三崎亀之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三崎 亀之助(みさき かめのすけ、1858年2月15日(安政5年1月2日) - 1906年明治39年)3月16日)は、日本の政治家、官僚、銀行家。衆議院議員貴族院議員、横浜正金銀行頭取

略歴[編集]

1858年(安政5年1月2日)2月15日、讃岐国丸亀に生まれる。東京大学法科を卒業し、忠愛社に入り、『明治日報』記者となる。1884年(明治17年)に外務省御用掛となり、外務省書記官として米国公使館駐在、さらに公使館書記官としてワシントン駐在、次いで外務省参事官を務める。

その後、京都で『中外電報』で論説を執筆、弁護士業などを経て、1890年(明治23年)に第1回衆議院議員総選挙香川県から出馬し、衆議院議員に当選する(以後4回連続当選)。立憲自由党に属したが、第1議会では土佐派の裏切りに同調して第1次山県内閣と妥協、予算案の成立に努めた後、同党を脱党する。また、法典調査会主査委員を務める。その後、復党し、1896年(明治29年)4月に板垣退助第2次伊藤内閣内務大臣に就任すると、内務省県治局長となり、同年12月には貴族院議員に勅選される。1899年(明治32年)に横浜正金銀行に入り、支配人を経て、1900年(明治33年)から1906年(明治39年)まで副頭取を務めた。

著書[編集]

  • 『国際公法』(英吉利法律学校、1888)
  • 『戦時国際公法』(東京法学院、1896)
  • 『局外中立法』(東京法学院、1897)
  • 『国際公法総論』(東京法学院、1897)
  • 『平時国際公法』(東京法学院、1899)

参考[編集]