三木亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
三木 亮
千葉ロッテマリーンズ #23
2014marines37miki.jpg
2014年の三木亮
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府高石市
生年月日 (1991-10-25) 1991年10月25日(29歳)
身長
体重
175 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2013年 ドラフト3位
初出場 2014年4月13日
年俸 2,700万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

三木 亮(みき りょう、1991年10月25日 - )は、大阪府高石市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

東羽衣小学校1年から軟式野球を始める。小学校時代は高石南スターズに所属し、野球の基礎を習得。野球を始めたばかりの頃は、父親に買ってもらった軟式野球ボールを使って行った壁当て練習で、夢中になるあまり2~3日でボールの表面がつるつるになってしまっていたという[2]。高石中学校時代は高石ボーイズに所属。

石川県金沢市の遊学館高等学校へ進学し、1年時からベンチ入りを果たす。2年時に石川県大会準優勝が最高成績で甲子園出場はなかった。高校通算34本塁打。3年時にプロ志望届を提出するも指名漏れとなった。

2013年上武大学時代

その後、上武大学ビジネス情報学部へ進学[3]。 関甲新学生野球連盟リーグでは、1年春からリーグ戦に出場。2年時の秋季リーグでは打率.400で首位打者を、3年春季リーグでは打点王を獲得。その後、秋季リーグでの試合で盗塁の際に右足首を骨折し10月に手術。守備練習や走り込みが出来なくなった冬期期間中に行っていた、主に椅子に座った状態でのティー打撃練習は一日に1000スイングになることもあったが[4] 、功を奏し打撃技術の向上につながったと本人が語っている[5]

2013年6月、3年連続12度目の出場となった全日本大学野球選手権で創部初の優勝、三木は大会5試合で1本塁打、8打点、打率.300とチームを日本一に導く活躍を見せた[6]。また大会第3日準々決勝の対天理大学戦で放った満塁本塁打は大会700号という記念にもなっている[7]。同年の7月には第39回日米大学野球では大学日本代表に選出された[8]。第4戦の守備で右膝を負傷し途中交代。その後の甲新学生野球連盟秋季リーグでは、主にDHと本来の遊撃手よりは守備負担の軽い三塁手として出場した[9]

2011年秋季リーグ、2012年春季リーグ、2013年春季リーグでベストナイン選出。 関甲新学生野球連盟リーグの通算成績は、75試合出場で、271打数85安打、7本塁打、56打点、打率.313[6]

2013年、ドラフト会議にて千葉ロッテマリーンズから3位指名を受け、11月24日に群馬県伊勢崎市の上武大学伊勢崎キャンパスにて仮契約を結び、「開幕一軍が目標。守備でアピールしたい」と抱負を語った。契約金6000万円、年俸1200万円(金額は推定)、背番号は「37」。 遊学館高等学校出身のプロ野球選手としては、2005年の鈴木将光、2006年の小嶋達也に次いで3人目[10]

ロッテ時代[編集]

2014年は、2月の石垣島キャンプ中に左太もも裏側の肉離れで、しばらく別メニュー調整となった[11]が、その後一軍を離脱。3月8日、千葉ロッテマリーンズの本拠地QVCマリンフィールドでの初のオープン戦となる、対福岡ソフトバンクホークス戦において、当初試合前練習と新加入選手紹介セレモニーのみの参加予定が、同期入団の肘井竜蔵とともに急遽ベンチ入り。6回から遊撃手として守備につき、7回の初打席では遊ゴロで無安打に終わった[12]。目標としていた「開幕一軍」はかなわず、二軍からのスタートとなった。4月13日に初めて出場選手登録され[13]と、同日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(QVCマリン)、8回裏1死の場面で鈴木大地の代打として公式戦初出場、初打席でプロ入り初安打となる左前打を記録。そのまま9回表に遊撃手として守備についた。プロ入り初出場となったこの試合は、0-3の完封負けとなった。その後5月14日に出場選手登録を抹消されると、8月25日には大学時代に痛めた右ひざ半月板部分切除手術を受け、後半戦はリハビリに励んだ[14]

