三中元克

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
三中さんなか 元克もとかつ
ニックネーム 三ちゃん
生年月日 (1990-07-24) 1990年7月24日(31歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市
血液型 A型
身長 168cm
言語 日本語
方言 共通語大阪弁
最終学歴 大阪府立今宮工科高等学校
出身 めちゃイケ新メンバー全国4大都市オーディション
コンビ名 dボタン(2015年 - 2018年)
スーパーヒーロー(2019年 - 2020年)
相方 臼杵寛(dボタン)
京佑(スーパーヒーロー)
芸風 漫才(ボケ)
事務所 吉本興業(2016年 - )
活動時期 2010年 -
過去の代表番組 めちゃ2イケてるッ!
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

三中 元克(さんなか もとかつ、1990年7月24日 - )は、日本お笑いタレント。愛称は三ちゃん吉本興業所属[注 1]NSC東京校20期と同期扱い。

経歴[編集]

2010年10月30日、フジテレビめちゃ2イケてるッ!』(以下、めちゃイケ)の新メンバー全国4大都市オーディションにて、唯一"一般素人"から新メンバーに選出される[1][注 2]。番組では『オファーシリーズ』で岡村隆史が着用している青ジャージのレプリカ、またはそれを模して自作したオリジナルの青ジャージで出演していた。

同年12月、『2011年フジテレビ新春キャンペーン』のイメージキャラクターに抜擢。

2013年9月、東名高速道路足柄サービスエリア(下り線)で行われた企画『めちゃイケサービスエリア』の総支配人に任命[2]。イベント期間中の1年間は足柄に住み込み、東京での収録以外は店舗に立っていた。

2014年10月、めちゃイケの新たな企画として、新崎人生率いるみちのくプロレスプロレスラーを目指すことになり、「テスト生」という形で合宿所に入寮。練習生になるためのテストへの合格を目指すことになったが、連日の過酷な練習に体が追いつかなくなった事や、急にプロレス企画に参加することになった事への不安・不満などをスタッフに吐露し、ついには募り積もったものが爆発してしまい、再テスト1週間前の夜に合宿所を去り帰京してしまった[3]。その後、ジャルジャルの説得により戻ることを決意し、もう逃げ出したりしない事を条件に復帰を認められた[4]

2015年1月、久々に道場に戻って練習を再開すると帰京してトレーニングを怠っていたことによる基礎体力の低下に苦しむも立ち直り、練習生の再テストに合格した。ところが、同年7月中旬にまたも合宿所から去ってしまう。精神状態が不安定になり、怖くて先に進めないなどの理由もあり、今度は周囲が幾ら説得を重ねても戻ることを頑なに拒否した[5]。企画はこのまま再開される事なく終了した。

元々お笑い芸人を目指していた三中は、芸能事務所への書類申請やオーディションへの参加など、プロ芸人への転向を模索していた。2015年末に高校時代の同級生である臼杵寛と共に『ワンハンドレッド』を結成。後日、2人のラッキーナンバーである「3」にちなんで、コンビ名を『サンプライズ』に改名する。

2016年2月19日、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属することが発表された[6]

同年2月27日の「めちゃ2イケてるッ! 真冬に汗をかきまくれ 国民投票だよ全員集合 全力の生スペシャル!!」にて、“プロの芸人”としてめちゃイケに残留するか否かを賭けた再オーディションを行うことが決定した[7]。当日の生放送ではサンプライズがネタを披露し、視聴者がデータ放送スマートフォンで投票し「合格」「不合格」のどちらかに投票できるという形式で行われた。約63万票の投票を集めた結果、合格票が過半数を満たせず不合格となり、三中のめちゃイケ卒業が決定した[8]。番組終了後、フジテレビのネット配信番組であるゼロテレビ『めちゃ2タメしてるッ!』にて残念会が開かれた。出川哲朗の助言もあり、コンビ名を正式に『dボタン』に改名する[9]

翌日の2月28日、相方の臼杵と共に、新崎人生からの依頼でみちのくプロレスでのイベントのMCを務めることになり[8]、これがプロの芸人としての初仕事となった。同年3月3日、dボタンとして『神保町花月新ユニット結成』概要発表会見に出席し、めちゃイケ卒業後初の漫才で新ネタを披露した[10]

