘文館、1966年、1977年
  • 『金史研究1 金代女真社会の研究』 中央公論美術出版、1970年
  • 『金史研究2 金代政治制度の研究』 同上、1971年
  • 『金史研究3 金代政治・社会の研究』 同上、1972年

共著・編著・図版解説[編集]

記念論集[編集]

  • 『東洋史・考古学論集 三上次男博士頌寿記念』 朋友書店、1979年
  • 『三上次男博士喜寿記念論文集 歴史編・考古編・陶磁編』平凡社、1985年8月。3分冊で刊行

回想・図版目録[編集]

  • 東方学回想 Ⅸ 先学を語る〈6〉』(刀水書房、2000年)。門下生達の座談での回想(年譜・書誌も併収)
  • 『遥かなる陶磁の道 三上次男中近東コレクション』 中近東文化センター、1997年。図版本
  • 『受贈三上次男コレクション図版目録』 出光美術館、2008年6月。理事であった、遺愛品368点の図版を収む

脚注[編集]