三並良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三並 良(みなみ はじめ、1865年11月20日慶応元年10月3日) - 1940年昭和15年)10月27日)は日本のドイツ哲学者、牧師である。

慶応元年(1865年)伊予国松山(現愛媛県松山市)の漢学者・歌原邁の子に生まれ、長じて母方の三並家を継ぐ。同郷の正岡子規の母の従弟であり、松山中学時代の子規が「五友」の一人に数えるなど交流があった。明治16年(1883年)に東京で獨逸学協会学校に入学する。ドイツ普及福音教会ウィルフリード・スピンナーの感化を受ける。明治20年(1887年)に新教神学校に入学する。卒業後、向軍治、丸山通一と共に普及福音教会を設立する。そして、教会の機関紙「真理」の編集に携わる。

明治24年(1891年)に壱岐坂教会の牧師になるが、その後普及福音協会を離れて、ユニテリアンに加わる。明治33年(1900年)に日本ゆにてりあん協会機関紙「六合雑誌」の編集長を務める。後に、ユニテリアンの牧師になり、日本ゆりてりあん協会の会長を務める。第一高等学校松山高等学校のドイツ語の教授も務めた。

大正8年(1919年)に日本ホーリネス教会中田重治無教会派内村鑑三が起こした再臨運動に対して、日本組合基督教会海老名弾正らと共に反対論を展開する。

1935年三並の呼びかけにより、普及福音協会創立50周年記念会が開催される。

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年