三川基好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

三川 基好(みかわ きよし、1950年8月13日 - 2007年10月9日)は、日本の英語学者、翻訳家。日本言語学会、早稲田大学英文学会、早稲田大学英語学会、日本推理作家協会各会員。

東京都出身。後年、岩手県盛岡市在住。早稲田大学文学部英文学科卒、早稲田大学大学院文学研究科英文学専攻修士課程修了。

就実女子大学文学部講師、早稲田大学文学部助教授を経て、教授。専攻は英語史・辞書史。2000年、ジョナサン・グリーン『辞書の世界史』で日本翻訳出版文化賞受賞。

中学・高校の同級生の田口俊樹の紹介で翻訳家に。英米文学やミステリー小説の翻訳を数多く手がけた。ジム・トンプスン作品の翻訳でしられ、また、ワセダミステリクラブ会長(顧問)もつとめた。

2007年10月9日、食道癌のため死去[1]。57歳没。

翻訳[編集]

  • アラン・ペドラザス『ハリーの探偵日記』(ハヤカワ・ミステリ 1997年)
  • レジナルド・ヒル『誰の罪でもなく』(私立探偵ジョー・シックススミス) ハヤカワ・ミステリ 1997年)
  • G.M.フォード『手負いの森』(ハヤカワ・ミステリ文庫 1997年)
  • ジョー・ゴアズ『脅える暗殺者』(扶桑社ミステリー 1997年)
  • マイクル・ストーン『誰もがそれを狙ってる』(ハヤカワ・ミステリ文庫 1998年)
  • ウィリアム・ヒョーツバーグ『ポーをめぐる殺人』(扶桑社ミステリー 1998年)
  • チャールズ・M・シュルツ『スヌーピーはふつうの犬じゃない』集英社 1998年)
  • チャールズ・M・シュルツ『チャーリー・ブラウン たんなるマヌケじゃない チャーリー・ブラウン大百科』(集英社 1999年)
  • テレンス・ファハティ『輝ける日々へ』ハヤカワ・ミステリ文庫 1999年)
  • チャールズ・M・シュルツ『バレンタインデーよ、バブーちゃん!』(集英社 1999年)
  • ジョナサン・グリーン『辞書の世界史』(朝日新聞社 1999年)
  • ジョン・ダニング『名もなき墓標』(ハヤカワ・ミステリ文庫 1999年)
  • フィリップ・リード『逃げるが勝ち』(ハヤカワ・ミステリ 1999年)
  • ジム・トンプスン『残酷な夜』(扶桑社 2000年 のち扶桑社ミステリー)
  • ジョン・ダニング『ジンジャー・ノースの影』(ハヤカワ・ミステリ文庫 2000年)
  • ジム・トンプスン『ポップ1280』(扶桑社 2000年 のち扶桑社ミステリー)
  • フィリップ・ナットマン『ウェットワーク』(文春文庫 2000年)
  • ロバート・ドレイパー『ハドリアヌスの長城』(文春文庫 2000年)
  • チャールズ・M・シュルツ『スヌーピーの50年 世界中が愛したコミック『ピーナッツ』』(朝日新聞社 2001年 のち朝日文庫
  • ジョン・ダニング『深夜特別放送』(上下 ハヤカワ・ミステリ文庫 2001年)
  • エリオット・パティスン『頭蓋骨のマントラ』(上下 ハヤカワ・ミステリ文庫 2001年)
  • ジム・トンプスン『アフター・ダーク』(扶桑社 2001年)
  • フランシス&ジョゼフ・ギース『中世の家族 パストン家書簡で読む乱世イギリスの暮らし』(朝日新聞社 2001年 『中世ヨーロッパの家族』と改題して講談社学術文庫
  • ジョン・ロルフ、ピーター・トゥルーブ『ウォールストリート投資銀行残酷日記 サルになれなかった僕たち』(主婦の友社 2001年)
  • レナード・チャン『夜明けの挽歌』(アーティストハウス 2002年)
  • エリオット・パティスン『シルクロードの鬼神』(上下 ハヤカワ・ミステリ文庫 2002年)
  • ジム・トンプスン『死ぬほどいい女』(扶桑社 2002年)
  • ジョン・ウォーレン『悦楽者たちの館』(扶桑社ミステリー 2003年)
  • アンダーキル (レナード・チャン アーティストハウス(Book plus) 2003年)
  • ジム・トンプスン『深夜のベルボーイ』(扶桑社 2003年)
  • マックス・アラン・コリンズ『黒衣のダリア』文春文庫 2003年)
  • ウィリアム・ロード『ペイパーバック・ライター』(アーティストハウスパブリシャーズ 2003年)
  • G.M.フォード『憤怒』(新潮文庫 2003年)
  • ジム・トンプスン『取るに足りない殺人』(扶桑社 2003年)
  • アガサ・クリスティーゼロ時間へ』(ハヤカワ文庫クリスティー文庫 2004年)
  • G.M.フォード『黒い河』(新潮文庫 2004年)
  • エリオット・パティスン『霊峰の血』(上下 ハヤカワ・ミステリ文庫 2004年)
  • チャールズ・M・シュルツ(コミック)、ジェームス・M・バーダマン『スヌーピーが先生!英語で話そう。』編著 朝日新聞社 2004年)
  • メルヴィン・ブラッグ『英語の冒険』(アーティストハウスパブリッシャーズ 2004年 のち講談社学術文庫)
  • エミリー・クレイグ『死体が語る真実 9・11からバラバラ殺人まで衝撃の現場報告』(文春文庫 2005年)
  • ジム・ドワイヤー、ケヴィン・フリン『9.11生死を分けた102分 崩壊する超高層ビル内部からの驚くべき証言』(文藝春秋 2005年)
  • ジム・トンプスン『おれの中の殺し屋』(扶桑社ミステリー 2005年)
  • ジェイムズ・スウェイン『カジノを罠にかけろ』(文春文庫 2005年)
  • G.M.フォード『白骨』(新潮文庫 2005年)
  • ジェイムズ・スウェイン『ファニーマネー』(文春文庫 2006年)
  • マイケル・サイモン『ダーティ・サリー』(文春文庫 2006年)
  • マックス・アラン・コリンズ『ピンクパンサー』(文春文庫 2006年)
  • ジム・トンプスン『失われた男』(扶桑社ミステリー 2006年)
  • レヴ・グロスマン『コーデックス』(ソニー・マガジンズ 2006年)
  • ジェイムズ・グレイディ『狂犬は眠らない』(ハヤカワ・ミステリ文庫 2007年)
  • 『キラー・イン・ザ・レイン』((チャンドラー短篇全集1)小鷹信光他共訳 ハヤカワ・ミステリ文庫 2007年)
  • ジョン・ロルフ、ピーター・トゥルーブ『サルになれなかった僕たち』(主婦の友社 2007年)
  • 『トライ・ザ・ガール』(チャンドラー短篇全集2) (木村二郎他共訳 ハヤカワ・ミステリ文庫 2007年)
  • ジム・トンプスン『荒涼の町』(扶桑社ミステリー 2007年)
  • G.M.フォード『毒魔』(新潮文庫 2007年)
  • クレイグ・クレヴェンジャー『曲芸師のハンドブック』(ヴィレッジブックス 2008年)
  • ジム・トンプスン『この世界、そして花火』(扶桑社ミステリー 2009年)

脚注[編集]

  1. ^ 三川基好氏死去 早稲田大教授 47news 2007年10月11日