三宅島近海群発地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三宅島近海群発地震
三宅島近海群発地震の位置(日本内)
三宅島近海群発地震
規模が最大の地震(M6.2)の震央
本震
発生日 2013年4月17日10時15分頃(JST)〜2013年4月18日
震央 三宅島近海
震源の深さ 20 km
規模    マグニチュード (M)6.2
最大震度    震度5強:三宅村
津波 7cm(三宅島坪田)
地震の種類 海洋プレート内地震(横ずれ断層), 群発地震
地すべり あり
被害
死傷者数 死者: 0人
負傷者: 3人[1]
被害地域 三宅島
注:最大規模の地震による。
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

三宅島近海群発地震(みやけじまきんかいぐんぱつじしん)とは、2013年4月17日10時15分頃 (JST) から4月18日にかけて東京都三宅島の西方約10kmの地点で発生した群発地震である。最大規模の地震は4月17日17時57分頃に発生したMj6.2、Mw5.7[2][3]

概要[編集]

2013年4月17日10時15分頃、三宅島近海の北緯34.1度、東経139.3度の深さ16kmでMj4.4、最大震度3の地震が発生した。その後、震央の近傍で地震が連続して発生し、同日17時57分頃にはMj6.2の規模の地震が発生、三宅村役場臨時庁舎で最大震度5強を記録した。この地震に対し、地震検知から43.1秒後の17時58分15.2秒に緊急地震速報が発表された[4][5]。また、伊豆諸島静岡県にの沿岸に津波予報(若干の海面変動)を発表し、三宅島で6cmから7cmの津波が観測された[6]

気象庁は最大震度5強の地震を受けて、地震の影響で地盤が脆弱になっている可能性を考慮し、当分の間、三宅村の大雨警報・注意報および土砂災害警戒情報を通常基準の8割に引き下げると発表した[7][8]

最大規模の地震における震度4以上の地域[2]
震度 都道府県 市区町村
5強 東京都 三宅村役場臨時庁舎
5弱 東京都 三宅村神着
4 東京都 神津島村 新島村 御蔵島村

有感地震は4月17日から4月18日までに49回観測された。その後も何度か震度1を観測する地震があり、有感地震は4月30日までに53回観測された。有感地震は17日にほぼ集中したが、無感地震は活発な状態が続いた[9]

最初の地震から24時間以内の有感地震の一覧[6]
日時 (JST) 規模
(Mj)
最大
震度
6時間ごと
の回数
17日 10:15 4.4 3 13回
10:16 3.3 2
11:13 4.6 3
11:16 4.6 3
11:54 2.9 1
12:01 3.0 1
12:12 3.8 2
12:22 4.6 3
12:23 4.0 3
12:29 3.2 1
12:36 2.7 1
14:29 2.9 2
14:32 3.4 2
16:52 2.7 1 27回
17:55 4.5 2
17:57 6.2 5強
17:59 4.3 3
18:00 3.6 1
18:01 3.9 2
18:05 3.2 1
18:06 3.4 2
18:06 3.5 3
18:08 2.7 1
18:13 3.6 2
18:14 3.1 1
18:15 2.9 1
18:24 2.2 1
18:36 3.2 1
18:56 2.5 1
19:00 2.7 1
19:25 3.0 1
19:47 3.3 1
19:55 3.0 1
20:13 2.6 1
20:27 2.7 1
20:33 3.2 2
21:10 3.1 1
21:20 2.7 1
22:10 2.3 1
22:12 3.5 2
22:21 2.1 1 5回
23:16 2.5 1
23:17 3.8 2
23:47 2.9 1
18日 00:22 3.0 1
05:46 2.6 1 1回

被害[編集]

最大震度5強の地震で三宅村において複数箇所の土砂崩れが発生し[10]、 三宅村伊ケ谷地区の都道ではがけの土砂が1立方メートルほど崩れたほか、伊ケ谷地区や阿古地区の都道脇の崖の土砂が崩れた[11][12]。また、三宅島で40代の男性1人が住宅の割れたガラスで手を切り、軽いけが、また、三宅島の阿古地区の特別養護老人ホームで、地震の揺れで転倒し、90代の男性が腰を打ち、80代の女性が頭を打つけがをした[1]

