三島村・鬼界カルデラジオパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三島村・鬼界カルデラジオパーク(みしまむら・きかいカルデラジオパーク、: Mishima Kikai Caldera Geopark)は、鹿児島県鹿児島郡三島村の全陸域および周辺海域をテリトリーとするジオパークである。2015年9月に日本ジオパークに認定された。

概要[編集]

日本最南端のジオパークであり、薩摩半島の南に位置する海底カルデラと3つの島(日本で最も新しい巨大噴火の痕跡が残る竹島・硫黄島と、独自の文化・信仰形態の残る黒島)からなる[1]火山災害や、鉱物資源地熱温泉の恵み、そしてそれらにまつわる人々の歴史を学ぶことができる[1]

沿革[編集]

  • 2015年9月4日 - 日本ジオパークとして認定される[2]

主なジオサイト[編集]

日本ジオパークネットワークのウェブサイトでは、下記が「主な見どころ・おすすめジオサイト」とされている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 日本ジオパークネットワーク. “鹿児島県 三島村・鬼界カルデラジオパーク”. 2017年2月19日閲覧。
  2. ^ レスポンス (2015年9月3日). “栗駒山麓、秋吉台、鬼界カルデラの3地域、日本ジオパークに認定…世界認定7地域を含む39地域に” (日本語). 2017年2月19日閲覧。

関連項目[編集]