三条公輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三条 公輝(さんじょう きんてる、明治15年(1882年12月2日 - 昭和20年(1945年11月10日)は、明治から昭和戦前期にかけての華族貴族院議員公爵東京帝国大学卒業。

経歴[編集]

三条実美の三男。母は鷹司輔煕の九女・治子。1892年(明治25年)に分家男爵に叙爵。1924年(大正13年)、甥・三条実憲(1902-1924)の急逝を受けて三条家家督を相続し、公爵となる。貞明皇后香淳皇后に仕え、宮内省皇后宮主事、皇太后宮事務官を歴任し、1933年(昭和8年)に掌典長に就任し、のち御所歌長を兼ねた。貴族院議員としては、1924年(大正13年)6月より、1945年(昭和20年)64歳で没するまでその籍にあった。

栄典[編集]

子女[編集]

妻は多栄子(毛利元敏女) 後妻は静子(正親町実正女)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2589号「授爵及辞令」1892年2月20日。
  2. ^ 『官報』第5842号「叙任及辞令」1902年12月22日。
  3. ^ 『官報』第1024号「叙任及辞令」1915年12月29日。

参考文献[編集]

  • 日本人名大辞典(講談社)

関連項目[編集]


日本の爵位
先代:
三条実憲
公爵
三条家第4代
1924年 - 1945年
次代:
三条実春
先代:
叙爵
男爵
三条家(分家)初代
1892年 - 1924年
次代:
廃家