2017年2月14日、劇団『三ランポリン4アター』を立ち上げ、舞台役者としての活動にも力を入れるようになる[11]

2018年1月4日、dボタンの解散が発表された[12]。三中は今後も芸人として活動を続けていく決意を示し、同年2月1日よりピン芸人としての活動名義を『dボタン三中』に変更する[3]

2019年9月1日、特撮芸人・京佑とお笑いコンビ『スーパーヒーロー』を結成[13]

2020年7月24日、スーパーヒーローの解散が発表された[14]。解散後は『三中元克』でピン芸人の活動を続ける。

人物[編集]

学生時代[編集]

  • 中学時代は「イジられキャラとして、クラス内でも人気者だった」と同級生が語っている[15]
  • 恋愛経験はなく、女性との縁もないという。興味がないわけではないが、三中の友人によればかなり奥手とのこと[15]

芸能活動[編集]

  • ナインティナイン岡村隆史のファンであり、岡村みたいになりたいと芸人を志した。
  • お金を貯めて吉本興業のお笑い養成所NSCに入学しようと考えていたが、岡村の体調不良による長期休養のため、新たなレギュラーメンバーを募集する全国オーディションを開催することが発表された際[16]、元からめちゃイケファンであった三中は「これは運命だ!」と思いオーディションに応募した[17]
  • オーディションでは、白紙を持って即興でめちゃイケに関する心の手紙を朗読する3次審査で、めちゃイケメンバーになるために上京してきたこと、番組にかける思いや岡村に対する思いを語り、メンバーの心を打った。
  • 加入当初は、芸能界に染まっていない『素人』らしく天然・純朴なイジられキャラであったが、芸能界での生活に慣れてくるにつれて、言動面での素行の悪化が散見され始めたことを岡村が自身のラジオ番組で語っている[18]。三中も番組卒業後に受けたインタビューで、ナンパ企画で一般女性に声をかける際に、タメ口で話しかけたことを岡村に怒られたことを語っている[17]
  • 芸人転身に際しては、濱口優鈴木紗理奈を中心としためちゃイケのレギュラーメンバー達や、かつて新メンバーオーディションで三中と共に最終選考まで残っていたダイノジの大地洋輔をはじめとする他の芸人達から、バラエティー番組から与えられた企画を放棄しておきながらお笑い芸人を志望している事や、本来“素人”としてメンバー入りしているにも関わらず“プロ”に転向しても引き続き番組に出演する気でいる事など、行動や考えに筋が通っていないとして、反発や異議[19][20]が殺到することになり、その結果、“プロの芸人”としてめちゃイケに残留するか否かを賭けて再オーディションに挑む事になった。

趣味・嗜好[編集]

  • 趣味は料理で、めちゃイケ収録のない日はフジテレビ内のレストラン「ラ・ポルト」(フジランドが運営)の厨房でアルバイトをしていた[21]。また、お台場合衆国2010の「めちゃイケアウトレットパーク」でもアルバイトをしていた。めちゃイケ卒業後は、番組制作陣の一人である鈴木おさむの経営する「ちゃんこ屋鈴木ちゃん」にアルバイト店員として入社し[22]、閉店するまで勤務を続けた[23]
めちゃイケフードコート内で販売されていた三中丼と三中汁。ご飯が青いのが特徴である。
  • フジテレビ『コンちゃんテンちゃん』の企画として、2012年12月15日から翌年1月6日まで開催された『お台場合衆国 presents キラキラ WINTER LAND』で出品するためのオリジナルメニュー「三中丼」(人体に害のない着色料を使った「青いご飯」にたこ焼きを載せた丼)を開発し、2012年12月1日の放送にて披露した。
  • 特撮オタクであり、特撮関係の仕事やイベントに度々出演している[24][25]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

過去の出演番組

バラエティ[編集]

ドラマ[編集]

舞台[編集]

劇団名が記されていないものは全て三ランポリン4アターのもの。

  • 竜馬を殺す(PU-PU-JUICE、2017年11月17日 - 11月25日)
  • 狂乱のSingたち(2018年2月17日・18日)演出:岸幸雄。出演者の1人にはEXIT兼近大樹がいた。
  • ハンムラビの箱庭(ZERO BEAT、2018年7月13日 - 7月22日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2016年に吉本に所属するまではフリーで活動していた。
  2. ^ 最終審査には、三中も含めて3人の一般素人参加者が残っていた。その中の一人である、当時ショップ店員だった香月亜耶乃は、オーディション後にワタナベエンターテインメントと契約し、福岡県を拠点に活動した。

