三日市 (河内長野市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三日市
みっかいち
日章旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
自治体 河内長野市
旧自治体 南河内郡三日市村
世帯数
7,798世帯
総人口
18,912
住民基本台帳、2014年12月)
テンプレートを表示
三日市地域(西:三日市地区、東:川上地区)

三日市(みっかいち)は、大阪府河内長野市内の一地域。河内長野市の中部に位置し、河内長野市の前身である南河内郡三日市村の大部分とその周辺の地域である。

本項では南河内郡三日市村についてと、現在、当地域の三日市町喜多町上田町楠ケ丘小塩町西片添町中片添町東片添町大師町日東町清見台について記述する。

歴史・概要[編集]

みっかいちむら
三日市村
廃止日 1954年3月30日
廃止理由 新設合併
三日市村長野町高向村加賀田村天見村川上村→河内長野市
現在の自治体 河内長野市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
南河内郡
総人口 4,443
(国勢調査人口、1950年10月1日)
隣接自治体 長野町、高向村、加賀田村、天見村、川上村
三日市村役場
所在地 586-0048
大阪府河内長野市三日市町
 表示 ウィキプロジェクト

三日市は、高野参詣の宿場町として栄えてきた歴史がある。明治時代には錦渓温泉が開業すると、寂々寥々たる一寒村だった当村は戸数300へ膨れ上がり、郡役所所在地の富田林町(現在の富田林市)を凌駕するくらいになったとまで言われている[1]。しかし、その後は高野登山鉄道(現在の南海電気鉄道)が高野山方面まで延伸されるようになると徐々に観光業は衰退していった。

その後は、ニュータウン開発が大規模に行われることとなり、人口の急増、駅周辺の再開発などが行われた。しかし、現在も一部には高野街道などの歴史的価値のある建造物が残っており、市民の保存活動がなされている。

近代以前[編集]

日本 > 畿内 > 河内国 > 錦部郡 > 三日市村片添村喜多村上田村小塩村

近代以降[編集]

日本 > 大阪府 > 南河内郡 > 三日市村

河内長野市制施行以降[編集]

地理[編集]

高野街道

河内長野市の中部に位置する。当地域の真ん中を縦断するように国道371号の旧道(高野街道)が通り、西端を国道371号のバイパスが通っている。また国道371号の旧道の東側を南海高野線が並行して走っていて、当地域の中心部に三日市町駅がある。

河川[編集]

  • 天見川
  • 石見川

交通[編集]

主な道路
鉄道

地域[編集]

三日市町[編集]

町村制施行以前の三日市村にあたる。町村制施行後から現在に至るまで当地域の中心部として機能している。住所表記は制定されていない。

主な施設、旧跡など

喜多町[編集]

読みは「きたちょう」。町村制施行以前の喜多村にあたる。住所表記は制定されていない。距離的には河内長野駅が最寄りとなるため、長野地域との結びつきの方が強い。

主な施設、旧跡など

上田町[編集]

読みは「うえだちょう」。町村制施行以前の上田村の大部分にあたり、2003年までは楠ケ丘地区も当地区に含まれていた。住所表記は制定されていない。三日市村と並んで中心部の役割を果たした時期もあった。2004年から2007年頃にかけて楠ケ丘団地に隣接するように、グリーンヒルズ・グランデ烏帽子台が小規模ながら開発された。

主な施設、旧跡など

楠ケ丘[編集]

読みは「くすがおか」。1967年から、楠ケ丘団地として度重商店によって開発された小規模ニュータウン。住所表記は2003年3月3日に制定された。北西部には工事着手できていない箇所が残っており、畑によって一部道路が寸断されたままになっている。住宅街西側は国道371号バイパスに接続する。

小塩町[編集]

読みは「おしおちょう」。町村制施行以前の小塩村の大部分にあたる。住所表記は制定されていない。古くからの集落で形成されている。1970年からは西側の山手を南花台の一部として開発が行われ、現在は分離している。

西片添町、中片添町、東片添町[編集]

読みは「にしかたそえちょう」、「なかかたそえちょう」、「ひがしかたそえちょう」。町村制施行以前の片添村にあたる。住所表記は1993年3月1日に制定された。西片添町はかつての宿場町、東片添町は、昔ながらの集落としての色合いが濃く残る一方で、中片添町は再整備がなされ整った住宅街となっている。三日市町駅にほど近いことから、国道371号の通りを中心に商業施設が並ぶ。南側は美加の台と住宅街として一体化している。

大師町[編集]

読みは「だいしちょう」。1970年から1974年にかけて、大末住宅団地として大末組によって計画されたのち、楠翠台(なんすいだい)として開発された小規模ニュータウン。住所表記は1972年7月1日に制定された。距離的には河内長野駅と三日市町駅のどちらを利用しても変わらないが、路線バスは河内長野駅と結ぶ路線しかないため、そちらを利用することになる。

主な施設、旧跡など
  • 河内長野市立大師総合運動場(大師グラウンド)
  • 河内長野市立市民総合体育館
  • 河内長野市立大師庭球場

日東町[編集]

読みは「にっとうちょう」。1970年から1973年にかけて、日生住宅三日市団地として日生住宅によって計画されたのち、日生楠台として開発された小規模ニュータウン。住所表記は1972年7月1日に制定された。徒歩の場合は距離的に近い三日市町駅を利用するが、路線バスの場合は大師町と同じく、河内長野駅と結ぶ路線しかないため、そちらを利用することになる。

主な施設、旧跡など

清見台[編集]

読みは「きよみだい」。1980年から1985年にかけて、開発観光が開発した中規模ニュータウン。住所表記は1984年11月1日に制定され、1丁目から5丁目まである。ニュータウン内の人口は5,148人。当地区は生駒山送信所からの電波受信が困難なため、河内長野清見台中継局が設置されている。また、清見台第一公園の展望広場からは、河内長野市北部や大阪狭山市を一望できる[3]。ニュータウンの中心には清見台が造成される前の丘が残っている。

主な施設、旧跡など

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『朝日新聞』 1890年12月8日
  2. ^ 総合実施済の店舗”. UFJ銀行. 2003年4月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月29日閲覧。
  3. ^ 大阪府河内長野市の夜景 (清見台第一公園) - こよなく夜景を愛する人へ