三明経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三明経[1](さんみょうきょう、: Tevijja-sutta, テーヴィッジャ・スッタ)とは、パーリ仏典経蔵長部の第13経。

類似の伝統漢訳経典として、『長阿含経』(大正蔵1)の第26経「三明経」がある。

経名の「三明」(さんみょう、: Tevijja, テーヴィッジャ)とは、「3つの智慧」の意味で、ここでは経中に話題として出てくる(バラモン達が伝統的に奉じる聖典である)「三ヴェーダ」(「リグ・ヴェーダ」「サーマ・ヴェーダ」「ヤジュル・ヴェーダ」)のこと。

構成[編集]

登場人物[編集]

  • 釈迦
  • ヴァーセッタ --- バラモンであるポッカラサーティの弟子
  • バーラドヴァージャ --- バラモンであるタールッカの弟子

場面設定[編集]

ある時、釈迦は500人の比丘と共にコーサラ国のマナサーカタに赴き、アチラヴァティー川に差し掛かった。

そこでは、バラモンであるポッカラサーティの弟子ヴァーセッタと、同じくバラモンであるタールッカの弟子バーラドヴァージャが、互いの師の梵行の優越性について口論していた。

決着がつかない2人は、釈迦に2人の師のどちらの梵行を行えば梵天へと至れるのか問う。釈迦は、2人の師、ひいては「三明」(三ヴェーダ)に通じているとされる歴代のバラモン達の中で、存命中に梵天に至ったことがある者がいるのか問う。2人は否定する。釈迦は存命中に梵天に至れない者は、死後に梵天に至ることもないと述べる。

そして梵天へと至る梵行として、十善戒六根清浄、正念正智、三衣一鉢による満足、五蓋の除去(五禅支の生成)、四無量心(四梵住)について述べ、それを行う比丘が梵天と共に住み、死後にも梵天へ生じるという。

2人は法悦し、三宝への帰依を誓う。

内容[編集]

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵・長部経典1』(第6巻) 大蔵出版
  • 『パーリ仏典 長部(ディーガニカーヤ)戒蘊篇II』 片山一良訳 大蔵出版
  • 『原始仏典 長部経典1』 中村元監修 春秋社

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『南伝大蔵経』、『原始仏典』中村、『パーリ仏典』片山

関連項目[編集]