2015年、4月28日に「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」のNPB選抜に選出された事が発表された[15]。しかし6月25日に、出場辞退した事が発表された[16]。10月5日の北海道日本ハムファイターズ戦(QVCマリン)ではプロ初本塁打を放った[17]

2016年は、主に二塁手と三塁手の守備固めとして75試合に出場したが、打率は.185だった[18]

2017年は、鈴木のコンバートに伴う形で、中村奨吾平沢大河らと共に遊撃手のレギュラーの座を争ったが、開幕は二軍スタート[14]。しかし、遊撃手で開幕スタメンを勝ち取った中村奨吾が4月6日に不振のため二軍へ降格すると、入れ替わる形で一軍に昇格[19]。その後は平沢、大嶺翔太らと併用される形でスタメン出場の機会が増え、6月23日の対オリックス・バファローズ9回戦(ほっともっとフィールド神戸)では決勝タイムリーを含む自身初の4安打を放った[20]。しかし、8月24日の対東北楽天ゴールデンイーグルス18回戦(ZOZOマリン)では4回に安樂智大より右手に死球を受け負傷交代した。検査の結果、「右手母指末節骨骨折、右手第二指中手指節関節剥離骨折」と診断され[21]、以降の出場はなくシーズンを終えた。シーズンを通しては自己最多の85試合、遊撃手としてチーム最多の78試合に出場した。

2018年は、シーズンを通して一度も離脱することなく一軍に帯同したが、新人の藤岡裕大の加入もあり、前年より少ない66試合の出場に留まり、遊撃手としての出場は5試合のみとなった。また、プロ入り以来初となる外野手としても出場した。

2019年は、脳震盪や死球による打撲による離脱はあったものの、シーズンを通して一軍に帯同。正遊撃手の藤岡の怪我もあり、自己最多の89試合に出場した。シーズン終盤に右膝を痛め[22]、オフに都内の病院を受診したところ、右膝蓋大腿関節軟骨損傷と診断されたため、自身の誕生日である10月25日に鏡視下右膝軟骨修復術および右膝ガングリオン切除術を受けた[23]。また、楽天に移籍した酒居知史がつけていて、過去に中村奨吾、塀内久雄大塚明らが背負った23に背番号を変更した[24]

2020年は、春季キャンプ・開幕を二軍で迎えたが、8月23日に西巻賢二と入れ替わり一軍に昇格[25]。主に三塁手の安田尚憲や一塁手の井上晴哉の守備固めとして22試合に出場したが、10月6日に新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査で陽性判定を受けたことにより出場選手登録を抹消され[26]、その後は一軍に昇格することなくレギュラーシーズンを終えた。クライマックスシリーズ第1戦の11月14日に茶谷健太と入れ替わり一軍に昇格。第2戦の8回裏に遊撃手として途中出場したが、打席に立つ機会はなくチームは敗退した。

選手としての特徴[編集]

内野ならどこでも守れる器用さを持ち[27]、広い守備範囲と正確なスローイング、打球に対する反応の良さは、派手さはないが安定感は抜群で、その堅実な守備力は高く評価されている[2]。また、比較的小柄ながらもパンチ力と勝負強い打撃も魅力[28]

ファンからの応援は名字と名前を区切らず、「みきりょう」とコールされている。

人物[編集]

