三岐鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
三岐鉄道株式会社
SANGI Railway Co., Ltd.
Sangi Railway Logo.svg
SANGI Railway Co., Ltd. Head Office.jpg
本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
510-8014[1]
三重県四日市市富田三丁目22番83号[1]
設立 1928年昭和3年)9月20日[1]
業種 陸運業
法人番号 5190001014950 ウィキデータを編集
事業内容 旅客鉄道事業など
代表者 渡邉一陽(代表取締役社長)[1]
資本金 4億円
(2018年3月31日現在[2]
発行済株式総数 800万株
売上高 51億9248万円
(2018年3月期[2]
営業利益 △2億2232万2000円
(2018年3月期[2]
純利益 2884万6000円
(2018年3月期[2]
純資産 13億5654万円
(2018年3月期[2]
総資産 57億4346万8000円
(2018年3月期[2]
従業員数 400名[1]
決算期 3月31日
主要株主 太平洋セメント 10.15%
日本生命保険 6.91%
星光ビル管理 6.91%
百五銀行 2.59%
(2018年3月31日現在[3]
外部リンク https://www.sangirail.co.jp/
テンプレートを表示

三岐鉄道株式会社(さんぎてつどう)は、三重県北部の北勢地域で三岐線北勢線鉄道2路線を運営するほか、路線バス貸切バス事業などを行っている鉄道会社である。

概要[編集]

社名は、かつて三重県岐阜県関ケ原)を結ぶことを目的としていたことに由来する。三岐鉄道の筆頭株主は太平洋セメントである。鉄道事業はかねてよりセメント輸送が主力であったが、現在では地域住民や行楽の足として旅客輸送の比重も上がって来ている。営業路線は長らく三岐線および近鉄連絡線のみであったが、2003年平成15年)に近畿日本鉄道(近鉄)から北勢線を譲受して運行している。

2001年(平成13年)には開業70周年を記念して三岐線西藤原駅蒸気機関車のテーマパーク「ウィステリア鉄道」、2003年(平成15年)には同線丹生川駅に「貨物鉄道博物館」を開館し、ボランティアと共に貴重な鉄道車両の保存も行っている。

歴史[編集]

鉄道事業[編集]

路線図(クリックで拡大)

路線[編集]

車両[編集]

軌間など車両規格が異なることもあって、三岐線・北勢線の両路線の間に車両の互換性はない。共通点は形式記号と車体塗装だけである。

各線の車両については以下を参照。

運賃[編集]

大人普通旅客運賃(小児半額・10円未満切り上げ)。2019年10月1日改定[7]。三岐線・北勢線共通。

キロ程 運賃(円) キロ程 運賃(円)
初乗り1 - 4km 190 14 - 15 430
5 210 16 - 17 470
6 240 18 - 19 490
7 260 20 - 21 510
8 - 9 300 22 - 23 530
10 - 11 340 24 - 25 540
12 - 13 380 26 - 27 560
  • 近鉄名古屋線を介して前後の三岐鉄道線の運賃通算は行わない。
    • (例)三岐線 - 近鉄富田駅 - 近鉄名古屋線 - 桑名駅 - 徒歩 - 西桑名駅 - 北勢線を連続乗車する場合、接続駅で打ち切り計算となる。
  • 三岐鉄道1日乗り放題パス」は三岐線・北勢線とも乗車できるが、両線の間の運賃は別に必要である[8]
  • 定期券は通常の通勤定期・通学定期のほかに学校の学期に合わせた学期定期を発売している。
  • 三岐鉄道線ではPiTaPaTOICAICOCAmanacaなどのICカードは一切使用できない。
  • JR東海が発売する「JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ」は北勢線のみ乗車可能である。

記念切符[編集]

2017年4月16日より養老鉄道伊賀鉄道と共に3社沿線の祭りがユネスコ無形文化遺産に登録された事を記念した切符「ユネスコ無形文化遺産登録記念入場券セット」を発売している[9][10]

バス事業[編集]

路線バス

長らく日野自動車製のみであったが、ジェイ・バス設立後の2004年1月いすゞ自動車製(LV834エルガ)が導入された。

バスでもPiTaPa、TOICA、ICOCA、manaca、emicaなどのICカードは使えないが、イオンモール東員線に限りWAONでの支払いが可能。

現行路線[編集]

一般路線[編集]

