三宅徳嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三宅 徳嘉(みやけ のりよし、1917年4月20日 - 2003年11月16日)は、日本のフランス語学者・フランス文学者東京都立大学 (1949-2011)学習院大学元教授。

概略[編集]

友人加藤周一は、自伝『羊の歌』(平凡社ほか)で「仏語学とその関連について何を尋ねても知らぬことはない」秀才として描いている。存命中は、単著としてまとまった本を出したことはなく、辞書の編集と大学における講義・演習に情熱を傾けた。三宅が担当した『スタンダード仏和辞典』(大修館書店、1957)の発音記号表記は、フランスの中辞典『プチ・ロベール』も参照している[1]

著作[編集]

  • 『辞書、この終わりなき書物』(みすず書房、2006)。遺著

主な訳書[編集]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lucot, A; Rey-Debove,J. Principes généraux de la transcription phonétique. Le Petit Robert (1972 ed.). Société du nouveau Littré. p. XXV