三木氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三木氏(みきし、みつきし)は、日本の氏族。中世から近世まで栄えた豪族・大名の一族。

  1. 飛騨の国人。後に姉小路氏を称した。#飛騨三木氏
  2. 阿波の国人。#阿波三木氏
  3. 東讃岐の国人。#讃岐三木氏
  4. 播磨の国人。#播磨三木氏

飛騨三木氏[編集]

概要[編集]

飛騨の三木氏(みつきし)は、藤原氏[1]、または、宇多源氏佐々木氏支流の多賀氏[2][3]とされる。ただし、佐々木氏と多賀氏は同祖では無いため後者は信頼性が低く、『言継卿記』や『明叔禄』の記事から藤原氏流と推測する説が有力である[4][5]

室町時代、三木氏は飛騨守護京極氏の被官であり、応永18年(1411年)に起こった飛騨の乱の後に、近江国三木から飛騨国に入国し、益田郡に勢力を有した[6]。その後、三木良頼のときに飛騨国司だった姉小路家の内紛に乗じて姉小路古川家を乗っ取り、その名跡を継承した(以降は、姉小路氏を参照)。

歴代[編集]

『飛州志』所収系図より

  1. 三木正頼(藤原氏)
  2. 三木久頼
  3. 三木重頼
  4. 三木直頼
  5. 三木良頼(姉小路嗣頼)
  6. 三木自綱(姉小路頼綱)
  7. 姉小路秀綱

(系譜は姉小路氏を参照)

阿波三木氏[編集]

阿波の三木氏(みきし)は、二氏ある。

阿波忌部氏の後裔氏族。阿波国麻植郡の旧家。同阿波国麻植郡三木名の山岳領主。鎌倉時代後期から麻殖氏の宗家として活躍。南北朝時代南朝に属し、室町時代は一族と共に阿波細川氏の被官となった。その後、三木姓を称し、天正13年(1585年)の蜂須賀家政の阿波入国時には当主の三木義村が蜂須賀側について一揆鎮圧に当たっている。江戸時代は帰農し麻植郡周辺の大庄屋を務めた。阿波国麻植郡三ツ木村に阿波三木氏が江戸時代に建築した三木家住宅 (美馬市)が残る[7]。子孫に三木申三三木忠雄がいる。歴代宗家当主は大嘗祭などに麻植の麻で作られた御衣を天皇家に献上しており、現在の本家当主も大嘗祭に、麻植の麻で作られた御衣を献上している[8]

阿波藍の豪商。播磨の三木城主別所長治の従兄弟である別所規治が天正8年(1580年)三木城落城の折、阿波中喜来浦に逃れ、帰農して三木姓を称する。[要出典]江戸時代になって中喜来浦を開拓し、延宝2年(1674年)に阿波藍商を創業して、寛政元年(1789年)には江戸に支店を出すまでに栄えた。寛永5年(1852年)には当時の最大の藍商となった。明治維新後も、当主三木順治が貴族院議員となり、阿波銀行の初代頭取となった。三木与吉郎も貴族院議員・衆議院議員となった。三木與吉郎は、戦前は衆議院議員。戦後は参議院議員となった。三木俊治も徳島市長となっている[9]

讃岐三木氏[編集]

讃岐の三木氏(みきし)は二氏ある。

神櫛王を祖とする讃岐国造の後裔氏族。室町時代前期から中期にかけて、讃岐国三木郡に勢力を有していた。大化の改新前後では御城氏(みきし)を称したともいう[10]

橘氏支流の讃岐永成の一子で讃岐元重が讃岐国三木郡を領して、三木氏を称したことに始まる。戦国時代初頭には、三木高長が強勢を誇ったが、戦後時代末期に三木秀成が十河存保に従い、各地を転戦し、その後、若年にて戦死したため断絶した[10]

播磨三木氏[編集]

播磨の三木氏(みきし)は、播磨国神崎郡の旧家。室町時代、播磨国英賀に勢力を有し英賀城主であった。三木通秋などがいる。羽柴秀吉が中国制圧後、新崎郡辻川に移住。江戸時代後期には、姫路藩の大庄屋となっている。江戸時代に建築された三木氏住宅が兵庫県指定文化財となっている[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『飛州志』
  2. ^ 『斐太後風土記』
  3. ^ 『飛騨遺乗合府』
  4. ^ 岡村 2013, p. [要ページ番号].
  5. ^ 谷口 2007, p. [要ページ番号].
  6. ^ 中井 et al. 2014, p. [要ページ番号].
  7. ^ 森岡 2017, p. 437.
  8. ^ 阿波・三木家(archive)
  9. ^ 森岡 2017, p. 480.
  10. ^ a b 奥富 2008, p. 1021.
  11. ^ 森岡 2017, p. 327.

参考文献[編集]

  • 岡村守彦 『飛騨中世史の研究』 (復刻版) 戎光祥出版、2013年11月。ISBN 9784864030991。 
  • 奥富敬之 『日本家系・系図大事典』 東京堂出版、2008年7月。ISBN 9784490107364。 
  • 谷口研語 『飛騨三木一族』 新人物往来社、2007年3月。ISBN 9784404034489。 
  • 中井均; 堀祥岳; 佐伯哲也; 馬場伸一郎 『城から探る飛騨南部の戦国時代』 下呂市教育委員会・下呂ふるさと歴史記念館、2014年10月5日。 
  • 長谷川忠崇、国立国会図書館デジタルコレクション 「第6巻 古城部 三木氏略図」、岡村利平編 『飛騨叢書. 1 飛州志』 住伊書店、1911年 [1745年]。全国書誌番号:40008923http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/765268/98 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 森岡浩 『日本の名家・旧家』 洋泉社、2017年1月。ISBN 9784800311351。 
史料
  • 『言継卿記』
  • 『明叔禄』
  • 『飛州志』
  • 『斐太後風土記』
  • 『飛騨遺乗合府』