山之一色線[編集]
  • JR四日市駅前 - 近鉄四日市駅前 - みたき総合病院前 - 坂部が丘 - 大沢台 - あかつき台 - 八千代台二丁目 - あさけが丘一丁目 - 山城駅前
  • JR四日市駅前 - 近鉄四日市駅前 - みたき総合病院前 - 坂部が丘 - 大沢台 - あかつき台 - 暁学園前駅前
  • JR四日市駅前 - 近鉄四日市駅前 - みたき総合病院前 - 坂部が丘 - キオクシア北門前 - 四日市大学看護医療大学前 - あかつき台 - 八千代台二丁目 - あさけが丘一丁目 - 山城駅前
  • JR四日市駅前 - 近鉄四日市駅前 - 末永 - 坂部が丘 - 大沢台 - あかつき台 - 八千代台二丁目 - あさけが丘一丁目 - 山城駅前
  • (深夜バス)近鉄四日市駅前 → 末永 → 坂部が丘 → 大沢台 → あかつき台 → 八千代台二丁目 → あさけが丘一丁目
  • [大学直行バス/停車停留所・平日のみ運行]JR四日市駅前 - 近鉄四日市駅前 - 文化会館前 -(直行) - 四日市大学・看護医療大学前 - キオクシア北門前 - キオクシア正門前 - キオクシア東門前

平日の山之一色線は、大沢台経由と四日市大学経由とを合わせて約30 - 90分毎の運転。土休日の山之一色線は、大沢台経由が主体で約50 - 60分毎の運転。

暁学園前駅前発着の系統は、平日のみ運行。JR四日市駅前→暁学園前駅前が山之一色線の始発便として1本。暁学園前駅前→JR四日市駅前が夕方と夜に1本ずつ。

金曜日のみ運行する深夜バスを2本運行。運賃は普通運賃の倍額。運行区間は、近鉄四日市駅前→末永→大沢台→あさけが丘一丁目まで。

2010年(平成22年)3月31日までは「JR四日市駅前 - 近鉄四日市駅前 - みたき総合病院前 - 坂部が丘 - あかつき台 - 四日市大学・看護医療大学前」の系統が存在。

2010年(平成22年)4月1日からは「JR四日市駅前 - 近鉄四日市駅前 - みたき総合病院前 - 坂部が丘 - 四日市大学・看護医療大学前 - あかつき台 - 八千代台二丁目 - あさけが丘一丁目 - 山城駅前」の系統が新設された。

四日市大学線[編集]
  • JR富田駅前 - 近鉄富田駅前 - 三洋堂前 - 四日市北警察署前 - 四日市大学・看護医療大学前 - キオクシア北門前 - キオクシア正門前 - キオクシア東門前(富田ゆきは、東門→四大→北門→正門の順)
  • JR富田駅前 - 近鉄富田駅前 - 三洋堂前 - 四日市北警察署前 - 四日市大学・看護医療大学前
  • JR富田駅前 - 近鉄富田駅前 - 三洋堂前 - 四日市北警察署前 - キオクシア北門前 - キオクシア正門前 - キオクシア東門前(富田ゆきは、東門→北門→正門の順。北門始発便あり。)

2010年(平成22年)4月1日から、キオクシア正門前まで延長及び直行バスの運転が開始された。

2019年(平成31年)4月1日からは、キオクシア東門前まで延長された。同年(令和元年)10月1日からは、四日市北警察署前バス停が新設され、同バス停を通過する急行便が設定された。

休日については、以前は全て運休していたが、平日に比べ本数がかなり少なくなるものの運行している。この他、大学試験日や入学式等々には曜日を問わず臨時ダイヤでの運行、夕方のキオクシアから富田ゆきには続行運転もある。

川越高校線[編集]

休校日は運休

桑名西高校線[編集]

休校日は運休

イオンモール東員線[編集]

2013年(平成25年)11月19日新設 [11]

受託路線[編集]

詳細は以下の各記事を参照。

伊坂台アクセス停留所で、赤尾台・桑名駅前方面の八風バスに乗り換え可能。ただし、接続の考慮はされていない。

廃止・撤退路線[編集]

  • 宇賀渓線: 大安駅前 - 宇賀渓キャンプ村 ※休止
  • 三里いなべ線: 三里駅前 - いなべ総合学園 ※いなべ市コミュニティバス員弁西線に統合

貸切事業[編集]

一般路線の他、企業送迎など貸切事業も行っている。

その他の事業[編集]

関係会社[編集]

  • 三岐観光サービス株式会社(2008年3月31日解散)
  • 北勢線施設整備株式会社

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』26号 長良川鉄道・明知鉄道・樽見鉄道・三岐鉄道・伊勢鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年9月18日。

関連項目[編集]