三宅なほみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三宅なほみ(みやけ なほみ、1949年6月8日[1] - 2015年5月29日[2])は日本認知科学者。夫は中京大学放送大学教授の三宅芳雄。

東京都出身。旧姓・谷本(たにもと)。1972年お茶の水女子大学文教育学部卒。1974年東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。1982年カリフォルニア大学サンディエゴ校心理学科博士課程修了、Ph.D.1984年青山学院女子短期大学一般教育科目助教授、1991年、中京大学情報科学部教授、2008年東京大学教育学研究科教授、2013年、同「大学総合教育研究センター」教授・「大学発教育支援コンソーシアム推進機構」(CoREF)副機構長[3][4]。2014年定年・特任教授。2005-2006年日本認知科学会会長。2015年、癌により逝去[5]

専攻は認知科学学習科学。研究テーマは協調的認知過程、テクノロジによる知的創造活動支援。

著書[編集]

  • 『インターネットの子どもたち』 - 1997 岩波書店「今ここに生きる子ども」シリーズ ISBN 978-4-00-026058-9 [6]

共編著[編集]

  • 『Logoハンドブック ことばあそびとリスト処理』 - 1984 CBSソニー出版(共著)ISBN 978-4-78-970133-4
  • 『教室にマイコンをもちこむ前に』 - 1985 新曜社(編)ASIN B000J6TOXE
  • 『対談 教育とコンピュータ 新しい学びの創造をめざして』 - 1987 新曜社(編)
  • 『電脳教育論 対談=斎藤次郎vs三宅なほみ・森毅vs三宅なほみ』 - 1987 日本ソフトバンク出版事業部斎藤次郎森毅 共著)ISBN 978-49-3-079573-1
  • 『』 - 2004 玉川大学出版部「大学授業を活性化する方法(高等教育シリーズ)」(杉江修治・関田一彦・安永悟 共編著)ISBN 978-44-7-240300-2
  • 『学習科学とテクノロジ』 - 2003 放送大学教育振興会(白水始 共編著)ISBN 978-45-9-523618-1
  • 『認知科学への招待 2』 - 2006 研究社大津由紀雄波多野誼余夫 共編著)ISBN 978-43-2-737812-7
  • 『教育心理学概論』(新訂) - 2014 放送大学教育振興会(三宅芳雄 共著)ISBN 978-45-9-531464-3

翻訳[編集]

  • 『21世紀型スキル 学びと評価の新たなかたち』(P.グリフィン・B.マクゴー・E.ケア編) - 2014 北大路書房(監訳、益川弘如・望月俊男 翻訳)ISBN 978-47-6-282857-7

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 東大特任教授・三宅なほみさん死去 協調学習を提唱 朝日新聞 2015年6月2日
  3. ^ 『教育心理学概論』著者紹介
  4. ^ 東京大学大学院教育研究科 三宅なほみ研究室 プロフィール
  5. ^ 追悼 三宅なほみ氏日本認知科学会
  6. ^ 三宅なほみ研究室(東京大学 大学総合教育研究センター)による電子化