三条実教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
三条実教
時代 戦国時代
生誕 天文7年(1538年
死没 天文23年(1554年
官位 従四位上左近衛中将
主君 後奈良天皇
氏族 正親町三条家三条家
父母 父:正親町三条公兄
母:加賀介藤原某娘
養父:三条公頼
兄弟 正親町三条実兄、正親町三条実福
実教、松陰居士、三条西実枝
養兄弟:細川晴元正室三条の方
如春尼
テンプレートを表示

三条 実教(さんじょう さねのり)は、戦国時代公家内大臣正親町三条公兄の子。官位従四位上左近衛中将

経歴[編集]

三条家分家正親町三条家当主・正親町三条公兄の子として誕生。母は加賀介藤原某(富樫氏と言われる)の娘。

天文20年(1551年)、先代の当主・三条公頼が庇護を受けていた大内義隆と共に殺された後(大寧寺の変)、実子のなかった公頼の養子という形をとって13歳で跡を継いだ。官位は従四位上・左近衛中将に至ったが、16歳で早世した。

実教の死後、三条家はいったん断絶し、永禄12年(1569年)に至って正親町三条家の分家三条西家の当主・実枝の子息実綱が再興した。

転法輪三条家の当主は、実行→公教→実房→公房→…と「公」のつく名と「実」のつく名を1代ごとに交互に名づけていく慣行であり、実教の次の当主が実綱を名乗ったことは、実教が転法輪三条家の歴代当主から抹殺されたことを意味する。なぜそのような措置がとられたのか、理由は不明である。

なお、江戸時代に入って、花園家を創始した花園公久と、小倉家を再興した小倉公根は、表向きは公兄の孫・実教の子息ということになっているが、いずれも実教の死後20年以上も過ぎた天正年間の誕生であって、実際には実教の子息ではない。公久・公根兄弟の実の父親は、正親町三条家の血縁者と推測されるが、何者なのかまったくわかっていない。