三島川之江インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三島川之江インターチェンジ
 出口
 出口
所属路線 E11 松山自動車道
IC番号 7
料金所番号 08-756
本線標識の表記 国道11号標識 国道192号標識 伊予三島 川之江
(四国中央市街)
起点からの距離 3.2km(川之江JCT起点)
上分PA (1.1km)
(11.0km) 土居IC
接続する一般道 国道11号標識国道11号
愛媛県道333号三島川之江港線
供用開始日 1985年3月27日
通行台数 8,271台/日[1]
所在地 799-0411
愛媛県四国中央市妻鳥町2249番地1
テンプレートを表示

三島川之江インターチェンジ(みしまかわのえインターチェンジ)は、愛媛県四国中央市妻鳥町と下柏町にまたがる松山自動車道インターチェンジである。

入口
四国高速道路発祥地の碑
四国高速道路発祥地の碑

概要[編集]

隣りの土居インターチェンジと共に、四国では最も早く1985年3月27日に旧川之江市と旧伊予三島市の境界付近に設置された。

沿線の三島公園には、四国高速道路発祥地の碑が建立されている。

道路[編集]

直接接続

料金所[編集]

  • ブース数:5

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • ETC/一般:1

出口[編集]

  • ブース数:3
    • ETC専用:1
    • 一般:2

三島川之江ICバスストップ[編集]

四国4県都へ放射線状に高速道路が敷設されている四国中央市は、ほとんどの高速バスが市内を通過するため、当バスストップには1日81便もの高速バスが停車するようになった(2015年8月現在)。

設置場所は、当インターチェンジのラッチ外にあり、停車する路線はいったん高速道路を出る形になる。

停車する高速バス[編集]

本州方面への路線はいずれの路線もクローズドドアシステムを採用しており、下り方向への利用はできない。

本州方面
四国内の路線

交通[編集]

バスストップの東側に市営高速バス利用者専用の駐車場が設置されており有料(2011年4月25日以降)である。また、南側には送迎者用の無料駐車場(5台)がある。

一般路線バスの最寄りバス停は、近隣を通過する国道11号にある「一貫田」(いっかだ)である。バスストップまでの距離は約1.1km。川之江駅・伊予三島駅などからの路線が運行されている。[3]

周辺[編集]

名勝・旧跡[編集]

主な商業施設[編集]

  • イオンタウン川之江
  • フジグラン川之江店

[編集]

E11 松山自動車道
(6)川之江JCT - 上分PA - (7)三島川之江IC - (8)土居IC

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NEXCO西日本 平成20年度四国支社管内交通量
  2. ^ 平成25年7月20日(土)運行便から三島川之江インター停車 - ジェイアール四国バス
  3. ^ 四国中央市公共交通利用案内 - 四国中央市(PDF、2018年8月2日閲覧)

関連項目[編集]