三木聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みき さとし
三木 聡
生年月日 (1961-08-09) 1961年8月9日(57歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
職業 放送作家映画監督劇作家
ジャンル 映画ドラマバラエティー番組舞台
活動期間 1981年 -
主な作品
映画
亀は意外と速く泳ぐ
転々
インスタント沼
ドラマ
時効警察』シリーズ
熱海の捜査官

三木 聡(みき さとし、1961年8月9日[1] - )は、日本神奈川県横浜市出身の放送作家映画監督劇作家舞台演出家である。


略歴[編集]

神奈川県横浜市出身[1]慶應義塾大学文学部卒業[1]。大学時代に放送作家の研修生のアルバイト募集を見た友人に誘われ一緒に応募したところ自分だけが合格し、20歳から放送作家の事務所に入り[2]、「タモリ倶楽部」、「ダウンタウンのごっつええ感じ」、「トリビアの泉」といった人気番組の放送作家としてキャリアを重ねる[3]。この頃から竹中直人シティボーイズ、劇作家の宮沢章夫と一緒に仕事を始める[2]。シティーボーイズとは2000年までライブ等の脚本演出を手がけていた[1]

2005年、奥田英朗の小説を映画化した『イン・ザ・プール』や、ごく平凡な主婦がスパイとなるコメディ『亀は意外と速く泳ぐ』などを手掛け、映画監督としても注目を集めるよようになる[1]。映画監督になってからは『時効警察』シリーズや『熱海の捜査官』といった連続ドラマも手掛けている。

人物[編集]

脱力系の笑いを交えた作風で[2]、日常風景や登場人物たちの会話に小ネタを挟み独特な世界を演出する[3]。 昔から脚本の書き方や映画の撮り方も全て自己流でやっている[2]

作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台演出[編集]

  • シティボーイズライブ「さまよえるオランダ人」(1989年)
  • シティボーイズライブ「サイパン」(1989年)
  • シティボーイズライブ「ワニの民」(1990年)
  • シティボーイズライブ「14Cの記憶」(1991年)
  • シティボーイズライブ「鍵のないトイレ」(1992年)
  • シティボーイズライブ「愚者の代弁者、西へ」 (1993年)
  • シティボーイズライブ「ゴム脳市場」(1994年)
  • シティボーイズライブ「愚者の代弁者、うっかり東へ」 (1995年)
  • シティボーイズライブ「丈夫な足場」(1996年)
  • シティボーイズライブ「NOT FOUND 見つかりませんでした」(1997年)
  • シティボーイズライブ「真空報告官(P)」(1998年)
  • シティボーイズライブ「真空報告官大運動会」(1998年) 渋谷公会堂
  • シティボーイズライブ「夏への無意識」(1999年)
  • シティボーイズライブ「ウルトラシオシオハイミナール」(2000年)
  • シティーボーイズ「仕事の前にシンナーを吸うな、」(2017年)

インターネットドラマ[編集]

  • インターネットドラマ「φ」(2002年)脚本・演出
  • グンゼ「ベランダ」(2008年)脚本・演出

その他[編集]

担当番組[編集]

これまで担当した番組[編集]

著書[編集]

  • 音量を上げろタコ!なに歌ってんだか全然聞こえねぇんだよ!!( 株式会社KADOKAWA、2018年1月25日、ISBN 978-4-04-106044-5)角川文庫
  • インスタント沼( 角川書店、2009年4月25日、ISBN 978-4048739429) 装画 逆柱いみり
  • 天職への階段 29人の仕事愛(週刊SPA!編集部・編、扶桑社、2008年) - インタビュー収録
  • 帰ってきた時効警察(三木聡ほか著、角川書店、2007年6月 ISBN 978-4048737821) - 第2シリーズのノベライズ。
  • 帰ってきた時効警察オフィシャル本(太田出版、2007年6月9日、ISBN 978-4778310677)
  • 図鑑に載ってない虫(幻冬舎、2007年4月、ISBN 978-4344013179)
  • Ideaedit アイデアの生まれるところ(上條桂子 著、大和書房、2006年) - インタビュー収録
  • 時効警察オフィシャル本(テレビ朝日『時効警察』スタッフ編著、太田出版、2006年5月26日、ISBN 4778310004)
  • 時効警察(三木聡ほか著、 角川書店、2006年3月11日、ISBN 4048736876)角川文庫(2007年3月、ISBN 978-4043844012)- 第1シリーズのノベライズ。
  • 映画監督になる 06-07(泊貴洋 編著、演劇ぶっく社、2006年) - インタビュー収録
  • エスクァイア日本版 臨時増刊 それゆけ!オースティン・パワーズ(エスクァイアマガジンジャパン、1999年) - 大竹まこと小松純也との座談会を収録
  • Ideaedit アイデアの生まれるところ(上條桂子 著、大和書房、2006年) - インタビュー収録

作詞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 三木聡 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. 2018年7月9日閲覧。
  2. ^ a b c d 三木聡さん-プロ論。-”. リクナビNEXT[転職サイト (2009年5月13日). 2018年7月9日閲覧。
  3. ^ a b 『俺俺』は小ネタの宝石箱や~!麻生久美子も思わず嫉妬する三木聡のストレンジワールド”. ニュースウォーカー (2013年5月23日). 2018年7月9日閲覧。