  • 自分の性格をひと言で言うと「人見知り」と述べている[29]
  • 益田直也インスタグラムに投稿した動画に歩きタバコをする三木の様子が映し出されており、その動画の中で三木が平沢大河の顔にタバコの煙を吹きかけていたことや、ポイ捨てをするしぐさをしていたことから、一連の行為を見たファンから批判の声が上がった[30]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 ロッテ 18 20 17 0 3 0 0 0 3 0 0 0 2 0 1 0 0 5 2 .176 .222 .176 .399
2015 40 29 29 6 4 0 0 1 7 2 1 0 0 0 0 0 0 5 2 .138 .138 .241 .379
2016 75 58 54 8 10 1 1 0 13 2 0 0 3 0 1 0 0 17 1 .185 .200 .241 .441
2017 85 229 207 18 50 9 0 2 65 19 0 1 9 2 8 0 3 55 1 .242 .277 .314 .591
2018 66 41 34 11 8 1 0 0 9 4 3 0 5 0 1 0 1 8 2 .235 .278 .265 .542
2019 89 145 126 20 27 3 0 2 36 15 5 0 8 1 6 0 4 38 1 .214 .270 .286 .556
2020 22 5 4 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .250 .250 .250 .500
通算:7年 395 527 471 64 103 14 1 5 134 42 9 1 28 3 17 0 8 130 9 .219 .257 .285 .541
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁 三塁 遊撃 外野




























































