姉小路良頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
姉小路嗣頼/三木良頼
時代 戦国時代
生誕 永正17年(1520年
死没 元亀3年11月12日1572年12月16日[1]
改名 良綱[2]→良頼→嗣頼→雲山(号)
別名 四郎二郎(通称)、中納言
戒名 雲岳宗鮮居士[2]
官位 従五位下、飛騨守、従四位下、右衛門督、従三位参議
氏族 三木氏姉小路氏
父母 父:三木直頼、母:長橋局[2]
兄弟 良頼、三木真證、三木頼一、三木宗行、三木直弘、三木久頼[2]
正室:江馬氏の女、[3]
継室:向姉小路氏の女[3]
頼綱顕綱、女(斎藤信利室)

姉小路 嗣頼(あねがこうじ つぐより)は、戦国時代武将大名飛騨三木氏みつきし、のち姉小路氏当主。三木直頼の嫡男。

生涯[ソースを編集]

出自[ソースを編集]

永正17年(1520年)、飛騨国南部を支配した戦国大名・三木直頼の嫡男として誕生。

天文23年(1554年)に父・直頼が病死したため、家督を継承する。弘治2年(1556年)3月古川・小島・向の姉小路3家を没落させて飛騨一国に覇を唱える。

朝廷工作[ソースを編集]

弘治4年(1558年)1月10日、将軍足利義輝関白近衛前嗣に接近して運動し朝廷から従五位下・飛騨守に任じられ、飛騨国司に就任することができた。引き続いて工作を行った結果、翌永禄2年(1559年)10月には嫡男自綱が一応姉小路の一族である(もちろん、事実は違うが)というのを認めてもらうのに成功し、翌永禄3年(1560年)には良頼は従四位下、自綱は従五位下・左衛門佐に任じられた上、正式に古川姉小路家の名跡の継承をも認められた。一連の過程は朝廷で問題視され、三木氏による姉小路飛騨国司家(小一条流藤原氏)の継承を認めるか否かで朝議は紛糾したが、良頼の政治工作により認められることとなった。

永禄5年(1562年)2月11日、良頼はついに従三位に昇り公卿となった。それと同じ日に良頼は関白近衛前嗣から「嗣」の一字を頂き、名を嗣頼に改めた。同年12月1日、飛騨近辺では並ぶ者のないほどの名声を得た嗣頼は次に中納言の位を得ようとした。かつての飛騨国司古川姉小路基綱従二位権中納言だったのでそれと同列に並ぼうと考えたのである。将軍義輝を通じて近衛前嗣に奏請をしてもらったが、正親町天皇は11日これを拒否し、前嗣は18日にもう一度奏請を試みたものの、20日再び拒否の憂き目にあい、嗣頼の野望は成功しなかった。それでも、嗣頼はよほど中納言の職に執着があったのか、以後勝手に中納言を自称した。永禄6年(1563年)3月には自綱を侍従にさせ、引き続いての官位上昇路線をとっている。

武田氏の飛騨侵攻とその後[ソースを編集]

官位が上がる一方で、北飛騨吉城郡江馬時盛との対立は続いていた。永禄年間に時盛が甲斐信濃を支配する武田信玄の援助を受けその傘下におさまると、嗣頼はそれに対抗して越後越中を支配する上杉謙信と誼を通じた。しかし、永禄7年(1564年)、信玄の家臣である山県昌景木曾義昌の侵攻を受けて降伏し、江馬氏に領土の一部を割譲するなど譲歩を迫られた上に武田氏の傘下となることを余儀なくされた(密かに謙信となおも通じていたといわれる)。

しかし一方で、元亀元年(1570年)、足利義昭を擁立して上洛した織田信長からの上洛命令を受け、自綱を上洛させて信長と誼を通じるなど、なおも独自勢力を維持した。自身も上洛し、4月14日には義昭や信長とともに能を鑑賞している。また、この4月には自頼は信長のおかげで昇殿を許され、18日には小御所で正親町天皇に謁見し、昇殿の御礼をした。

元亀3年(1572年)、謙信より越中に出兵するように要請を受けたが、病のために出陣できず江馬輝盛を代理として派遣した。また同年10月18日には嫡男自綱を派遣することを謙信に申し送っている。

同年11月12日、死去。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 『大日本地誌大系 第十冊』の三木氏系譜では、天正7年3月23日1579年4月28日)とする。
  2. ^ a b c d 『大日本地誌大系 第十冊』三木氏系譜(大日本地誌大系刊行会 1916年
  3. ^ a b 『飛騨 三木一族』谷口研語著(新人物往来社 2007年

関連項目[ソースを編集]