三宅やす子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三宅 やす子(みやけ やすこ、1890年3月15日 - 1932年1月18日)は、日本の作家、評論家。

京都市生まれ。京都師範学校校長・加藤正矩の娘で、加藤弘之の姪に当たる。本名・安子、旧姓・加藤。お茶の水高等女学校卒業。夏目漱石小宮豊隆に師事し、昆虫学者三宅恒方と結婚。1921年夫が死去すると文筆活動に入り、23年雑誌『ウーマン・カレント』を創刊した。娘の三宅艶子も作家。宇野千代と親しかった。 昭和4年1月11日、当時東京で強盗を繰り返した説教強盗に自宅へと侵入され、金銭を奪われている。

著書[編集]

  • 心のあと 実業之日本社 1921
  • 家事覚書主婦より 実業之日本社 1922
  • 露草 金星堂 1922
  • 未亡人論 文化生活研究会 1923
  • 母子童話集 三宅安子、三宅艶子共著 実業之日本社 1923
  • 生活革新の機来る 新作社 1923
  • 我子の性教育 文化生活研究会 1924
  • 八つの泉(編)災害救済婦人団 1924
  • 婦人の立場から アルス 1924
  • 私達の問題 アルス 1924
  • 或る夫人の手紙 短篇集 アルス 1926
  • 奔流 長篇小説 改造社 1926
  • 愛し得ぬ悲しみ 感想小品集 アルス 1926.7
  • 愛の讃美 教文社 1928
  • 午前九時 実業之日本社 1928
  • 沖の太陽 宝文館 1928
  • 金 先進社 1930
  • 真実に歩む 教文社 1930
  • 新選三宅やす子集 改造社 1930
  • 燃ゆる花びら 新潮社 1930 (新潮社長篇文庫)
  • 令嬢学 宝文館 1931 (新女性叢書)
  • 朗らかな人生 教文社 1932
  • 三宅やす子全集 全5巻 中央公論社 1932 のち本の友社から復刊
  • 偽れる未亡人 新潮社 1933 (新潮文庫)

復刊

  • 未亡人論 不二出版 1986 (叢書『青鞜』の女たち)
  • 我子の性教育 性教育研究基本文献集第6巻 大空社 1990.12
  • 婦人の立場から 大空社 1996 (叢書女性論)
  • 生活革新の機来る 大空社 1997 (近代女性文献資料叢書)
  • 母の教育 クレス出版 1997 (「子どもと家庭」文献叢書)