出典[編集]

  1. ^ ナイナイ矢部、『めちゃイケ』新メンバー・三中さんは 「オカムランドリーム」 - ORICON NEWS 2010年10月31日
  2. ^ “三ちゃん”こと三中元克、東名・EXPASA足柄「めちゃイケSA」の総支配人に決定 - ORICON NEWS 2013年9月7日
  3. ^ a b 三中元克、『めちゃイケ』への感謝と後悔 ピン芸人として再出発誓う - ORICON NEWS 2018年2月3日
  4. ^ 《公式》みちのくプロレス - Twitter 2014年12月28日
  5. ^ めちゃイケは僕の「家族」だった 三中元克が「平成のお化け番組」で過ごした日々と今 - J-CASTニュース 2019年1月4日
  6. ^ めちゃイケ“三ちゃん”三中元克が同級生とコンビ結成 よしもと入り - ORICON NEWS 2016年2月19日
  7. ^ 三ちゃん、『めちゃイケ』卒業かけ生放送でネタ披露 視聴者がジャッジ - ORICON NEWS 2016年2月22日
  8. ^ a b “三ちゃん”三中元克『めちゃイケ』卒業 再オーディションで「不合格」 - ORICON NEWS 2016年2月27日
  9. ^ “三ちゃん”三中元克、不合格・めちゃイケ卒業に号泣 スタッフに抱きつく コンビ名はdボタンに改名<不合格残念会開催> - モデルプレス 2016年2月28日
  10. ^ 三ちゃん、新ネタで自虐連発 めちゃイケ卒業後の初漫才 - ORICON NEWS 2016年3月3日
  11. ^ 元めちゃイケのメンバー三中元克 吉本興業公認の劇団を立ち上げる - ライブドアニュース 2017年11月20日
  12. ^ 【解散 御報告】 - 臼杵寛 Twitter 2018年1月4日
  13. ^ 【御報告】 - 京佑 Twitter 2019年9月1日
  14. ^ 【ご報告】 - 京佑 Twitter 2020年7月24日
  15. ^ a b 「『めちゃイケ』新メンバー 三中(さんなか)くんは「彼女いない歴20年」だって」『FLASH2010年11月23日号(通巻1120号。同9日発売)』、光文社東京都、2010年11月、 pp.14、2010年11月28日閲覧。
  16. ^ 岡村が長期休養のピンチに『めちゃイケ』が新メンバーを募集! - ORICON NEWS 2010年9月2日
  17. ^ a b 『めちゃイケ』三ちゃんがクビ裏話激白!岡村隆史にも怒られ… ニュースウォーカー 2016年10月20日
  18. ^ ナイナイ・岡村、三中の裏の顔を明かす「根っこにある悪い部分がちらほら」 - サンケイスポーツ 2016年3月4日
  19. ^ 「めちゃイケ」で三中元克に非難集中 メンバーから「本能が避けてる」livedoor NEWS 2016年2月21日
  20. ^ “三中元克の芸人デビューにダイノジ・大地洋輔が喝「覚悟あるの?」”. livedoor NEWS. (2016年2月21日). http://news.livedoor.com/article/detail/11207467/ 
  21. ^ 2010年12月20日放送「SMAP×SMAP」のコーナー「BISTRO SMAP」ゲスト出演時の本人談。このときは勤務先までは明かされず、2011年6月18日の放送で岡村により語られた。
  22. ^ 三ちゃんが鈴木おさむのちゃんこ屋でバイト、元気そうな姿に反響。ナリナリドットコム 2016年6月9日
  23. ^ 「めちゃイケ」元メンバー・三中元克の今…都内ちゃんこ屋で呼び込み-2017年6月3日 13時30分 トピックニュース
  24. ^ 三中元克「特撮芸人」として再ブレイクを狙う? ニコ生でディープな知識を披露 - リアルライブ 2018年5月4日
  25. ^ 最終回目前『SSSS.GRIDMAN』愛が炸裂!ご本人も登場のイベントレポでBABY DAN DAN - いまトピ 2018年12月17日

関連項目[編集]