2014 ロッテ - 4 2 2 0 0 1.000 8 3 7 0 0 1.000 4 0 1 0 0 1.000 -
2015 7 15 3 0 0 1.000 12 12 13 1 1 .962 5 2 4 0 0 1.000 7 4 5 1 0 .900 -
2016 1 3 1 0 0 1.000 37 37 39 1 8 .987 28 9 14 2 1 .920 7 3 7 0 2 1.000 -
2017 3 10 0 0 1 1.000 - 4 1 2 0 0 1.000 78 84 196 5 37 .982 -
2018 28 40 5 0 3 1.000 - 13 1 3 0 1 1.000 5 6 7 1 1 .929 3 1 0 0 0 1.000
2019 1 4 0 0 1 1.000 10 12 9 1 2 .955 24 1 8 0 0 1.000 56 52 87 2 17 .986 -
2020 6 15 3 0 0 1.000 1 0 1 0 1 1.000 9 2 1 0 1 1.000 3 2 0 0 0 1.000 -
通算 46 87 12 0 5 1.000 64 63 64 3 12 .977 91 19 39 2 3 .967 160 151 303 9 57 .981 3 1 0 0 0 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 37 (2014年 - 2019年)
  • 23 (2020年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年8月21日閲覧。
  2. ^ a b “ロッテがドラフト3位指名、上武大内野手三木亮さん22”. 読売新聞 地域版 群馬. (2013年12月2日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/feature/maebashi1335107341018_02/news/20131201-OYT8T01037.htm 2014年1月24日閲覧。 
  3. ^ “【硬式野球部】三木亮選手が千葉ロッテマリーンズと仮契約”. 上武大学. (2013年11月25日). http://www.jobu.ac.jp/whatsnew/lotte_miki2013.html 2014年1月24日閲覧。 
  4. ^ “上武大が明大倒し初の決勝進出/大学野球”. 日刊スポーツ. (2013年6月16日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp3-20130616-1143306.html 2014年1月24日閲覧。 
  5. ^ “強打堅守の遊撃手、上武大・三木、今度こそドラフト指名だ!”. スポーツ報知. (2013年10月17日). http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/ama/news/20131016-OHT1T00186.htm 2014年1月24日閲覧。 
  6. ^ a b “ドラフト候補100選手カタログ 大学生30人”. 週刊ベースボール速報 . (2013-10-28 ). http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=001-20131028-02&page=3  2014年3月14日閲覧。 
  7. ^ “上武大・三木、花添える満塁本塁打/全日本大学野球”. SANSPO.COM (サンケイスポーツ). (2013年6月13日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130613/unv13061320430008-n1.html 2014年1月24日閲覧。 
  8. ^ “第39回 日米大学野球選手権大会 大学日本代表チーム”. 全日本大学野球連盟. (2013年6月23日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130613/unv13061320430008-n1.html 2014年1月24日閲覧。 
  9. ^ “ロッテドラ3、上武大・三木 春秋連覇の置き土産誓う”. スポーツニッポン. (2013年11月16日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/16/kiji/K20131116007018550.html 2014年1月24日閲覧。 
  10. ^ “遊学館高OBの三木内野手を3位指名 プロ野球ドラフト会議でロッテ”. 北國新聞. (2013年10月25日). http://www.hokkoku.co.jp/subpage/LS20131025601.htm 2014年3月14日閲覧。 
  11. ^ ロッテ3位・三木 左太腿裏を肉離れ 別メニュー調整”. スポーツニッポン (2014年2月6日). 2014年3月10日閲覧。
  12. ^ 2014年3月8日 成績詳細”. 千葉ロッテマリーンズ公式サイト (2014年3月8日). 2014年3月10日閲覧。
  13. ^ 17失点負けロッテが大量入れ替え…ルーキー吉原も2軍落ち”. サンケイスポーツ  (2014年4月13日). 2014年4月13日閲覧。
  14. ^ a b 【千葉魂】どこまでも泥臭く自分の姿勢 遊撃で躍動見せる三木”. 千葉日報 (2017年7月4日). 2020年11月24日閲覧。
  15. ^ 侍J大学代表vsNPB選抜 メンバー発表 日本野球機構公式サイト (2015年4月28日) 2015年5月24日閲覧
  16. ^ ユニバーシアード 日本代表壮行試合 NPB選抜チーム出場選手変更のお知らせ 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年6月25日) 2015年6月26日閲覧
  17. ^ ロッテ三木プロ初本塁打「1、2、3で打ちました」”. 日刊スポーツ (2015年10月6日). 2020年11月24日閲覧。
  18. ^ ロッテ三木150万増「打撃で結果を残さないと」”. 日刊スポーツ (2016年11月25日). 2017年7月12日閲覧。
  19. ^ ロッテ伊東監督あえて厳しく 開幕遊撃中村を即2軍”. 日刊スポーツ (2017年4月11日). 2020年11月24日閲覧。
  20. ^ ロッテ、今季最多16安打!三木が勝ち越し2点二塁打含む4H”. SANSPO.COM (2017年6月24日). 2019年3月3日閲覧。
  21. ^ ロッテ・三木、死球で骨折 伊東監督「せっかく頑張っていたのに」”. SANSPO.COM. サンケイスポーツ (2017年8月24日). 2019年3月3日閲覧。
  22. ^ ロッテ・三木、チームに欠かせない存在も危機感「勘違いしてはいけない」”. ベースボールキング (2020年1月22日). 2020年11月25日閲覧。
  23. ^ ロッテ・三木、28歳誕生日に右膝手術 4~5カ月での実戦復帰目指す”. サンケイスポーツ (2019年10月25日). 2020年11月24日閲覧。
  24. ^ ロッテ三木「心機一転」37→23背番号変更”. 日刊スポーツ (2019年12月23日). 2020年11月24日閲覧。
  25. ^ 出場選手登録および抹消 公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2020年8月23日). 2020年11月24日閲覧。
  26. ^ “ロッテの角中、鳥谷ら7選手がコロナ陽性 新たに11人感染―プロ野球”. 時事通信 (時事通信社). (2020年10月6日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020100600403&g=spo 2020年10月15日閲覧。 
  27. ^ 2013年ドラフト会議3巡目で三木亮選手を指名”. 千葉ロッテマリーンズ公式サイト (2013年10月24日). 2014年1月24日閲覧。
  28. ^ スカウト評上げた初V上武大の三木、横田 大学野球選手権で見た注目の逸材たち”. スポーツナビ (2013年6月18日). 2014年3月14日閲覧。
  29. ^ 23 三木 亮選手名鑑2020”. 千葉ロッテマリーンズ. 2020年11月3日閲覧。
  30. ^ “ロッテ・三木、吸い終わったタバコをポイ捨て? 同僚・益田が動画公開、路上で喫煙する姿に「モラルなさすぎ」批判噴出”. リアルライブ (内外タイムス社). (2019年11月29日). https://npn.co.jp/article/detail/02162055/ 2020年10月15日閲覧。 

関連項目[編集]