三勝寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三勝寺さんしょうじ
Sansyoji temple.jpg
所在地 広島県三次市三次町1157
位置 北緯34度48分58.2秒
東経132度50分48.1秒
座標: 北緯34度48分58.2秒 東経132度50分48.1秒
山号 吉祥山
宗旨 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 1532年 - 1555年天文年間)
開基 満誉
法人番号 3240005004787
三勝寺の位置(広島県内)
三勝寺
テンプレートを表示

三勝寺(さんしょうじ)は、広島県三次市にある浄土宗の寺。本尊は阿弥陀如来

由緒[編集]

天文年間(1532年 - 1555年)に、旗返城の城主、松尾長門守三勝が、満誉を開基として、一族の菩提寺として東酒屋村(現在の三次市内の東酒屋)に建立したのが始まりとされる。慶長年間(1596年 - 1615年)に、尾関山城城主尾関正勝が三次町に移転させ、さらに、寛永年間(1624年 - 1644年)に、三次藩初代藩主・浅野長治が現在の場所に移建させた[1]

文化財[編集]

交通[編集]

  1. 西日本旅客鉄道芸備線三次駅からバスで10分
  2. 中国自動車道三次インターチェンジから車で10分(国道375号線を経由)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 観光と旅編集『郷土資料事典34 広島県』人文社P113、1998年
  2. ^ 観光と旅編集『郷土資料事典34 広島県』人文社P114、1998年
  3. ^ 妙法寺(兵庫)の梵鐘と三勝寺(広島)の銅鐘

周辺情報[編集]

関連項目[編集]