三好康児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三好 康児 Football pictogram.svg
名前
愛称 ミヨッシ
カタカナ ミヨシ コウジ
ラテン文字 MIYOSHI Koji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-03-26) 1997年3月26日(22歳)
出身地 神奈川県川崎市多摩区
身長 167cm
体重 61kg
選手情報
在籍チーム ベルギーの旗 ロイヤル・アントワープFC
ポジション MF
背番号 19
利き足 左足
ユース
2003-2006
2007-2008
2009-2011
2012-2014
中野島FC (中野島小)
川崎フロンターレU-12 (中野島小)
川崎フロンターレU-15 (中野島中)
川崎フロンターレU-18 (新城高)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015- 日本の旗川崎フロンターレ 31 (5)
2015 日本の旗Jリーグ・アンダー22選抜 8 (1)
2018 日本の旗北海道コンサドーレ札幌 (loan) 26 (3)
2019 日本の旗横浜F・マリノス (loan) 19 (3)
2019- ベルギーの旗ロイヤル・アントワープFC (loan)
代表歴2
2019-  日本 3 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年8月17日現在。
2. 2019年6月25日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

三好 康児(みよし こうじ、1997年3月26日 - )は、神奈川県川崎市多摩区出身のプロサッカー選手ジュピラー・プロ・リーグロイヤル・アントワープFC所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

兄の影響で小学校1年の時にサッカーを始めた[1]2007年、小学校5年から川崎フロンターレの下部組織に所属[2]。中学校2年時には飛び級で、U-18のチームでプレーした[1]2014年8月、2015年シーズンからのトップチーム昇格内定が発表された[2]。2014年9月、トップチームに2種登録選手として選手登録[3]

川崎フロンターレ[編集]

2015年、川崎フロンターレのトップチームに板倉滉とともに昇格。2015年4月4日のJ1リーグ1stステージ第4節アルビレックス新潟戦において、後半ロスタイムに途中交代で出場し、プロ初出場を果たした。2016年7月2日のJ1リーグ2ndステージ第1節ベガルタ仙台戦において、途中出場の後半42分にJ1初得点を挙げるなど、2ndステージだけで4得点を挙げた。

2017年、新体制発表会で昨年まで所属していた大久保嘉人が付けていた背番号13に背番号を変更した事が発表された。10月8日、ルヴァンカップ準決勝2ndレグのベガルタ仙台戦では2得点を決めて決勝進出に貢献した[4]

北海道コンサドーレ札幌[編集]

2018年より北海道コンサドーレ札幌に期限付き移籍で加入[5]。4月14日、第8節の柏レイソル戦では2アシストの活躍で勝利に貢献した[6]。9月29日、第28節のサガン鳥栖戦で移籍後初ゴールを決めた[7]

横浜F・マリノス[編集]

2019年より横浜F・マリノスに期限付き移籍で加入[8]。2月23日、開幕戦のガンバ大阪戦で移籍後初得点を決めて勝利に貢献した[9]。5月18日、第12節のヴィッセル神戸戦ではスタメンから外れたが、途中出場から2得点の活躍を見せた[10]。8月15日、海外移籍を前提に横浜との契約を解除することが発表された。[11]

ロイヤル・アントワープFC[編集]

2019年8月20日、ベルギー1部のロイヤル・アントワープFCに期限付きで移籍することが発表された。[12]9月15日、第7節のアンデルレヒト戦で途中出場から移籍後初ゴールを決めた。[13]

日本代表[編集]

2011年より各年代別の日本代表に選出され、2013年には2013 FIFA U-17ワールドカップのメンバー入りを果たした[14]。U-17W杯では3試合に先発出場し、チームの16強入りに貢献した。2016年にはAFC U-19選手権の代表に選出された。