噴火との関連[編集]

2013年4月17日における気象庁の発表では、この群発地震の発生後に、他の噴火の前兆現象として知られる地殻変動や噴煙活動は確認されていない[3][13]。これに関連して、気象庁の地震津波監視課長・長谷川洋平は2013年4月7日19時からの記者会見で、火山活動との関連について「今回の地震の前後で三宅島の火山の監視データに変化はなく、今のところ火山活動と地震活動は関連がないものとみている」と話している[14]。なお震央は、2000年のMj6クラスの地震と比べればより島側に近い地点にある。

また、火山噴火予知連絡会副会長の京都大学名誉教授の石原和弘は「平成12年に噴火した際、地震活動が活発になった範囲よりも、今回の地震は南側で発生したとみられるが、現時点では火山活動との関連は分からない。三宅島では昭和30年代や50年代など過去にも比較的規模の大きな地震が発生したが、噴火に至らなかったこともある。今後、震源の位置が三宅島に近づいたり震源の深さが浅くなったりするかどうかや、地殻変動が起きていないかなど観測を続ける必要がある」としている[15]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “三宅島の地震で3人けが”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年4月17日). オリジナルの2013年4月17日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130417142512/www3.nhk.or.jp/news/html/20130417/t10013989371000.html 2013年4月17日閲覧。 
  2. ^ a b 気象庁 Archived 2013年4月17日, at the Wayback Machine.
  3. ^ a b 平成25年4月17日の三宅島近海の地震活動について 気象庁
  4. ^ 平成25年4月17日17時57分頃の三宅島近海の地震について 気象庁
  5. ^ 発生した地震の概要(速報値) 気象庁
  6. ^ a b 平成25年4月地震・火山月報(防災編) (PDF) (気象庁)
  7. ^ 平成25年4月17日17時57分頃の三宅島近海の地震に伴う大雨警報・注意報基準の暫定的な運用について 気象庁
  8. ^ 平成25年4月17日17時57分頃の三宅島近海の地震に伴う土砂災害警戒情報発表基準の暫定的な運用について 気象庁
  9. ^ “三宅島 地震回数減少も引き続き注意を”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年4月18日). オリジナルの2013年4月18日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0418-2222-02/www3.nhk.or.jp/news/html/20130418/k10014004141000.html 2013年4月18日閲覧。 
  10. ^ “三宅島 複数土砂崩れの情報”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年4月17日). オリジナルの2013年4月17日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130417095146/www3.nhk.or.jp/news/html/20130417/k10013987561000.html 2013年4月17日閲覧。 
  11. ^ “三宅島 8か所で土砂崩れ”. NHKニュース (日本放送協会). オリジナルの2013年4月17日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130417142323/www3.nhk.or.jp/news/html/20130417/t10013988991000.html 2013年4月17日閲覧。 
  12. ^ 三宅島震度5強地震 三宅村の林道で土砂崩れ、2カ所で通行止め Archived 2013年5月16日, at the Wayback Machine.、FNNニュース、2013年4月17日
  13. ^ “火山活動に変化は見られず”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年4月17日). オリジナルの2013年4月17日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130417142221/www3.nhk.or.jp/news/html/20130417/t10013988111000.html 2013年4月17日閲覧。 
  14. ^ “気象庁 落石や崖崩れに注意”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年4月17日). オリジナルの2013年4月17日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130417142557/www3.nhk.or.jp/news/html/20130417/t10013989871000.html 2013年4月17日閲覧。 
  15. ^ “専門家 火山との関係は不明”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年4月17日). オリジナルの2013年4月17日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130417142431/www3.nhk.or.jp/news/html/20130417/t10013989201000.html 2013年4月17日閲覧。 

関連項目[編集]