三好愛吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三好愛吉(中村唯一編「物外三好愛吉先生」(三好愛吉先生弔慰會、1931年より)
三好愛吉

三好 愛吉(みよし あいきち、1871年2月12日明治3年12月23日) - 1919年大正8年)2月11日)は、日本の教育者、元第二高等学校校長、元皇子傅育官長。

略歴[編集]

1871年2月12日(明治3年12月23日)に、村上(現新潟県村上市)に、村上藩士・三好義雄の次男として生まれる。村上中学に学び、1891年(明治24年)第一高等学校卒業、1895年(明治28年)東京帝国大学(現東京大学)哲学科を卒業する。

その後、京都真宗大学教授、新発田尋常中学校長を務め、また長野尋常中学(現長野県長野高等学校)を創設、初代校長となる。暖房費を節約して「神聖なるピアノ」を購入などのエピソードを残す。1900年(明治33年)、仙台の第二高等学校(現東北大学教養課程の前身)教授、のちに第5代校長となり、同校の「雄大剛健」の校風を樹立した。1904年(明治37年)、大須賀次郎、瀧川亀太郎玉虫一郎一とともに仙台孔子会を設立する。宮澤賢治が1899年(賢治25歳)より大沢温泉(花巻近くの湯治場)で開いていた夏期仏教講習会でも、実践倫理として三好が1902年に講師を務めている。

1915年(大正4年)(46歳)、「皇子傅育(ふいく)官長」に任命され、秩父宮雍仁親王高松宮宣仁親王の傅育に尽力した。イギリスイートン校ハーロー校のような教育をもって皇子教育にあたろうとしたが、志半ばにして1919年(大正8年)、当時世界的に流行したインフルエンザ(いわゆるスペイン風邪)のため50歳にて急逝し、村上市内の宝光寺に埋葬された。

仏教の上では森田悟由(曹洞宗の僧、永平寺六十四世)らに師事した。また、東京帝国大学に印度哲学講座を創設(1917年(大正6年))するため、安田善次郎に講座創設費の寄付を薦め、寄与した。印度哲学講座の実現により、村上専精(夏期仏教講習会でも講師を務めた)が初代教授に就任した(東京大学百年史、第二編第三章参照)。三好はさらに村上専精等と作った「六人會」として、東京大学に講堂を寄付するよう安田に進言した。これにより安田講堂が生まれた(安田が暗殺された翌1922年(大正11年)着工、1925年(大正14年)竣工)。ちなみに、渋沢栄一は安田が暗殺された後「彼(安田)のあれほどの力と資財を国家に用いていたなら」と惜しんだと伝えられるが、講堂や印哲を通じて彼の寄付は歴史に残ったことになる。

三好愛吉については、中村唯一編「物外三好愛吉先生」(三好愛吉先生弔慰會、1931年)という書物が刊行されているほか、教育者としての解説は、例えば唐澤富太郎(編著)「図説教育人物事典」(ぎょうせい、1984年)を参照。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第8257号、「叙任及辞令」1910年12月28日。