三崎漁港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
三崎漁港 奥は城ヶ島
三崎漁港・海上より水産庁の船
三崎漁港・海上より遊覧船(にじいろさかな号)
三崎朝市

三崎漁港(みさきぎょこう)は、神奈川県三浦市三崎にある漁港特定第3種漁港に指定されている。

漁港周辺には、マグロ料理などの店が並び、東京から気軽に訪れられる日帰り観光地としても人気がある。

三崎漁港の歴史[編集]

三崎の漁港は、地形が港に適していて、早くから沖合・沿岸漁業の拠点として発達し、昭和初期からはまぐろ類の水揚げで全国有数の遠洋漁業基地として知られるようになった。

大正11年、当時の三崎町海南(現在の三崎公園付近)に三崎漁港は開設される。関東大震災の被害を受けたことにより、昭和4年に現在の本港埠頭に移転。昭和30年代に入ると、冷蔵庫を持った冷凍船が出来、マグロの遠洋漁業がはじまる。漁船や漁法の近代化と水揚高の増加伴い、昭和43年3月、市場を全面改築し、三崎港魚市場が完成した。

平成4年からは、魚市場製氷工場、超低温魚市場冷蔵庫を建設。さらに、平成6年には新港魚市場が完成し、現在、市場業務はこちらで行われている。1日に取扱われるマグロは、400本から1,000本となっており首都圏を中心に毎日出荷されている[1]

概要[編集]

  • 管理者 - 神奈川県
  • 漁業協同組合 - みうら・城ヶ島・諸磯
  • 組合員数 - 940名〔2001年(平成13年)12月〕
  • 漁港番号 - 2130010
  • 水揚量 - 49,084t〔2003年(平成15年)〕【全国18位】

沿革[編集]

主な魚種[編集]

主な漁業[編集]

  • はえなわ(遠洋マグロはえなわ)
  • 海面養殖業(ブリ)
  • 定置網
  • 海面養殖業(鯛)

港周辺[編集]

交通[編集]

ロケ地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三浦市三崎水産物地方卸売市場”. 三浦市. 2020年7月31日閲覧。
  2. ^ 特三水産連絡協 〜三浦〜”. 2015年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月31日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯35度8分16秒 東経139度37分7秒 / 北緯35.13778度 東経139.61861度 / 35.13778; 139.61861