三地域対抗試合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三地域対抗試合(さんちいきたいこうじあい)は、日本ラグビーフットボール協会が主催する、関東関西九州の各協会の代表が戦う、日本ラグビー大会。

概要[編集]

ラグビー関係者やファンの間では、三地域対抗ラグビー、または、三地域対抗という通称で言われることが多い。

1947年、九州ラグビーフットボール協会が、西部ラグビー蹴球協会(後の関西ラグビーフットボール協会)より分離独立したのをきっかけに開始された。

日本ラグビーフットボール選手権大会(ラグビー日本選手権)開始以前及び、同大会が1月15日に開催が固定されていた時代には、概ね2月中旬から3月上旬の開催だったが、同大会の日程終了が概ね2月下旬となってからは、3月中旬から下旬にかけて行なわれている。なお、一部の年度で、同大会の前座試合として行なわれたこともあった。

代表選手は、各協会に登録されている選手の中から選出される。したがって、例えば、関東地区の大学に所属しているが、ラグビー選手としては九州協会登録ということであれば、九州代表の選手ということになる。ジャージは、各協会のエンブレムを基調としたデザインが施されたものを着用する。

試合会場については、例えば、西暦奇数年度については、関西VS関東であれば関西、関東VS九州であれば関東、九州VS関西であれば九州の各協会が指定する会場で試合を行なうことが通例となっており、西暦偶数年度であれば、会場はその逆となる。

また当大会は、ラグビー日本代表のセレクションマッチの一環としても行なわれており、日本代表を目指す選手にとってみれば、当大会は格好のアピールの場となる。

ラグビー日本選手権が行なわれる前までは、当大会は日本ラグビー界におけるオールスター戦という意味合いを持ち、NHKテレビで試合が中継されたこともある[1]

歴代記録[編集]

