三春駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三春駅
駅舎
駅舎
みはる
Miharu
要田 (4.2km)
(6.1km) 舞木
福島県田村郡三春町大字平沢字担橋163[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 磐越東線
キロ程 73.7km(いわき起点)
電報略号 ハル
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
914人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1914年大正3年)7月21日[2]
備考 業務委託駅
みどりの窓口[1]
テンプレートを表示
改札付近
駅前

三春駅(みはるえき)は、福島県田村郡三春町大字平沢字担橋(かつぎばし)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越東線[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅[1]。駅舎とホームは地下通路で連絡している。

郡山駅が管理しJR東日本東北総合サービスが受託する業務委託駅みどりの窓口Suica対応自動券売機、簡易Suica改札機設置。駅舎内に軽食および名産品を販売している「ばんとうプラザ」が営業している[2]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 磐越東線 上り 船引小野新町いわき方面
2 下り 郡山方面

利用状況[編集]

JR東日本によると、2017年度(平成29年度)の1日平均乗車人員は914人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 1,343 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,330 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,273 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,242 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,224 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,184 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,161 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,120 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 1,079 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 1,057 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 1,021 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 961 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 983 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 1,016 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 948 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 944 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 907 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 914 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  北2コース 御木沢分館、十文字、堰田 沢石小学校 三春町町営バス 平日夕運転
北3コース 広場、三春中学校、三春町役場 三春中学校 平日朝運転
三春病院、三春町役場 三春中学校 平日朝運転
御木沢分館、沢石小学校、要田小学校 三春駅 平日夕運転
中央コース 三春病院、熊耳、町営グランド東 三春中学校 平日夕運転
南1コース 三春町役場、町営グランド東、滝桜 蛇沢北ノ内 平日夕運転
南2コース 広場、町営グランド西、田園生活館 薬師堂 平日夕運転
南3コース 中町、田園生活館、過足 三春駅 平日夕運転
南4コース 新町、田園生活館、斎藤 三春中学校 平日夕運転
町内循環コース 広場、三春中学校、三春町役場 三春駅 平日昼間運転
三春病院、三春町役場、三春中学校 三春駅 平日昼間運転
三春の里コース 環境創造センター、桜中学校、三春の里 三春駅 年末年始を除く毎日運転
  • その他、福島交通により三春滝桜の開花シーズンに臨時バスが運行される。

その他[編集]

  • 城下町・三春の雰囲気を生かした駅舎を有するとして、2002年(平成14年)、東北の駅百選に選定された。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
磐越東線
要田駅 - 三春駅 - 舞木駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d e f 全駅50号、p.27。
  2. ^ a b c d e f g h 全駅50号、p.11。
  3. ^ 三春まちづくり公社について”. 株式会社三春まちづくり公社. 2017年5月5日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『週刊 JR全駅・全車両基地』50号 郡山駅・会津若松駅・三春駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年8月4日

関連項目[編集]