三戸呂拓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
三戸呂 拓也
(みとろ たくや)
生誕 1984年????日(33歳)
長野県大町市
国籍 日本の旗 日本
出身校 明治大学理工学部
著名な実績 8000メートル峰1座登頂

三戸呂 拓也(みとろ たくや、1984年 - )は、日本登山家長野県大町市生まれ。

概要[編集]

2003年4月、明治大学理工学部入学。山岳部に所属し、のちに主将を務める。2008年9月、日本クーラカンリ登山隊(加藤慶信,有村哲史,中村進,高橋和弘,桜井孝憲,志賀尚子,三戸呂拓也)に最年少で参加したが、10月1日に加藤慶信,有村哲史,中村進の3名が雪崩に巻き込まれて死亡するという事故が発生し、登山計画が中止となった。[1]2009年3月、アイスクライミング中に滑落、左足首を骨折。

2009年3月、大学卒業。1年間江東区立深川第八中学校にて数学講師を勤めた[2]。その後、ミウラ・ドルフィンズのスタッフとして働き始める。勤務の傍ら、海外高峰の登山を続ける。

2013年以降、日本テレビ世界の果てまでイッテQ!登山部シリーズにサポートスタッフとして参加。

2013年5月、ミウラエベレスト2013隊にサポートスタッフとして参加。このとき三浦雄一郎はエベレスト登頂世界最高齢記録更新(80歳223日)。[3]

2014年4月、「世界の果てまでイッテQ!」イモトアヤコエベレスト登山企画に参加して現地入りしていたが[4] 、大規模な雪崩が発生したために企画自体が中止となった。

2014年、NHKテレビ番組「グレートトラバース」田中陽希日本百名山一筆書きに撮影スタッフとして同行。翌年、続編の日本二百名山一筆書きにも撮影スタッフとして同行。

明治大学体育会山岳部コーチ。

経歴[編集]

TV出演[編集]

  • 2013年1月14日 NHK BSプレミアム世界の名峰グレートサミッツ」世界最高のクライマー"シルクロードの王"を撮る~中央アジアハン・テングリ
  • 2013年4月21日 日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」八ヶ岳南沢大滝[10]
  • 2013年9月22日 日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」槍ヶ岳夏山合宿[11]
  • 2013年11月10日 日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」マナスル登山[7]
  • 2014年5月18日 日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」イッテQ!登山部世界最高峰エベレストへの挑戦~その一部始終~ [4]
  • 2015年7月26日 日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」登山部マッキンリー登頂プロジェクト[8]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2008日本クーラカンリ登山隊. “2008日本クーラカンリ登山隊”. 2016年6月6日閲覧。
  2. ^ 江東区立深川第八中学校. “八汐”. 2016年6月6日閲覧。
  3. ^ World Record Academy. “Oldest person to climb Everest: Yuichiro Miura breaks Guinness world record”. 2013年11月10日閲覧。
  4. ^ a b 日本テレビ. “世界の果てまでイッテQ! Q244.イッテQ!登山部世界最高峰エベレストへの挑戦~その一部始終~”. 2016年5月27日閲覧。
  5. ^ 明治大学. “創立130周年マッキンリー登山隊7名全員登頂成功!”. 2016年6月6日閲覧。
  6. ^ 長野県山岳協会. “長山協50周年記念ヤズィックアグル峰登頂”. 2016年6月6日閲覧。
  7. ^ a b 日本テレビ. “世界の果てまでイッテQ! SPQ.マナスル登頂プロジェクト”. 2016年6月6日閲覧。
  8. ^ a b 日本テレビ. “世界の果てまでイッテQ! SPQ.イッテQ!登山部マッキンリー登頂プロジェクト”. 2016年6月6日閲覧。
  9. ^ ICI石井スポーツ. “JAPAN API EXPEDITION 2015 動画公開”. 2016年6月6日閲覧。
  10. ^ 日本テレビ. “世界の果てまでイッテQ! SPQ.イッテQ!登山部in八ヶ岳”. 2016年6月6日閲覧。
  11. ^ 日本テレビ. “世界の果てまでイッテQ! SPQ.イッテQ!登山部エベレストへの道”. 2016年6月6日閲覧。

関連項目[編集]