回数 試合日 スコア グラウンド
1 1948年3月21日 九州24-6関西 春日原運動場
1948年3月28日 関西24-18関東 西宮球技場
1948年4月4日 関東23-9九州 東京ラグビー場
2 1949年3月20日 関東16-6関西 東京ラグビー場
1949年3月27日 関西17-8九州 西宮球技場
1949年4月3日 九州35-3関東 平和台競技場
3 1950年2月12日 九州17-13関西 平和台競技場
1950年2月19日 関西30-14関東 花園ラグビー場
1950年2月26日 関東18-16九州 東京ラグビー場
4 1951年2月11日 関東59-14関西 東京ラグビー場
1951年2月18日 関西22-12九州 花園ラグビー場
1951年2月25日 関東24-5九州 平和台競技場
5 1952年2月10日 九州48-13関西 平和台競技場
1952年2月17日 関西14-11関東 花園ラグビー場
1952年2月24日 関東14-11九州 東京ラグビー場
6 1953年1月25日 九州20-13関東 平和台競技場
1953年2月1日 九州29-17関西 花園ラグビー場
1953年2月8日 関東37-0関西 東京ラグビー場
7 1954年2月28日 関西29-3九州 平和台競技場
1954年3月7日 関西23-17関東 花園ラグビー場
1954年3月14日 関東44-6九州 秩父宮ラグビー場
8 1955年3月6日 関東24-16九州 平和台競技場
1955年3月13日 関西22-14九州 花園ラグビー場
1955年3月20日 関東46-0関西 秩父宮ラグビー場
9 1956年1月29日 九州43-3関西 平和台競技場
1956年2月5日 関西20-12関東 花園ラグビー場
1956年2月12日 関東26-5九州 秩父宮ラグビー場
10 1957年3月3日 九州18-17関東 平和台競技場
1957年3月10日 関西31-0九州 花園ラグビー場
1957年3月17日 関東21-0関西 秩父宮ラグビー場
11 1958年1月26日 九州15-12関西 平和台競技場
1958年2月2日 関東22-15関西 花園ラグビー場
1958年2月9日 関東25-11九州 秩父宮ラグビー場
12 1959年2月15日 関東13-11九州 平和台競技場
1959年2月22日 関東19-13関西 秩父宮ラグビー場
1959年3月1日 関西19-0九州 花園ラグビー場
13 1960年2月28日 九州13-3関西 北九州鞘ヶ谷
1960年3月6日 関東22-19関西 花園ラグビー場
1960年3月13日 関東24-19九州 秩父宮ラグビー場
14 1961年2月26日 関東21-16九州 平和台競技場
1961年3月5日 関西13-13九州 花園ラグビー場
1961年3月12日 関東28-11関西 秩父宮ラグビー場
15 1962年3月11日 九州14-8関西 平和台競技場
1962年3月18日 関東16-5関西 花園ラグビー場
1962年3月25日 関東25-6九州 秩父宮ラグビー場
16 1963年3月10日 関東18-16九州 平和台競技場
1963年3月17日 九州18-6関西 花園ラグビー場
1963年3月24日 関東28-11関西 秩父宮ラグビー場
17 1964年4月12日 九州42-17関東 平和台競技場
1964年4月19日 関西75-19九州 花園ラグビー場
1964年4月26日 関東23-17関西 秩父宮ラグビー場
18 1965年3月14日 九州29-17関東 平和台競技場
1965年3月21日 関西23-8九州 花園ラグビー場
1965年3月28日 関東14-11関西 秩父宮ラグビー場
19 1966年3月13日 関西35-6九州 平和台競技場
1966年3月20日 関西20-8関東 花園ラグビー場
1966年3月27日 九州23-21関東 秩父宮ラグビー場
20 1967年4月9日 関西48-17関東 秩父宮ラグビー場
1967年4月16日 関東40-20九州 平和台競技場
1967年4月23日 関西37-8九州 瑞穂ラグビー場
21 1968年3月10日 関西61-19九州 平和台競技場
1968年3月17日 関東53-9九州 秩父宮ラグビー場
1968年3月24日 関西59-8関東 花園ラグビー場
以降1978年度まで中断、以降の試合日変更
22 1979年2月11日 関東35-4九州 秩父宮ラグビー場
1979年2月18日 関西19-13九州 花園ラグビー場
1979年3月4日 関東9-6関西 秩父宮ラグビー場
23 1980年2月17日 関東20-17九州 宮崎総合
1980年2月24日 関東41-13関西 花園ラグビー場
1980年3月2日 九州32-19関西 北九州鞘ヶ谷
以降1984年度まで中断
24 1985年2月17日 関西24-21九州 福岡春日
1985年2月24日 関東43-19関西 花園ラグビー場
1985年3月3日 関東29-3九州 秩父宮ラグビー場
25 1986年2月16日 関西25-13九州 皇子山陸上
1986年2月23日 関西19-15関東 秩父宮ラグビー場
1986年3月2日 関東16-16九州 北九州三萩野
26 1987年2月15日 関西49-6九州 熊本水前寺
1987年2月22日 関東28-16九州 長崎諫早
1987年3月1日 関西42-24関東 神戸中央
27 1988年2月21日 関東64-9九州 久留米陸上
1988年2月28日 関西30-19関東 花園ラグビー場
1988年3月13日 関西38-20九州 大分陸上
28 1989年2月19日 関東50-28九州 佐賀陸上
1989年2月26日 関西28-20関東 秩父宮ラグビー場
1989年3月12日 関西31-12九州 花園ラグビー場
29 1990年2月25日 関西29-12九州 鹿児島鴨池
1990年3月11日 関東37-32関西 花園ラグビー場
1990年3月18日 関東28-15九州 秩父宮ラグビー場
30 1991年2月24日 関東45-25九州 延岡西階
1991年3月10日 関東44-28関西 秩父宮ラグビー場
1991年3月17日 関西49-16九州 神戸ユニバー
31 1992年2月29日 関東47-28九州 秩父宮ラグビー場
1992年3月8日 関東51-23関西 瑞穂ラグビー場
1992年3月15日 関西44-25九州 佐世保陸上
32 1993年2月21日 関西54-25九州 花園ラグビー場
1993年2月28日 関東42-25九州 那覇奥武山
1993年3月7日 関西52-39関東 秩父宮ラグビー場
33 1994年2月27日 関西32-25九州 北九州本城
1994年3月6日 関西28-24関東 花園ラグビー場
1994年3月13日 九州45-11関東 宮崎総合
34 1995年2月26日 関西54-17九州 花園ラグビー場
1995年3月5日 関西63-38関東 秩父宮ラグビー場
1995年3月12日 関東74-7九州 熊本水前寺
35 1996年2月25日 九州28-15関西 大分陸上
1996年3月3日 関西42-24関東 花園ラグビー場
1996年3月17日 九州32-10関東 秩父宮ラグビー場
36 1997年2月23日 関西92-5九州 花園ラグビー場
1997年3月2日 関東62-36関西 秩父宮ラグビー場
1997年3月9日 関東93-14九州 鳥栖スタジアム
37 1998年2月15日 関東42-24九州 秩父宮ラグビー場
1998年2月22日 関西41-12九州 鹿児島鴨池
1998年3月1日 関東36-30関西 花園ラグビー場
38 1999年3月14日 関東40-26関西 秩父宮ラグビー場
1999年3月21日 九州33-28関西 花園ラグビー場
1999年3月28日 関東68-26九州 宮崎総合
39 2000年3月5日 関西21-12関東 花園ラグビー場
2000年3月12日 関西68-31九州 沖縄総合
2000年3月19日 関東94-14九州 秩父宮ラグビー場
40 2001年3月4日 関西26-26関東 秩父宮ラグビー場
2001年3月11日 関西59-19九州 花園ラグビー場
2001年3月18日 関東99-26九州 熊本八代
41 2002年3月3日 関東52-48関西 花園ラグビー場
2002年3月10日 関西61-12九州 長崎諫早
2002年3月17日 関東83-31九州 秩父宮ラグビー場
42 2003年3月2日 関西50-17九州 花園ラグビー場
2003年3月9日 関西36-33関東 秩父宮ラグビー場
2003年3月16日 九州19-17関東 博多の森
43 2004年2月28日 関東71-31九州 アミノバイタル
2004年3月7日 九州49-21関西 佐賀陸上
2004年3月13日 関東57-31関西 花園ラグビー場
44 2005年2月19日 九州29-19関西 花園ラグビー場
2005年2月27日 関東71-15関西 秩父宮ラグビー場
2005年3月6日 関東40-22九州 大分陸上
45 2006年2月19日 関西31-5関東 花園ラグビー場
2006年2月26日 九州61-7関東 秩父宮ラグビー場
2006年3月5日 関西64-5九州 鹿児島鴨池
46 2007年2月18日 関西28-24九州 花園ラグビー場
2007年2月25日 関東42-19九州 熊本水前寺
2007年3月4日 関東35-26関西 秩父宮ラグビー場
47 2008年3月2日 関西109-12九州 宮崎総合
2008年3月8日 関東46-38関西 花園ラグビー場
2008年3月15日 関東55-19九州 江戸川陸上
48 2009年3月14日 関東48-7九州 長崎諫早
2009年3月22日 関東41-19関西 熊谷ラグビー場
2009年3月29日 関西67-33九州 花園ラグビー場
49 2010年3月14日 関東26-15関西 花園ラグビー場
2010年3月21日 関西60-12九州 福岡レベスタ
2010年3月28日 関東34-10九州 秩父宮ラグビー場
50 2011年3月11日の東日本大震災により中止