2019年5月24日、コパ・アメリカに臨む東京五輪世代中心で構成された日本代表に初選出された[15][16]。6月18日、コパ・アメリカ初戦のチリ戦で途中出場し、日本代表デビューを果たした[17]。6月21日、コパ・アメリカ第2戦のウルグアイ戦で先発出場し、日本代表初ゴールを含む2得点を決め、公式のMOMにも選ばれた[18]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 川崎 26 J1 3 0 2 0 0 0 5 0
2016 15 4 4 0 5 0 24 4
2017 13 13 1 2 2 1 0 16 3
2018 札幌 41 26 3 0 0 2 1 28 4
2019 横浜FM 19 3 4 0 2 0 25 3
ベルギー リーグ戦 リーグ杯ベルギー杯 期間通算
2019-20 ロイヤル・アントワープ 19 ジュピラー -
通算 日本 J1 76 11 12 2 10 1 98 14
ベルギー ジュピラー -
総通算 76 11 12 2 10 1 98 14
  • 2014年は2種登録選手としての出場はなし。
その他の公式戦
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2015 J-22 - J3 8 1 8 1
通算 日本 J3 8 1 8 1
総通算 8 1 8 1
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2017 川崎 13 4 0
通算 AFC 4 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

川崎フロンターレU-18
川崎フロンターレ

代表[編集]

U-16日本代表
U-19日本代表

個人[編集]

  • TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD:2回(2017年、2018年)

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 3試合 2得点(2019年 - )


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2019 3 2
通算 3 2

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2019年6月21日 ポルトアレグレアレーナ・ド・グレミオ ウルグアイの旗 ウルグアイ △2-2 コパ・アメリカ2019
2.

脚注[編集]

  1. ^ a b 川崎フロンターレU―18に所属し、サッカーU-16アジア選手権日本代表として準優勝に輝いた 三好 康児さんタウンニュース、2012年10月26日
  2. ^ a b 三好康児選手加入内定のお知らせ KAWASAKI FRONTALE、2014年8月9日
  3. ^ 三好康児選手トップチーム登録のお知らせ KAWASAKI FRONTALE、2014年9月19日
  4. ^ 先発起用の三好がチーム救う2発!川崎Fが2戦合計5-4で仙台を破り8年ぶり決勝進出ゲキサカ(2017年10月8日)
  5. ^ 川崎フロンターレ 三好 康児選手 期限付き移籍加入のお知らコンサドーレ札幌(2017年12月26日)
  6. ^ 札幌、3連勝達成。2アシストの三好康児「今年はクロスからヘディングの得点が多い」フットボールチャンネル(2018年4月14日)
  7. ^ 札幌が後半ATの都倉PK弾で暫定3位!!鳥栖はトーレス起点に一時追いつくも及ばずゲキサカ(2018年9月29日)
  8. ^ 三好康児選手 期限付き移籍加入のお知らせ横浜F・マリノス(2018年12月28日)
  9. ^ 東京五輪世代の横浜三好 開幕白星導いた強烈ミドル日刊スポーツ(2019年2月23日)
  10. ^ 初のA代表入りへアピール成功! 三好康児、途中出場から「試合を決定付ける」2得点サッカーキング(2019年5月18日)
  11. ^ 横浜と川崎が三好康児との契約解除を同時発表。「欧州に挑戦したいという気持ちを…」サッカーダイジェスト(2019年8月15日)2019年8月17日閲覧。
  12. ^ 「彼の成功を皆が期待している!」日本代表MF三好康児、古豪アントワープへ1年間の期限付き移籍が決定!サッカーダイジェスト(2019年8月20日)2019年8月20日閲覧。
  13. ^ 三好康児が鮮烈デビュー!!途中出場からの決勝弾でアントワープを勝利に導くゲキサカ(2019年9月15日)2019年9月16日閲覧。
  14. ^ FIFAU-17ワールドカップ UAE2013(2013.10.17~11.08) 招集メンバー公益財団法人日本サッカー協会
  15. ^ 若手メンバーで臨むコパ・アメリカで森保一監督が掲げた目標は?ベテラン岡崎、川島らの招集にも言及”. サッカーダイジェスト. 日本スポーツ企画出版社 (2019年5月24日). 2019年5月25日閲覧。
  16. ^ コパ・アメリカの代表メンバーに久保建英、中島翔哉らを選出!A代表初招集は安部裕葵ら13名!”. サッカーダイジェスト. 日本スポーツ企画出版社 (2019年5月24日). 2019年5月25日閲覧。
  17. ^ 久保初先発に8選手がデビューの日本、チリに4発完敗で黒星スタートゲキサカ 2019年6月18日
  18. ^ 海外メディアも三好康児にMOM選出など最高評価。「日本に夢を見させた」【コパ・アメリカ】フットボールチャンネル 2019年6月21日

関連項目[編集]