歴代優勝チーム[編集]

年度 チーム
1 1948 三すくみ
2 1949 三すくみ
3 1950 三すくみ
4 1951 関東
5 1952 三すくみ
6 1953 九州
7 1954 関西
8 1955 関東
9 1956 三すくみ
10 1957 三すくみ
11 1958 関東
12 1959 関東
13 1960 関東
14 1961 関東
15 1962 関東
16 1963 関東
17 1964 三すくみ
18 1965 三すくみ
19 1966 関西
20 1967 関西
21 1968 関西
22 1979 関東
23 1980 関東
24 1985 関東
25 1986 関西
26 1987 関西
27 1988 関西
28 1989 関西
29 1990 関東
30 1991 関東
31 1992 関東
32 1993 関西
33 1994 関西
34 1995 関西
35 1996 九州
36 1997 関東
37 1998 関東
38 1999 関東
39 2000 関西
40 2001 関東関西引き分け
41 2002 関東
42 2003 関西
43 2004 関東
44 2005 関東
45 2006 関西
46 2007 関東
47 2008 関東
48 2009 関東
49 2010 関東
50 2011 東日本大震災により中止

脚注[編集]

  1. ^ 週刊新潮1956年2月19日号(創刊号)に、秩父宮ラグビー場で行なわれる、関東代表 VS 九州代表の試合がNHKテレビで中継される旨の告知があった。

参考文献[編集]

  • 日比野弘の日本ラグビー全史 310-313ページ